無頼戦士 ブライファイター

 
  俺はブライファイター…(実は意味わかってない)
 ほっかいしまうまです。
 
  以前にも記事をちょろっと書いた記憶があるのですが
 それはそれで、今回はブライファイターの面白さ再発見、というお話です。
 いまさらです、どうもスミマセン。
 
 
  ほっかいしまうまはシューティングゲームが大好きです。
 3Dのはいまいちです、やっぱり2D! 横からとか上からとかの視点のタイプですね。
 
  好きで好きでたまらなかったんですけど、最近は2Dのシューティングはあんまりなくて
 ちとさみしいです。いや、あるにはあるんですけど。
 
  そんななか、メガドライブをゲットして随分遊ばせてもらったのです。
 メガドラは名作シューティングゲームの宝庫なのです。
 
  そんななか特にお気に入りになったのが フォゴットンワールド
 元はロストワールドとか言ったそうで、ゲームセンターのゲームだったのかな?
 とにかく面白いのです。



  自分の機体を動かすだけじゃなくて、弾を撃つ方向も自由に変えられるフリーなショット。
 自分を動かしつつ連射される弾を大きく円を描くように撃つのはこのゲームならではの快感。
 周辺にいる敵を一掃できるのです。ふふん。
 
  …でもクリアしちゃったのです。
 高難度のモードもクリアしちゃったので、あんまりやることが無いのです。
 
  実はメガドラのフォゴットンワールドはステージが抜けている不完全な物だそうで、
 完全に近い物はPCエンジンにあるとのこと。
  これは買うしかない!

 

  …買うのはやめました、すげー高い。
 
 
 
  …というわけで弾を撃つ方向を自由に動かすシューティングゲームがプレイしたくて
 物色しようと思い立ち、数分後。
 
  ブライファイターがあるじゃない! ファミコンだけど!



  ブライファイターはファミコンのシューティングゲームです。
 
  これならゲーム内容はフォゴットンワールドとはけっこう違う上に
 撃つ方向を自由に(と言ってもこちらは4方向程度だが)できる!
 
 
  難易度を一番難しいのにしたらかなり白熱しました。っていうか1面すら突破できない?
 
  
  で、1面すら突破できないのでスクリーンショットがこれしかとれませんでした。とほほ。

Burai Fighter (Japan)-0 Burai Fighter (Japan)-1
  
 お気に入りは R のショットです。貫通するから。
ロケットだとずっと思っていたけど、リングだったのか…。
 
 
スポンサーサイト

床に座ってレトロゲー!

 
  モニターの配置入れ替えました! ほっかいしまうまです。
 ほっかいしまうまは坊ちゃんという男の子の家に居候してるんですけど
 そこに坊ちゃんの知り合いが遊びに来ました。
 
 「レトロゲーやらせてー」
 
  さっとファミコンのコントローラーを出すクールな坊ちゃん。
 その知人はゲームを始めるんだけど…。
 
  あれ、床に座っちゃった。
 実は坊ちゃんは椅子に座ってゲームするスタイル。
 当然モニターはすごく高いところにある。
 
  しかしその知人さん、どうも床に座ってゲームしたかったみたい。
 まあ椅子に座ってもらったんだけど。
 
 
  でも坊ちゃん、あとで思ったようで
 
 「そういや子供の頃、ゲームって床に胡坐でプレイしていたな」と
 
  そこでレイアウト変更!
 できる限りモニターを床近くに置く頼もしい?昭和スタイルです。
 
  とりあえずプレイ開始…あ、なんか気に入ったみたい。
 ほっかいしまうまも気に入りました。しばらく床に座ってゲームします。
 
 
  なんか安定感があり。(椅子は少しグラグラするからね)
 
  ゲーム機とカセットがそばにあるから視界の片隅に見えていい感じ、交換も楽。
 
  手元にメモ、地図、方眼紙、お菓子、コントローラーも置きやすい。
 
  疲れたら寝そべったりするのも楽。
 
  椅子がいらない。
  
 
  あれ?床スタイル良くない?
 ほっかいしまうまもゲームプレイは床スタイルになりました。
 

夏だ!海だ!スクーンだ!


 海の日スペシャル

 スクーンで遊ぼうの巻

登場人物とウマ

坊ちゃん      引きこもりのレトロゲーファンの少年
ほっかいしまうま レトロゲーをプレイしたくてサバンナからやってきた12歳のシマウマ



 それはある熱い夏の日のこと。
北海道札幌市某所で坊ちゃんとほっかいしまうまはグダグダしていた。

坊ちゃん(以下 坊)「ところでさ、有野課長の ゲームセンターCX って番組知ってる?」

ほっかいしまうま(以下 ほ)「知ってる、けっこうな長寿番組だよね」

坊「ただゲームをダラダラとプレイするのもいいけど、ここはメリハリをつけるために目標を持って
  プレイするとどうだろう」

ほ「というと」

坊「そろそろ海の日だし、ふさわしいお題のゲームをできる限り進める、攻略を目指すということで」

ほ「いいんじゃない?」

坊「それじゃあ、お題を練っておくね」


 数日後

坊「というわけで、夏にふさわしい、海に関したゲームを持ってきました!」

ほ「なになに? 
  閃乱カグラ ピーチビーチスプラッシュ? 
  それともダライアスかな?  
  いやいや海底大戦争
  意表をついてぼくの夏休み?」

  
 

坊「ブブー、はい、スクーンです」



ほ「スクーン…」

坊「だって海底大戦争持ってないし、ダライアスはクリアできるでしょ? 閃乱カグラは別に難しくないから挑戦にはならないし」

ほ「持ってて未クリアなのがスクーンなのね…」
 (注 全8ステージで終わった後ループする)

坊「それじゃあ、これで進めるだけ進んでみよう! なーに、僕たち2人のゲームパワーならすぐにクリアできるさ!」

ほ「あ、パンダ可愛い」

SqoonHS (2) SqoonHS (3)

 当初は余裕を見せていた人と一匹であったが、それから数日が経過して…。(マジ)


坊「だぁー!」

ほ「なにこれ難しいって!」

坊「ちょっと! 敵が硬い! 早い! 動きが複雑!」

ほ「もしかしてファミコンのスクーンって、ファミコンシューティングゲーム
  中で最も難度が高いゲームの一つなのでは」
 


 一応ゲームの解説

『スクーン』(SQOON)は、1986年に当時のナナオグループの傘下だったアイレムが発売した
ファミリーコンピュータ用の横スクロールシューティングゲーム。企画・開発はホームデータ。
「スクーン」というタイトルは「救う」のもじりで、パッケージのストーリーではタイトルの如く
「キミが地球を救うん(スクーン)だ!」と記載されていた。
 
十字キーで八方向に自機「スクーン」を動かし、Aボタンでホリゾンミサイル(水平方向への攻撃)、
Bボタンでアイスボール(前方斜め下方向へ投下)を撃つ。
Bボタンは、水面へ上昇している時に限り救出した人間を可動島へ引き渡す機能に変化し、アイスボールは撃てなくなる。


自機のスクーンは最大で9人までの人間を救助することができる。
9人を超える同時救助はできないが、救助した人間を可動島に引き渡すことで救助可能枠を確保することができる。

燃料(最大60)切れになると海底に沈み、ミスとなる。燃料の補充は、
救出した人間を可動島に引き渡すことで可動島から投下されるアイテム
(2つの種類があり、引き渡した時の条件により変化する。詳細は後述)を回収することによって行う。
各ステージ冒頭のBGMが違う場所とプラントを破壊して画面表示が変わった時だけは燃料が減らないので、
その時は燃料補給は不要となる。

サメ以外の敵に衝突するとミスとなり海底に沈む。サメは人間の救助の妨害を行うものの、スクーンに対しては無害。

残機がある状態でミスをすると、再開時には救助済みの人間は全て消滅し、
ゼロからやり直しとなる。加えてパワーアップをしている場合は、1段階だけパワーダウンする。

 以上、ウィキペディアから抜粋。


SqoonHS (5) SqoonHS (6)

SqoonHS (7)

 
ほ「スクーン号の攻撃力が低い…」

坊「最終パワーアップの前方3方向ショットなんだけど、速射性が無いから射界に入り込まれて
  体当たりを喰らうことが多い」

ほ「グラディウスとかダライアスとかだと無いことだよね…」

坊「R-TYPEだとたまにあったけど、それが連発する感じ、あとグラディウスとダライアスにはバリアがあったか」

ほ「あと、このアンモナイト! なにアレ?! すっごく硬くない?」

SqoonHS (1)

坊「速度は速い、動きは複雑、やたら硬いって」

ほ「アンモナイトから先に進めない…」

坊「敵を倒すだけならどうにかなるんだけど、随所で『燃料の補給』をしなくちゃいけないのが
  また難易度を高くしている」

ほ「一定時間ごとに カニを倒す→水上島を呼びだす→人を渡す→アイテムを取る 
  を繰り返す必要があるんだけど、この一連の作業に気を取られているとまず敵にやられる」

坊「やられたらすぐリスタートっていうのが救いかもしれないけど」

ほ「残機も増えやすいみたいだけど、あんまり救いになってない…スクーンはすくーわれないのね」

坊「…敵の動きも早いよねー」

ほ「ファミコンゲームの中でも敵の速度が相当早い方だね、スターソルジャーの スラント がファミコン史上最速
  って情報があったけど、スクーンのアンコウ(正式名称不明)も同じくらい早いんじゃないかな」

 スラント
スラントは小さな流れ星が5つ集まったような形の茶色い敵。
裏面の「トリマー」は大きな1個になり、視認しやすい輪郭を持つ。
ファミコン史上最高速ともいわれる超高速な敵で、多数の編隊を組んで一気に飛来してくる。
微妙な角度で突進してくるため、5方向ビームの死角に入って激突する場合もある。
ちなみに画面の左上、右上にいると当たらない場合が多い。
しかし左上や右上に行く途中に衝突する危険性もある。1発で破壊。400点。


ほ「仕方ない…こうなったら最終手段を」

坊「おお?!」

ほ「レトロフリークで連射パッドと化したスーファミパッドを使いつつ、途中セーブとロードを繰り返せば!」

(レトロフリークではゲームパッドのボタン配置を好きに設定できる。例えばXボタンはBボタンの16連射とかできる)

 どこーん どこーん どこーん どこーーーーーーーん…


 ダメでした。
とりあえず降参。アンモナイトから先に進めない。

マジで難しくないこのゲーム?


ほ「ゲゲゲの鬼太郎妖怪大魔境の後半妖空魔境や妖炎魔境ですらけっこういけるほっかいしまうまなのに…」

坊「連射モードですら撃ち負けそう…_| ̄|○」




おまけ なんかレトロフリーク バグったぽい

SqoonHS (4)

ファイアーエムブレム外伝と伊達くん 2


  この記事は前日から続いています。
 
 
  伊達くんにファイアーエムブレム外伝を勧められたうちの坊ちゃん。
 借りてきて早速プレイです。

 

  伊達くんおススメのキャラクターはボーイ君。
 2人の主人公のうち、セリカさんについてきてくれる男の子の魔道士です。
 
  なんでも伊達くん曰く
 
 「ボーイは上がりにくい能力値もあるが、そこはアイテムでカバー」
 「むしろ能力値が最大近く行くので徹底的に鍛えろ」
 
  というプレイスタイルを教え込まれたそうで。
 今いろいろと調べてもあれ?そう? と半信半疑なのですが、
 とにかく坊ちゃんは頑張ってボーイを育てたのだそうです。
 
  ところで3DSエコーズは外伝のリメイクに当たるのですが、
 名物モンスター「マミー」の扱いに違いがある気がします。

 

 マミーと言ってもママンレーヌのことではなく、乳酸菌飲料のことでもありません、
 ミイラ男のことです。
 
 
  ファミコンの外伝ではマミーはすごい経験値をくれるのです。
 それで湧き出してくれるマミーを倒しまくるのがプレイの定石だったそうですが
 エコーズではそんなに経験値くれませんね。ちょっと多いくらい? 計ってないけど。
 
  それにプラスして「天使の指輪」というアイテムを使うのです。
 これ、能力値が上がる場合、上がる数字が倍になるというあまりにもぶっ壊れた指輪。
 (3DSのエコーズではこの機能ではなくなりました)
 まあ、一回に1ずつしか上がんないから2になるんですけど。
 
  これを使ってマミーで計画的にご利用するのがベストなのですが
 セリカ軍では成長が良いのは ボーイ と エスト 。
 で、エストはほっといて、ボーイを集中して強化するといろいろ便利。とのことでした。
 
 
  チマチマと能力値を上げて…おお! これは強い!
 
  とにかく強い。能力値覚えてなくてすまん。
 
  ほとんどの敵の攻撃をキンキンとはじき返し、魔法でガツガツ反撃し、寄らば切る。
 いや、寄らば魔法で燃やす。
  
  「もうアイツ1人でいいんじゃないかな」
 
  強くなり過ぎたボーイ君の前に敵はいません。
 
  
  もうドーマがどうこうとかミラがどうこうとか、国を継ぐ者は誰かとか、
 どうでもいい状態です。
 ただ単にボーイ君が敵を皆殺しにしていくだけのゲームとなっています。
 (そういやアルム編はどうやっていたんだろう?)
  
  とりあえずゲームが終わって、伊達くんにゲームを返しつつご報告、面白かったよありがとう!
 どういたしまして! みたいな感じ。
 
  ボーイ君に敵を皆殺しにしてもらったと語っていたら天龍院さんから
 
 「おまえらが語っているゲームはファイアーエムブレムじゃない…」
 
  と呆れた顔で見られました。
 
  ゲーマーには大きな溝がある場合も存在するようです。
 

ファイアーエムブレム外伝と伊達くん 1

 
  ようこそ当ブログへ! ほっかいしまうまです。
 今日は伊達くん(仮名)がファイアーエムブレム外伝を熱く語ってくれたことを
 書いてみました。

 
 
  さて、伊達くんこそうちの坊ちゃんをファイアーエムブレムの世界に
 どっぷりハマらせてくれた張本人なのです。
 
  しかし紆余曲折はあったようで…。



  ファイアーエムブレムが面白い!
 ということでうちの坊ちゃんはゲーム友達に勧められてプレイしたそうなのですが。
 
  とあるマップで相手の魔法を封じるアイテムを取り忘れるてしまい
 最終マップでどうしても仲間が一人死んでしまうことになり、
 ゲームソフトを借りていたこともあり坊ちゃんは泣く泣くそのままエンディングへ。
 
  仲間が誰も死なないと特別なエンディングが見られるのですが
 それは断念したとの事。
 
  で、ゲームソフトは返したわけですが、そこで天龍院さん登場。
 そんな坊ちゃんを 天龍院さん(仮名)が笑います。
 
 天龍院「wwなにやってんだよ、1からやり直せ! だっせー。
     真エンディング見なきゃファイアーエムブレムじゃねぇww」
 
  艦これの天龍ちゃんばりに中二病な天龍院さんにバカにされ、すっかり
 ファイアーエムブレム嫌いになってしまった坊ちゃん、借りてるゲームで
 やりこみしろって言うのは天龍院さんがどうかと思いますよ?
 
  
 
  そんなこんなでファイアーエムブレムというかシミュレーションRPG自体が
 嫌いになってしまったうちの坊ちゃんでしたが、そんな坊ちゃんを救ってくれたのが
 伊達くん(仮名)とファイアーエムブレム外伝だというわけです。
 
 伊達くん「嫌わないで聞いて欲しい、坊ちゃんにおススメのファイアーエムブレムがある」
 
  とのこと、
 
  そこでおススメされたのが ファミコンソフト ファイアーエムブレム外伝 だったのです。
 
  
  以前の記事でも書きましたがあっちこっちで評価が低かった外伝。
 しかし伊達くんはお兄さんと一緒に「このゲームは良い!」と布教活動を続けていたのです。
 
 伊達くん「外伝は経験値を好きなだけ稼げるし、キャラクターの強化は割と自由。
      むしろゲームとしての自由度は上がっているし、魔法や装備品のシステムも
      オレと兄貴はこっちの方が好きなぐらい」
 
  と熱弁。
 
 伊達くん「天龍院の言うファイアーエムブレムのプレイスタイルはそもそもやりこみ要素なんだよ。
      最初から全員がそういうプレイをする前提じゃないんだ。
      だからアイツひたすら満足が行く乱数の結果が出るまでリセット繰り返してるけど
      あれじゃリセットを連打するゲームになってるだけ、そういう楽しみ方もあるんだろうけど
      オレは好きじゃないな」
 
  と、坊ちゃんを擁護(?)
 
  伊達くんに言われて 外伝面白そう! と思った坊ちゃん、ついにファイアーエムブレム外伝をプレイし始めます!
 
 
  以下 長いので続く 
 
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋