たまに行くなら変な店

 
  おはこんばんちは! ほっかいしまうまです。
 
  今日はレトロゲームの話ではなく、レトロゲームも扱っている
 リサイクルショップの話となります。
 
 
  ほっかいしまうまは北海道の札幌っていうところにいるんですけど、
 リサイクルショップがちまちまあります。
 最近はすっかり中古ゲーム屋も姿を消し、中古ゲームはリサイクルショップの
 一部になっているぐらいが関の山です。
 
  でもそういうところを見て回るしかありません。

manatubikousin1.jpg
 
 
  そんななか、不思議なお店がありました。
 
  たくさんの古いPCパーツが所狭しと並べられたとあるリサイクルショップ。
 何度か行っていたのですが、店が乱雑過ぎて見て回るのが大変なのです。
 
  通路が極端にせまく、通路なのかやむを得ない空いた空間なのか分からないところを進む。
 商品にもほとんど値付けがなく、たまに値札が付いてるものが見つかる感じ。
 
  どこから見ても同じ太さの悩ましいわがままボディをくねらせつつ
 棚と棚の間を行き来するものの、なんか店長さんらしき人から
 
 「じっ―」
 
  と見つめられている感じ。いや、見張られている感じ。
 ファミコンカセットみちゃダメだった?
 
 
  なんか利用しづらいので欲しいものがあっても結局出てきてしまうことが多かったのですが
 ある日、別の店の店長さんらしき人と話をしているのを聞いて驚きの事実が判明しました。
 
  以下、こんなやり取りでした。記憶に基づくものなので完全にこのままではないです。
 
 
 店長の知り合い(以下 知人)「いやー、この辺の商品、売れてないみたいですね、やっぱり需要が無いんですかね?」
 
 店長「欲しがる人はいると思いますよ」
 
 知人「そりゃそうですけど、現に売れてないですよ、別の物置いたらどうです?」
 
 店長「そりゃ売れませんよ、売りませんし、どうして売るんです?」
 
 知人「へ? なんで売らないの?」
 
 店長「なんですか貴方まで…俺の大事なコレクション、売るわけないでしょう」
 
 知人「???」
 
 店長「いやちょっと勘弁してくださいよ、どこをどう見たら店の棚に商品と一緒に陳列されている物が
    商品に見えるんですか?」
 
 知人「??????じゃあこれ何?」
 
 店長「うわっ、ほんとに分かんないんだ、それ僕の私物、見せたくて商品に紛れ込ませて立てかけているの」
 
 知人「なんでそんなことしてるの?」
 
 店長「自慢だからに決まってるじゃない!」
 
 
  値札が付いてないの店長の私物かよ!!
 
 
 店長「いやマジで参りますよ…その辺のPCパーツ、俺の物なのに買おうとするやつが多くて多くて…。
    売り物のPCパーツとごちゃまぜに置いてありますけど、見たら僕の私物だって分かりますよね普通?」
 
 知人「分かるわけねーだろ、区別する部分どこにあるんだ(半ギレ)」
 
 店長「え」
 
 知人「え」
 
 店長「あの…え? もしかしたら来る客来る客みんな陳列棚の僕の私物を買おうとしてたのは、区別がつかないってこと?」
 
 知人「たぶん分かんないですよ、だって一緒に置いてあるし」
 
 店長「え、本当? どうして分かんないの?」
 
 知人「むしろどう分かれと」
 
 店長「じゃあどうしろと?」
 
 知人「とりあえず私物は持って帰ったら?」
 
 店長「自慢したいし見せつけたい」
 
 知人「ガラスケースかなんかで展示したら? 『こちら非売品です』って書いといて」
 
 店長「えええええ?!?!?!?!??! あの非売品っていう札、でいいのかな? 
    あれって意味あるの? なんのためにあるのか分かんなかった」
 
 知人「いや分かれよ、っていうかじゃあこの辺にあるPCのマザーボードで商品どれだよ」
 
 店長「店先には商品はほとんど無い、商品は僕の足元にしまい込んである」
 
 知人「いや出せよ」
 
 店長「探し物があれば出してあげるから…」
 
 知人「何があるか分かんないで『探してくれ』なんていう客いるか! とっとと並べろ!
    俺がやってやる!」
 
 店長「ああ、やめて、コレクション動かさないで、崩れる…」
    ↑本当に乱雑に基盤を壁に立てかけている、大量に。
 
 知人「とりあえずおまえのコレクション全部言え! とにかくしまってそっちのマザーボードだせ!」
 
 店長「えええ、面倒くさい…知人さんが帰ってからでいい? そろそろお昼だよね? ご飯食べに行って?」
 
 知人「ふざけんな、やれったらやれ」
 
 店長「横暴だよ…頼むよ…ご飯食べに行って…そして帰ってこないで…」
 
 知人(黙々と作業を進める)
 
 店長「ご飯食べに行け―(呪詛)ご飯食べに行け―(呪詛)」
 
 知人「いやさ、とりあえずこの辺片付けて、メシ食ったらまた来るよ」
 
 店長「(絶望)」
 
  …びっくりしたんで、そのお店にはもう行ってません…。
 実態は店じゃなくて、店長の個人的コレクションルームだったんですね。
 (ごくまれに要相談の商品ありと)
 
スポンサーサイト

近場の中古ショップが…

 
  レトロゲームトラベラーにようこそ! ほっかいしまうまです。
 
  ようこそ! …って元気に言っていますが、今回はトホホな話です。
 
  ほっかいしまうまが居候している家から自転車で行ける範囲に
 ブックネットワン という古本屋さんがあったのです。
 (ローカルな店かと思っていたのですが、ネットで調べたらけっこうあるんですね)
 
  そのブックネットワンさんが店を閉めてしまったのです。
  
  ウソ んなバカな。 ほら、ほっかいしまうまの心の中の時津風ちゃんもそう言っていますよ?(適当)
 
 
  中古のゲームをファミコンからスーファミプレステ4WiiUまで扱ってくれていた
 ステキなお店だったのにー。あり、もしかしたらチェーン店でレトロゲー扱ってくれてる所は
 ブックオフとハードオフだけになっちゃった? 
 
  まあ、30年前のデジタルおもちゃを扱ってくれていたというだけで
 大したものだと思います。
 
 
  ちょっと遠くに足を延ばせばまだまだあるんですけどね。
 
  親会社が変わって、経営の建て直し中だったとからしいですけど
 場所によっては店舗のリニューアルや増強もしているらしく、スクラップ&ビルド中なのでしょうか。
 
  ほっかいしまうまもゲームをプレイすると
 けっこう高給取りはリストラしたり降格したりして
 しまいますから、現実ならなお決断は必須ですよね。
 問題を先送りしてグループ自体がポシャるよりもこれでいいのでしょう。きっと。
 
 
  
  …ちがうお店がないと値段の比較ができなくて面白みが減るなぁ。

高射砲とボク

 
  ほっかいしまうま、ちょっとしたサイクリングに行ってきました。
 
  後ろ足で蹴るペダルも軽やかに、排気ガス混じりの風を切り、颯爽と
 札幌の街中を走ります。
 
  今回の目的地は美香保公園というところ、野球場が4つ+テニスコートもついていて
 動物との触れ合い(手を齧られるそうですが)コーナーもある立派なところです。
 ほっかいしまうまの仲間はいないみたいですけど。
 
 
 
  聞いた話によると、ここの公園、元は昔の陸軍が高射砲の陣地にしていた場所とのことで、
 対空戦闘が3度のメシとオヤツの次の次ぐらいに大好きなほっかいしまうまとしては
 ここは行かずしてどうしますか。
 
 「置いてあったのはどんな高射砲なのかな? 8cmかな、7.5cmかな?」
 
  とゲームの知識バリバリです。
 
 
  なお、一応うんちくをば。
 
 
  高射砲
 航空機を撃つための砲。別にトーチカとか戦車を撃ってもいいと思う。イギリス軍は怒るらしいけど。
 なお、高射砲という呼び名は陸軍の物で、海軍は高角砲と言ったそうです。
 
 ウィキペディアによると
 五式15cm高射砲
 四式7.5cm高射砲
 三式12cm高射砲
 九九式8cm高射砲
 八八式7.5cm野戦高射砲
 十四年式10cm高射砲
 十一年式7.5cm野戦高射砲
 
  と、種類はいろいろあったみたい。(7.5cmとかは、その砲の口径…ドカーンと弾がでてくるところの直径です)
  
 
  このうちそれなりに量産されたのは 九九式八糎高射砲 と 八八式七糎野戦高射砲 ですので、
 美香保公園にあったのはこのどちらかの可能性が高いと思われます。
 コンクリートの台座の作りなんかもベトン砲床そのものに見えますし、ここにあったんですねぇ。
 
  なお、八八式七糎野戦高射砲は あきつ丸 にも装備されていたそうで。
 最近流行のゲームともつながりがありますね。
 (最近は あきつ丸 というと あの顔色の悪い陸軍艦むすしか頭に浮かびません…)
 (神州丸 や にぎつ丸 はゲームに出てこないのかな?)


 
  帰り道に近所の中古ゲーム屋さんによりました。
 (むしろこちらがメインなのかもしれませんが)
 
  任天堂のゲーム機に使えるS端子ケーブルを300円でゲットですよー! ホクホクです。

 
   
  それにしても感慨深いですね。
 最悪、もしかしたらあの辺りで対空戦闘、あるいはソ連のT-34-85あたりに対して
 対戦車戦闘が行われていたかもしれないと思うと、ふと歴史の一こまに触れた気がしました。

 

怪奇化石大作戦

 
  ブログを見てくれるみんなおはこんばんちは!
 ほっかいしまうまです。
 
  さて、今日もゲームの話ではございません。いい加減にせぇ。
 ほっかいしまうまが居候している坊ちゃん家のおじさんにあたる人が
 変わった化石を手に入れたという話なのです。
 いえ、そもそも化石なのでしょうか?
 
  以下がその写真です。レゴの人形はサイズの比較用です。
 え? サイズの比較はタバコの箱を使う? タバコの箱とか無いです…。
 
 
buun01.jpg buun02.jpg
buun03.jpg buun04.jpg
buun05.jpg buun06.jpg
buun07.jpg
  
 
  おじさんは非常にフィーバーしていて化石を見てはエンジョイしています。
 何かの新発見かもしれないと連呼。これがホントのカセキホリダー

 
  
  ほっかいしまうまは最初何かの石の結晶かと思いましたが、どうも違いますかね。
 おじさんは貝の化石だと言っていますけど、エンロール(?)という防御体制の
 三葉虫の端っこに見えなくもない…いや、それにしては大きすぎますね。
 (小樽かま栄のかまぼこロール「パンロール」はおいしい…ローカル過ぎる上に関係ないですねすみません)
 
 
  うちの坊ちゃんは「…内藤ホライゾンの化石じゃない?」とのこと。
  
  採取場所はメロンとメロン熊でお馴染みの夕張の山奥の沢だそうです。
 川底に見えたので、コンと蹴ったらポロリと取れたとのこと。化石ってそんなのあるんですか?

  
  
  もしもこのブログを見て、化石、あるいは鉱物に詳しい方、いらっしゃいましたらコメントか何かで
 この石がなんなのか教えて欲しいのです。ほっかいしまうまがネットで調べるだけでは
 何が何だか分かりませんでした。
  
 
 
 
  会う人会う人ことごとく化石(?)の大発見(?)を自慢するおじさんが
 ちょっと恥ずかしいとか、そんなこと思ってないです。本当です。
 この目を見てください。このつぶらな草食動物の目が、ウソをつく目に見えますか?
 

しまうまビーフシチュー

 
  この記事は先日から続いています。
 今回もゲームの記事ではございません。
 それでもよろしければ続きをどうぞ。
 なお、以下は一種のジョーク記事ですので、本気になさらないように。
 
 
  ほっかいしまうまはぼっちゃんの家に居候している
 身ですから、いろいろとお手伝いをしたりしています。
 
 (ほっかいしまうまはレトロゲームやりたさで
 サバンナからやってきた奇蹄類ウマ目の12歳児です。
 設定とかなんのことですか?)
 

 
  そんなこんなでビーフシチューを月に何度か作っていたのですが、
 ある日のこと、ビーフシチューの素が足りなくなってしまったのです。
 必要量の半分しかないので、仕方なくあるだけ入れます。
 
  あと、味が足りなかったらどうしよう。
 そうだ! パッケージの裏を見て、原材料の所に書いてあるものを
 何か追加してごまかそう!
 
  そう考え、ビーフシチューのルーの原材料を見たのですが…。
 
  使われている脂質の一部に牛脂が入っているというだけで、
 チキンエキスが味のベースだったのですか?!
 (よく見たら脱脂粉乳も入ってますけど)
 
 
  ど、どうしよう。
 ぼっちゃんたちに食べさせていた牛肉無しの豚肉ビーフシチュー、
 ビーフの割合がほとんど無い気がします!
  
 
  これは バナメイエビ を 芝エビ と呼んでいたあの事件のようではないですか!
 
  不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)違反? いやぁあああ(棒)
 
 
  ま、いいか。ぼっちゃんたちには黙っていよう。
 こうして今日もビーフ部分がほとんど無いビーフシチューが食卓にのぼるのでした。
 
 
 
  
  なお、ほっかいしまうまは特定の団体、食品、等を批判、誹謗する等の意図は毛頭ありません。
 ビーフ分の足りないビーフシチューを勝手に作ったのはあくまでもほっかいしまうまであり、
 ビーフ分が足りないビーフシチューをビーフシチューだと言い張っているのはあくまでほっかいしまうまです。
 なんだかんだでこのビーフシチューの素は大好きです。
 
  しかしチキンのうまみだったんですね…。
  
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋