ダライアスバースト

 
  レトロゲーの話、最近あんまり書いてないです。
 ほっかいしまうまです。
 
  ほっかいしまうまはレトロゲーをプレイしたくてサバンナから
 やってきたしまうまです。ゲーム好きの男の子 坊ちゃんの家に居候しています。
 
 
 
  セガサターンダライアス外伝が大好きなダライアスっ子のほっかいしまうま。
 サンソフトの連射パッドを手に入れて、サターンライフはますます好調です。

 
 
  しかし、そろそろ新しいダライアスが欲しい。
 
  別に外伝に飽きたわけではないのです。
 (自分でも驚いたことに飽きていない)
 
  でも別のダライアスもしたいんです! 安西先生…ダライアスがしたいです。
 
 坊ちゃん「そんなしまうまちゃんにおススメなのがダライアスツインさ!」
 
  わーい! スーファミ最初期の名作だね! ありがとう坊ちゃん!

 
 
  …うん、別にこれでもいいんだけどさ。
 面白いんだけどさ、もうちょっと一ひねり欲しくない?
 
 
  そんななか、ほっかいしまうまのお耳がキャッチしました。
 プレステ4にはダライアスバーストっていうダライアスの新作があるということなのです!
 
  キタ――(゚∀゚)――!!
 
  来ました、ついに来ましたよダライアス!
 お魚シューティングに興じる日々がまたまたまた!
 
  と思いきやダウンロード専売とのこと。
 
  (´・ω・`) コレジャナイ
 
 別にそれでもいいのですが、いらなくなったら中古で売る権利が欲しい。
 ほっかいしまうまはシマウマですので余分なお金は持って無いのです。
 
  と思っていたらパッケージ版
  
  キタ――(゚∀゚)――!!
 
  ついに来ましたダライアスバーストパッケージ版! 
 というわけで買ってきました。

 
 
  昔懐かしい2Dシューティングゲームですが、全て3Dでバリバリ動くので
 なんか新鮮な感じです。そういやプレイしたダライアス外伝はサターンでしたが3Dなのは
 ゴールデンオーガストームコーザーだけでした。他はドット絵。
 
 
  ゲームはよくできていると思います。良いです。
 
 
  しかしちょっとレトロゲー時代のことを思いましたのでそこを1つ。
 
 
  ファミコンとか全盛期って、ファミコンが主流…とはちょっと違った感じだったようで。
 というのもハイエンドゲーム機、表現の最先端はゲームセンターにあったというのが
 坊ちゃんが知るコミュニティの感覚みたい。
 
  基盤の上にこれでもか!と言わんばかりにメモリーを並べて物量で処理できる
 アーケードゲームはやはり高性能、家庭用ゲーム機はそれを追いかける側。
 人気アーケードゲームは移植がちょくちょく出るものの、ファミコンは魔界村とか1942とか1943とか
 どうにも「これ」っていう移植は出ない。ハードウェアの性能的に当たり前なんだけど。
 (移植担当の責任もある?)

 

  メガドライブとかPCエンジンには良移植がけっこうあるんですよねー。
 そもそもメガドライブ自体、アーケードゲームの家庭用移植を考えられたスペックらしいし、
 ファミコンしか持っていないファミコンキッズにとってはイマイチ移植でも楽しめる分マシ。
 と言ったところ。
 
  信長の野望とか大戦略とか、「わー! こんなゲームかあるんだー!」でもファミコンではないよね…。
 と思っていたら少しずつ部分的に変わっていても移植が出る感動は当時の物。
 
  「こんなゲームやりたいな」と待っていたら スッとでてくるのもいいかと思った次第です。
 
 
  家庭用ゲーム機はハイエンドの一歩後ろでも面白いかもしれません。
 どのみち時代の最先端ハードに行ったところでゲームエンジンやビジネスモデルや新しいジャンルという
 やり方の部分は準備されてないんだし、どこかの誰かが作ってくれた「面白いアイデア」
 を後発の利でぱっくりもらっちゃうのがファミコン時代だった気がする。
 
 
 
 
  追記
  
 バトルガレッガがヨドバシドットコムで2980円で売ってた!
 と思ったら売り切れてた! バトルガレッガー!!
 
 
スポンサーサイト

無双のアイデア

 
  夢は三国一の名シマウマ! ほっかいしまうまです。
 
  ちょっと前のことですけど、KOEIという会社から出ている
 無双シリーズというゲームのネタを募集しているという記事がありました。
 
  三国無双というゲームのシリーズなんですけど、さすがにシリーズも
 かなり出ていて、やれることはやりつくしたのか、最近はいろんな作品と
 コラボみたいなことをしていたみたい。
 
  アルスラーン戦記 とか ドラクエ とか
 ドラゴンクエストヒーローズはいい出来ですよ!
 アルスラーン無双はやってないので知りません。

  
  
  あの時は思いつかなかったけど、ほっかいしまうま思いつきました!
 
  ベルサイユ無双なんてどうよ?!
 
 
  フランス ブルボン王朝最末期、美貌の王妃、マリーアントワネットとその思い人フェルゼン
 近衛隊隊長オスカルとアンドレとか いろんな人の愛と激動のストーリー!
 
 
 ナレーション「オスカル100人切り突破!」
 フランス国民「あなたこそ真のフランス無双よ!」
 
 
  これは盛り上がること間違いない!
 え? ちょっと古い?  
 いやいや、本当に力のあるクリエイターなら再流行なんか作りだせるよ!(無茶ぶり)
 
 
  プレイアブルキャラクターはもちろん 
 
  オスカル アンドレ フェルゼン この辺はメインキャラクターです。
 あとは
 
 反抗的な    アラン
 銃器使いの   ロザリー 
 ハンマー使い  ルイ16世
 宝石からビーム マリーアントワネット
 毒霧もやもや  ポンパドゥール夫人
 堕天使の恰好  サン=ジュスト
 ギロチン攻撃  ロベスピエール(たまに自分で喰らう)
 その正体は?   サンジェルマン伯爵
 カリブ海の反乱指導者 ブゥドゥー教司祭 デュティ・ブークマン
 ヴァンテの反乱 ロシュジャクラン
 下ヴァンテの   シャレット
 帝王の眼を持つ  砲兵将校ナポレオン
 
  そしてキリスト教に代ろうとする謎の至高神 『最高存在』 の正体とは?!
 
  途中から史実入ります。
  
  ちょっと妄想しただけなんだけどゲームにあいそう。
 
 
  友情出演として オルフェウスの窓 から クラウス登場!
 ヴァイオリンで敵を撲殺! ヴァイオリンの腕はぴか一なのです。

 
 

キングスライムの謎

 
  謎が謎を呼ぶ奇跡のウマ スーパーシマウマ!
 ほっかいしまうまです。
 
 
  ファミコン時代は『~なんちゃら~の謎』みたいなタイトルのゲームが多かったのです。
 ドラゴンボール 神龍の謎  
 トランスフォーマー コンボイの謎 
 アトランチスの謎
 スーパーゼビウス ガンプの謎
 
  と 謎 謎 謎 謎だらけ! (4つしか思い浮かばなかった)

 
 

  
  ところで、ほっかいしまうまはちょっと前まで ドラゴンクエストヒーローズ2 をプレイ
 していたのですが、このゲームのキングスライムを見てかつて思った疑問を思い出したのです。

 
 
  ずばり
 「キングスライムは体積が大きすぎるのではないか?」
 
  ということ。
 ドラゴンクエストシリーズではファミコンの4から出ているキングスライムですが、
 ファミコン版ではスライムが8匹合体するとキングスライムになるという演出でした。
 
  しかし、あちこちに出てきているキングスライムのサイズを見てみると
 これってものすごく大きくなってません? 体積が8倍になっても大きさは2倍程度にしかならないのでは?
 ほっかいしまうまは計算が苦手ですのであっているかどうかわかりませんがあんなに大きくはならないハズです。

HNI_0045.jpg

HNI_0011.jpg 
 
 
  どうなっているかと灰色のウマ脳みそで考えていたのですがなかなかわかりませんでした。
 しかし! ついに今回ほっかいしまうまはある結論に達しました!
 これでキングスライムのサイズ問題も解決できます!
 
  実に簡単なことでした。風船のように空気で膨らんでいると考えればよいのです。
 スライムは軟体動物でぷよぷよしています…たぶん。ゲームの表現的に。触ったわけではないけど。
 
  
  何匹かで集まって空気を取り込みつつ重なっていきます。
 たぶんマトリョーシカ人形のような感じです。
 
  んで、最後一斉にみんなで膨らめばキングスライムになるのではないでしょうか?
 おお、これでキングスライムが少数のスライムで作れるぞ!
 
 
  あとは王冠は栓みたいなもんなのでしょう。
 ウキワの空気入れるところみたいなもんです。
 
  
  ドラゴンクエストヒーローズでもキングスライムはやられたら
 しおしおとぺちゃんこになっていきましたから、絵面的にもバッチリ!
 
 ほっかいしまうまは 
 キングスライムはスライム8匹がくっついて膨らんだ物説を提唱します。
 
 

三国志13 その3


 
  三国志! ほっかいしまうまです。
 
  見事、天才軍師(将軍?)司馬懿を家臣に加えた呂玲綺さん。
 内政から何から、ここから一気にヒートアップです。
 次から次へと人材発掘と登用を成功させくれる圧倒的知力パワー!
 
 
 
  
 
 
  おバカ武力姫とトラ腕力バカ(許チョ(字でない)のこと、当時から虎痴と言われていた、かなりボーッとしていたらしい)
 の2人ではどうにもならないところでした。
 
 
 司馬懿「ぐふふふ、人探し、出演者の特定はお任せください」(この司馬懿はイメージです実際の司馬懿とは関係ありません)
 
 司馬懿「陸遜くん…この動画に写っているの、キミじゃないかな」(この司馬懿はイメージです実際の司馬懿とは関係ありません)
 
 陸遜 「すげー呂布さまのところで働きたーい(棒)」
 
 
  陸遜のようなスーパー武将も仲間にし、人材が豊富になってきた我らが呂布軍。
 さてこれからどうしようかなと思っていたら、北から袁紹が攻めてきました!
 
  袁紹の大軍団、およそ15万人もの大軍勢!
 兵力が集結し、決戦の舞台は官途です! どうしてもここで決戦なのね。
 
  司馬懿、許チョ(字でない)、呂玲綺さんの3人で騎兵隊を率いて出撃!
 官途の防衛拠点で高順たちと合流します。高順マジ陥陣営。
 
 
  しばらく手を出してこなかった袁紹軍でしたが、領土全体からの動員された兵士が
 合流できたのでしょう。ついにこちらの城塞に攻め込んできます!
 こちらの数倍はいようかと言うとんでもない大兵力ですが、突進してくる敵を順に倒していきます。
 
  基本的には呂玲綺さんの部隊が敵の足を止め、司馬懿か許チョ(字でない)の手の空いた方が
 敵を挟み撃ちにします。残った方が別部隊の動きを食い止めます。
 
  司馬懿の鬼謀計というスキルがとても強く、そんじょそこらの二線武将なんぞ相手にはなりません。
 呂玲綺さんも当たるを幸い、敵将を討ち取りまくり、徐々に袁紹軍の動員能力を減らしていきます。
 
  いつ終わるとも知れない、そんな激戦が長く続きましたが、勝ったのは呂布軍。
 途中、2度ほどわんこそばというのをやられましたが、それでもついに袁紹軍の進撃はこの官途で破砕されました。
 
 
  説明 わんこそば
 
  三国志13でよく見られる現象。
 倒した敵兵のほとんどは負傷者として出撃地点に帰還するので、早い段階で再出撃してくる。
 城の数が少ない間はそんなに気にならないが、大勢力同士の戦いだと「ちょっと前に倒した敵将」が
 頻繁に出撃してくる(ように見える)ことになる。この状態を「目の前のを消してもすぐに次のを処理しないといけない」
 ことから わんこそば と名付けられたらしい。
 
 
  実際には敵は出撃のたびにお金は使っているし、武将も捕らえられた死んだりするし、
 無限に湧き出てきているわけではない。…が、最前線で戦っている側としては敵が無限に湧いて出てくるように
 感じてしまうのは仕方ないね。
 
 
 
  官途の戦いで勝利を収めた呂布軍、反撃を開始し、袁紹から城を3つほどもぎ取ります。
 余裕が出てきたので弱小勢力と化していた曹操(どうしたの?)を倒します。(たった一つ持っていた城が異常に豊か)
 
 
  間髪入れずに徐州で大勢力になっている劉備も倒します。
 
  …さすがに強かった! 関羽 張飛 趙雲 が強すぎ。でも兵力差で押し切った。
 正確に言うと劉備軍の豪傑たちがいないとこで勝ち、豪傑がいるところでは負けないようにした。
 
 
  中原を支配した呂布軍! これで安泰です。
 
  勢力の拡大スピードはけっこう命ですから南の孫策を倒しにいきます。
 劉表 袁尚(代替わり)の順で倒し、最後に残ったのは益州も手に入れていた馬騰
 
  あっさり倒して天下統一です。うん、面白かったです。
 
  最終決戦があっさり過ぎな気もしましたが、勢力拡大スピードをうまく早めることができた結果なので満足。
 
 
 
 
 
  
 
 
  ほっかいしまうまが思ったところ
 
  ほっかいしまうまは三国志13パワーアップキット、すごくいいゲームだと思いました。
 ちょっと気になった点としては戦場マップ、城マップがやや少なめで見たことがあるマップが何度も
 でてくるという感じですが、配置される部隊の展開によってけっこうバランスは変わるのでなんとかなります。
 
 
  兵士の回復が早すぎて敵が湧き出てきスギィ!
 という意見もあろうかと思うのですが、ほっかいしまうまも早いと思いました。
 
  ただ、こういう一枚マップシミュレーションゲームは出撃できる全部隊で決戦ができてしまう。
 つまり決戦で負けてしまったら無人の沃野が広がっている状態になりがちですので
 一発で勝敗が決まってしまうことがままあります。
  
  それを避けるためには負傷兵の回復速度を早めるしかなかったのか思うのですが…。
 でも早い。やっぱり。自分の軍隊の回復が早いのはありがたいけどね!
 
 
 
  おまけ
 
  こんなところに書いても意味ないと思うけど、こうしたら解決できる案。
 というのもどこかで見たのですが
 「アメリカとかヨーロッパのゲーマーは解決方法考えてくれるのに日本のゲーマーは言ってくれない!」
 みたいなのを見たのです。本当に言ったのかな?まぁいいや。
 
  でも暇だから少し考えてみました。
 
 
 
  そもそもの「わんこそば部隊」の問題は部隊が壊滅してもすぐに復活してしまうところにある。
 考えてみれば敗残兵は武器も失っているし、ほぼ無料での再戦力化は困難だろう。
 そこで 訓練 ではなく 兵強度 という数値を採用する。
 
  いくら兵士が傷ついても、武装が失われても 訓練値 がそのままだからそのままの強さ!
 になってしまうから問題なのだ。(人数の回復は問題ないとする、古代の戦闘では逃亡も多かっただろうし)
 そこで兵強度という数値にして、兵強度の上昇にはお金がかかる、というようにすればいい。
 そうすれば負けた側は戦力の立て直しを必要とする。すぐに出撃しても烏合の衆というわけだ。
 
 
  精鋭部隊も大ダメージを受ければ新兵の増加で強さが低下するということを再現できる。
 いちおう今のルールでも強い部隊を編成する際にはいちいちお金がかかる
 やられるたびに精鋭部隊を編成しにくくなる…とは言えるものの、多額の金があれば
 いくらでもすぐに精鋭部隊が湧き出てくることになるので変と言えば変。
 
  
  ただ、これだけだと「スゲー弱い部隊が無駄に湧いてくる」ということも考えられるので
 あまりにも弱い部隊は強い部隊と接触したら戦術画面等に入ることなく「壊乱した」という
 ふうにしたらどうにかなると思う。
 (処理的には 戦闘能力 が低すぎる側はそれだけで士気が低下し場合によって0以下壊滅を起こす…かな?)
 

ブルーリフレクション 幻に舞う少女の剣

 
  ストロベリーコメット! ほっかいしまうまです。
 
  岸田メル先生が絵を描いたギャルゲー(?)ブルーリフレクション
 ラストまでプレイしました!

 
  
  …クリアしたんですけど…うん、ネタバレはあかんので自粛しますけど
 ほっかいしまうまはサバンナから来たシマウマなんですけど、ちょっとだけ
 女子高生になって女子高生として生活していたような気分になりました!

ブルーリフレクション登校
 
 
  ところで突然ですが。
 これからこのゲームをプレイしようと思われている方がいたら注意点を1つ。
 主人公の日菜子ちゃん、最初はなかなかのコミュニケーションブレイカーですので
 「なんだコイツ?!」とか思わんといてください。
 たった16才の女の子ですので、強いストレス状態に置かれれば
 度重なるコミュニケーションブレイクがあっても仕方ありませんの。
 
 
 
  閑話休題。
 
 
  ボス戦がなかなか熱いゲームでした。
 いちおうRPGなんですけど敵を倒して経験値ゲットでレベルアップ!
 というものではなくて、ミッションをクリアすると成長ポイントがもらえて
 それでパワーアップするというシステムになっています。
 (だいたい学校のみんなの心の問題を解決していく)
 
 
  敵の死体の山を築いて無双の豪傑を生み出すぞ!
 ということはなく、あくまでもみんなの心の絆の力をもらってのパワーアップですので
 元ロトの勇者光の戦士ワードナ討伐隊の方はご注意ください。
  
 
  戦闘システムは…これ名前あれば知りたいんですけど、タイムラインバトルっていうんですかね?
 各行動は全て行動後の「行動できない時間」があって、重い行動は強かったりする。
 みたいな? 敵の行動を遅らせつつ味方の行動を早めるとナイスです。
 
  いちおうほっかいしまうまは難易度ノーマルでプレイ。
 コツがわかってくるとそんなに難しくないです。
 難易度イージーとハードもありますのでそこはお好みの難易度をどうぞ。
 
  ところで来夢ちゃん強すぎない? (バージョン1.01)
 
 
  敵から拾うアイテムはたまにクエストであるといい感じになったり、
 後半になると能力値アップに使えます。なんだかんだ言って敵の死体の山を築いて無双キャラできそうです。
 
 
  ただ、いわゆる「アドベンチャーゲーム」というか「ノベルゲーム」に近い作りなので
 がっつり冒険したい人なんかには向いていないと思います。あくまても魔法少女になった日菜子ちゃん
 になりきって遊ぶ雰囲気思春期RPGです。
 
 
 
  ストーリーは少々、足りないというか消化不足気味というか、もしかして納期に間に合わせようとして
 カットしたところある? と思ったのですが、日菜子ちゃんは結局ただの女子高生なので世界の謎とか
 どうでもいいだろうし、これで充分だったのだなと思います。
 
 
  エンディングは本当に切なくて切なくて、ほっかいしまうまの純粋無垢な瞳にちょっとだけ涙が…。
 
 
  良いゲームなんですけど、がっつり遊ぶゲームじゃなくて、雰囲気を楽しむものだから、
 よほど気になる人にでもないとおススメできないのが残念ですね。
 
 
 
  追伸
  スク水学園にはしませんでした。
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋