気になるジャンプマンガ


 ようこそ当ブログへ! ほっかいしまうまです。

 突然ですが今日はゲームの話ではなくてマンガの話なのです。
それでもよろしいと言ってくださる方は以下をどうぞ。
(ちょっとゲームの話も入ります)



 ほっかいしまうまが気になったのはこのマンガ 

 フライング・ダーウィン すがぬまたつや先生の意欲作。
たぶんきっと今回で2回目の読みきりです。
(前はワールドトリガーの代原くさいです)
(週刊少年ジャンプ以外では分かりかねます)

jumphs (5)

 とにかく最初の掴みが強い すがぬまたつや先生のマンガ。
 
jumphs (6)

 握力が弱いのか後半につれてぬるりとほっかいしまうまの
興味が抜け気味でしたが、それでも面白かったです。


 おススメシーンはこちら↓
jumphs (1)

 64のゲームパッド!
懐かしいとは失敬な、ほっかいしまうま的に現役ですよ、買ったのはPS3より後でしたよ。

 原始人マンガは久しぶりなのでいっそこのフライングダーウィンで連載してほしいと
ほっかいしまうまは思いました。



 しかしすがぬまたつや先生は最新のモードを取り入れるのが得意なようです。
この原始人(名前はダーウィン?)には最新のモードが取り入れられています。

 セグウェイだけではありません。
よくよくご覧くださいこの原始人

 目のところ、瞳孔の下のラインに切れ目(ハイライト)があるのです。
実はこれ最近流行りの絵を描く人たちの中ではトレンドなんだそうで、
もちろんそこはジャンプのことですからあちこちに散見できます。

jumphs (2)

 そう、食戟のソーマ の薙切さん よく出てくる女の子

 ゆらぎ荘の幽奈さんに出てくる 狭霧さん 新キャラの 浦方うららさんにもあるのです!

 ん? あれ? なんかおかしい?

 瞳孔の下にハイライトを入れるのは 萌えキャラの描き方の可能性が…?!
お前に萌え要素は欠片も無いぞ?! ダーウィン!


 目の中にまで最新モードを入れつつ突っ込みどころを用意する すがぬまたつや先生
彼のプロ魂の最初の輝きをほっかいしまうまは感じました。感じ入りました。


 ほっかいしまうまは すがぬまたつや先生を応援します!
スポンサーサイト

タブーのヒロイン

 
  この記事は先日から続いています。
 
 
 
  さて、
 17才の少年が白きケント紙の上に描きだしたタブー
 とはいかなものなのでしょうか?
 ほっかいしまうまは気になって仕方ありません。
 しかしこういう新人賞系の作品って、見ることが出来ません。
 
  そこで、自分なりに考えてみました。
 
 
  ヒントとしては
 1、ヒロインの秘め事である
 2、タブーとはいえ、賞を取れる作品である
 3、フィクションでNGとされる設定である
 4、17才の少年が作り出した作品である

 
  ということぐらいでしょうか。
 
 
  これらを踏まえて考えて見ます。
 
 
 仮説1 ヒロインが実は男
 
  これは違うでしょう。
 「ストップ!! ひばりくん!」という作品がかつてあったように、
 その程度ではタブーたりえません。

 

  
 仮説2 政治的問題を扱っている
 
  政治問題は場違いとして落選させられる気がします。

 
 
 仮説3 猟奇的内容である
 
  人間(ゾンビだったっけ?)をしぼってジュースにするぐらいのことはタルカスさんが
 しましたし、かなりのレベルでも許容範囲内だと思います。
 ワンピースのサンジは原作のエピソードで人の足をどうこうする
 という話が(はっきりとした描写は無かったと思う)あったはずですし
 猟奇的内容だけではタブー視は厳しいでしょう。

 

 
 仮説4 性的な内容である
 
  応募すべき賞を間違っているだけ、ということになるはずで、
 タブーとは言われないはずです。

 

 
 仮説5 ヒロインが人間ではない
 
  漫画ではあたりまえのことです。
 普通の人間には興味がありません!

 
 
 
 仮説6 ヒロインになんらかの精神的、身体的な障害がある
 
  タブー視すべきことではないと思います。
 もちろん扱いの難しさを充分に考慮に入れるべきテーマです。

 
 
 仮説7 差別に関わる問題を扱っている
 
  仮説6に準じて、タブーという言葉は当てはまらない気がします。
 扱いが難しいテーマだということになると思います。
 
 
 
 
  ほとんどのタブーを考えたと思うのですが、なかなかコレ
 といったものが見つかりません。
 
 
  最後に、「可能性は低いが、もしかして…?」
 という仮説を立ててみます。
 
  ズバリ
 
 「寺坂みくらさんは、ジャンプの漫画が死ぬほどキライ!」
 
  という設定はどうでしょう。
 これならば編集部、選評に当たった人々がタブー視するのも分かると思います。
 問題視せざるをえません。
 
  きっとこの漫画のヒロインは
 「ジャンプの漫画だとぉ…?! ふざけんな! ア○ーズかヤング○ングか
 近代○雀もってこいやー!」
 
  と叫ぶ女の子なのではないでしょうか?
 敵が襲い掛かってきてもとりあえず
 
 「天和ー!! 初手天元!!」
 
  とかいう必殺技を適当に繰り出し、敵を吹き飛ばすヒロインなのでしょう。(空想)
 
  
  そんなこんなでそんなネタをふんだんに投入した結果
 
 「面白いけどだめ」
 
  という結論に至った…。
 
 
 …自分で言っておいてなんですが、違うと思う。
 どんなタブーだったのかな?
  

第81回JUMPトレジャー新人漫画賞

 
  今回もゲームの話ではございません、申し訳ございません。
 
 
 
  ところで、ほっかいしまうまはぼっちゃんの家に居候している
 しまうまなのですが、ぼっちゃんは無類の週刊少年ジャンプ好き。
 
  そんなぼっちゃんは毎号ジャンプを買う集英社のお得意様なのです。
 (近所のコンビニのお得意様ともいえます)
 毎週の初めにはリビングにジャンプが転がっているので、それを
 読ませてもらっております。
 
 
  そんなジャンプで時折行われているのが新人賞。
 未来の一流漫画家の登竜門ともいうべき数々の賞があるようです。
 そんななか、ほっかいしまうまが気になったのがコレ。
 
  寺坂みくらの秘め事 志藤君行 (17) 大分 です。
 
mikura01.jpg
 
  漫画の内容がすごい…! かどうかは分かりません。
 ジャンプに内容が載っているわけではなく、見たわけではありません。
 
  気になったのは、
 「ヒロインの女の子の設定に問題あり、NGでありタブー」
 という選評の部分。
 
  …どんなタブーなんですか!?
 かえって気になります。
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋