理想のドリームキャスト

 
  まいどまいど当ブログを見ていただき、まことにありがとうございます。
 ほっかいしまうまです。
 
  今回はドリームキャストを理想の構成に出来たという私事の話でございます。
 それでよろしければ以下へどうぞ。
 
  世界70億のセガファンのみなさんおはこんばんちは。
 もちろん地球人類のみなさんはセガハードで日夜楽しまれていると思います。
 そんなセガの最新のハードと言えばドリームキャストですよね。(とんち)


 
  以前のこととなりますが、ほっかいしまうまが駿河屋さんで福袋を買ったとき
 大量のドリームキャストソフトを手に入れてしまい、なんだかんだでドリームキャスト本体もゲット。
 晴れてこのゲーム機のオーナーになれたわけですが…。
 
  調べてみるとこの子なかなかの高性能機。
 ここは是非とも想定されているその最高のパフォーマンスを楽しみたい!
 などと思ってしまったのです。
 
 
  しかしです。
 ドリームキャストが出力している映像は640×480ドット。
 これは当時としてはかなりの高画質で素晴らしいのですが、いかんせん出力する方法が厳しいです。
 
  なにせこの640×480ドットを出力するためにはVGAボックスというアイテムが
 必要で、しかもそれでアナログでD-sub15pinという端子につなげないといけないのです。



 テレビにこのD-sub15pinがついてるものもありますが、ほっかいしまうまは所有していません。
 基本的にパソコンモニター用の規格(のはず)なのです。
 
 (VGAボックスはセガの純正品や他メーカーが出した類似品もあるのですがいかんせん値段が
 高く、入手困難でした。運良くとあるショップで5000円にて購入できました)
 
  そこでパソコンの構成を変え、パソコンモニターをデジタルテレビとし、
 余った液晶モニターをドリームキャストに接続することになりました。
 ドリームキャスト専用モニターというかなり豪華な感じがする構成です。
 (一円もかかっていなのですけど)
 
  長い間D-sub15pinがついているテレビを探していたのですが、なかなか見つからない。
 …まぁ、レトロゲーム用のモニター兼用とするためアナログテレビに
 D-sub端子付いている物をで探していたほっかいしまうまが悪いのですが。
 (ハードオフでのみ探していた)
 
 
  でもとりあえずこれで理想のドリームキャストの完成です!
 コントローラーはDCツナイデント1.2.3を使用し、サターンパッドプレステ2パッドを使用。
 モニターはパソコン用、スピーカーも付けてみました。
 (スピーカーは坊ちゃんからもらいました)

  
  
  すごいぞ! ボクのドリームキャスト! これで湯川専務も大喜びです!
 まさにガンダムで言うならパーフェクトガンダム状態。最強ですよ!
 
  
  とりあえずミスタードリラーをプレイします。カンゲキです。
 640×480ドットの世界は素晴らしいです。もうこの世界を体験したら元には戻れないです。
 このブログを見ていてドリームキャストをお持ちの方がいらっしゃいましたら
 是非ともVGAボックスを使った構成にチャレンジして欲しいです!
 
  え? なに? 高画質はプレステ3とか4とか WiiUとか×な箱でいい?
 
  うん、いや、そうですよね。新しい機械にはかないませんですけどね。

 
スポンサーサイト

ミスタードリラー ドリームキャスト版

  今回も知っている人には釈迦に説法な記事ですが、それでもいいよという
 方は以下をどうぞ。 

  ある日突然地面からブロックが噴出してきたりしたら大変ですよね!
 
  でも大丈夫、そんな時は掘りの名人 ミスタードリラー にお任せ!
 
  最もミスタードリラーに近い男、ホリ・ススムくんの登場です。
 
 
  昨今、多くのゲームが複雑化、長編化、大規模化していくなか、
 ただ地面を掘り進めればいいというファミコン時代もビックリなゲームの
 根源的姿を示してくれた良作アクションパズルゲーム
 それがミスタードリラーです。
 
 
  かつてゲームセンターにて稼動していたミスタードリラー。
 ちょちょっと仕事帰りらしきタイトスカートの若い女性がやってきては
 かなり真剣な攻略パターンを組みつつゲームをプレイしていたのを
 見ていました。
 
 「ゲームセンターに女性がはまるアクションゲームがあるんだなぁ」
 
  と当時は思っていたのですが、見れば見るほどやり込んでいるのが分かる。
 
  ぐいぐいとテンポ良く酸素ボンベに迫るススムくん。
 
  失敗しても
 
 「あーん、ススムくん潰されちゃったよぅ」
 
  とかわいこぶりっ子(死語)しつつも
 
  その左手を軽くしならせ肩をほぐし、わずか数秒で次なるプレイへのストレッチを的確に行うそのさまは
 まさに100円玉に飢えたゲームセンターの狼の姿そのもの。
 
 「きさまこのゲームやり込んでいるなッ!」
 
  とまぁ閑話休題。
  
  
 
  そんなミスタードリラー、ワンダースワンでプレイしたものの、やっぱり大きな画面でもプレイしたい!
 そこでドリームキャスト版をゲット! 
 
  プレイしてみるとそこはミスタードリラー。しかしワンダースワン版より相当難しくないですか? これ?
 難易度が高めな気がします。500mの掘りは夢のまた夢か。
 
 
  ほっかいしまうまのウマ規模の脳みそではなかなか最近の難しい(というか情報量が多い)ゲームには
 ついて行き辛いものがあるのですが、このぐらいのゲームならプレイできそうです。

ほっかいシーマうまン


 
  ついにシーマンをプレイできる環境が揃いました!
 
  では早速プレイ開始です!
 
 …なんか随分スカスカした画面ですね。
 …悪い予感がしたので先に攻略サイトで情報を集めます。
 
  …………………………。
 あ、ゲームじゃないんですね。
 育成シミュレーターと言った方がいいのでしょうか。
 じ、時間がかかりすぎる…。
 
 
 
 と、言うわけで申し訳ありません、お茶汚しではございますが
 以下、ほっかいしまうまが考えたシーマンのウソ記事となります。
 
 
 
 
 
  ようこそ ドクターゼブーの実験室へ。
 私、案内役を務めます、細川俊之と申します。
 
  みなさん、こんな場末のブログを開くということは
 伝説の生物 ほっかいしまうま を育てたくて
 ウズウズしていらっしゃることでしょう。
 
  それではすぐにご案内いたします。
 
 
  まず、タマゴをご用意ください。
 水槽にタマゴを入れるとほっかいしまうまが発生するんだろうって?
 ちょっと違います。
 
  タマゴを水に入れて…ヒーターで100℃にすること15分。
 タマゴが食べごろになったらほっかいしまうまが勝手に現れて
 勝手にタマゴを食べ始めますから、そこから飼育してください。
 
  次に用意されている栄養食を与えてください。
 たぶん不満げな顔をすると思います。
 成長が遅いと思ったら 低脂肪乳より成分無調整牛乳を与えてください。
 豚肉はトンカツが好きなようです。あと、和牛のすき焼きを食べさせても
 成長が早まります。
 
  主に横に成長して、体重だけ増えていくことでしょう。
 
  ツヤテカになった ほっかいシーマうまン に娯楽を与えてください。
 レトロゲームを与えておけば、勝手にテレビに線を繋いで、勝手に遊んでいます。
 ファミコンカセットの接触が悪いと機嫌がよくないみたいですから、そこは
 バニラアイスとかを与えて機嫌を取りましょう。
 
  
  成長しきるとウィーのゲームでダンスを見せてくれます。
 まぁ、期待しないで待っていましょう。大したものではないです。
 
  
  …なんかいろいろとすみません。
 

誰かのビジュアルメモリー

 
  ついにビジュアルメモリーゲット! うひょひょ。
 
  近所のハードオフ等ではドリームキャストのメモリーを
 見つけることが出来ず、残念なことにネットショップで買うことになりました。
 便利ですね…。


 
  買ってみたら誰かのデータがそのまま入っていたご様子。
 2つ買ったのですが両方とも入ってました。
 ほほう。興味深い。
 
  1つは ドリームパスポートとかいうものがいっぱい入ってました。
 なんなんでしょう? よく分かりません。あとソニックアドベンチャー2
 データが入ってました。好きなんですねソニック。あ、すみません、全部消しました。



 
  もう1つは…誰かのシーマンが入っていました。
 最後までプレイしたご様子。根性ありますね。
 怖いもの見たさで起動してみました。


 
  細川俊之の声で「…お久しぶりですね」とのこと。
 最終セーブが2000年ですから、14年間も放っておかれていた
 のですか、大変です。
 
  見たらどこにも何もいませんでした。
 シーマンのことは知らないのですが、どうなっているのでしょうか?
 14年経ったら大量のシーマンが繁殖しているとか、そんなプログラムは
 さすがに無いのでしょうか?
 
  奇妙な動物でも湧いて出てきたら怖いから、数分でゲーム機の電源を
 落としてしまいました。
 
 
  それにしてもビジュアルメモリーさんは14年間も
 データを保持し続けることが可能なのでしょうか?
 ドリームパスポートとかいうヤツがいっぱい入っている方は最終セーブが
 2003年でした。でもデータはありました。
 
  とりあえず、けっこう持つようです。 
 

メルクリウスプリティ ~end of the century~

 
  中村博文氏のイラストに誘われて、メルクリウスプリティ購入です!
 これはドリームキャスト版となります。

  
 
 (TRPG考古学によると、楔形文字レベルTRPGファンにとっては
 中村博文氏は特別な存在のようです)
 
  買ってみたら新品でした。どこかに在庫として眠っていたのかしら?
 でも開けます。問答無用びーりびり。
 
  早速DCを起動、テレビに映してみると、なんかやけに映りがキレイです。
 どうも元の映像データが640×480ドットぐらいらしく(?)
 当時のパソコンゲーム並みのグラフィックなんですね。うひょー。
 付属のビデオ端子(正式にはなんと言うのでしょうか?)しかないので
 真価を発揮できてはいないのですが。
 
  VGAケーブルだのボックスだのでパソコンモニターとつなげれば…。
 ほっかいしまうまの欲望が肥大化しています。
 (VGAをHDMIに変換するアイテムでハイビジョンテレビに繋がんないかな?)
 
 
  以下、メルクリとはあまり関係の無い話ですが
 お時間ございましたらお付き合いくださいませ。
 
  このゲームは育成ゲームと呼ばれるタイプのゲームとなっております。
 最近はこの 育成ゲーム (ほっかいしまうま周辺では育成タイプと言われてました)
 というジャンル自体存在しないのでしょうか?
 
  ウィキぺディアによるとアイドルマスターも育成ゲームらしいですが、
 あれはソーシャルゲームとかコミュニケーションタイプのアドベンチャー
 だと勝手に思っていました。どうなんでしょう?
 
  ま、それは置いといて。
 
 
  育成ゲームの基礎がどの段階で出来たかほっかいしまうまは分かりかねますが
 エポックメイキングだったのは 卒業シリーズ プリンセスメーカーシリーズ
 だったのでしょう。メルクリウスプリティは育成ゲームの最終段階の作品だったと
 いえるかもしれません。

 

  キャラクターのステータスをちまちま上げたり下げたり一喜一憂。
 
  はたから見ていると何が楽しいのか分からない? そんな世界ですが
 (少なくとも、ほっかいしまうま周辺では当時からそんな扱い)
 いざ愛着が出てくるとそのデータの一つ一つに思い入れが出てくるものです。
 
  
  当時もド派手なバトルものにそろそろ食傷気味だった勇者さんたちが
 「娘でも愛でながらのんびり過ごしたい…」そんな感じでプリンセスメーカーを
 プレイしていたご様子。
 
  昨今のゲーマーさんたちもいろんなものとの戦いに飽きて
 そのうちのんびり「何か」を育ててのんびり過ごしたくなるかもしれません。
 
  血と煙の匂いにまみれたバイオレンスな世界に疲れた貴方、
 高校の先生になったり、パパになったり、錬金術師になったりして
 癒されるのもまたゲーマーの道だとほっかいしまうまは思いました。
  
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋