壊れ逝くゲームボーイ(液晶が)

 
  長くゲームをやっているベテランゲーマーたち。
 その中に、妙に ニンテンドーDS を評価している人たちがいます。
 
  ゲームが面白いから?
 
  ニンテンドーだから?
 
  タッチペンがあるから?
 
 
  いいえ、違います。
 二つ折りにできるからです。
 
  なんでかというと、昔ゲームボーイで痛い目をみたことがあるからです。
 
  どんな目にあったのかって? 簡単です。 液晶画面を割ってしまったんです。
 
 
  少なくないクラスメイトがゲームボーイの液晶を割ってしまいました。
 いろいろとネットを調べてみると、これ、割れやすいのだそうです。
 
  テレビなら持ち歩く物ではないので、割ることなんか無いのですが、ゲームボーイ
 はどうしても持ち歩く、そして落とす。
 あるいはどこかに置き去りにして踏まれる、何かが落ちてきて液晶が割れる・・・。
 
  などなど破損の理由は様々です。
 
  ニンテンドーDSは二つ折りにできますから、しまう=液晶が保護されるわけでして、
 これはこれで使いやすいなと。
  PSPはどこまで行っても液晶がむき出しですから、壊れてしまう危険性があるわけですね。
 PSPgoとかでも結局、液晶はむき出しオンリーです。なんでこうなるのかな。
 大人は壊さないんですけど、子供は壊してしまうかもしれませんね。
 
 
  
スポンサーサイト

コズミックウォーズに魅せられて

 
  コズミックウォーズ。
 ファミコンで発売されたウォーシミュレーションゲームとしては屈指の
 完成度を誇る名作と言っていいでしょう。
 
  当時、ほっかいしまうまはこのゲームのことを知り、とても強くプレイしたい
 と思っていたのですが、クラスメイトや知り合いに、持っている人が誰もおらず、
 借りることすら適いませんでした。
 
  それならいっそ、中古を買ってもらおうと、ねだることも考えたのですが、
 中古屋にも売っていない。見たことが無い。
 いつものウミネコ屋にも無い。
 
 (ウミネコ屋が何のことか、よく分からない人は、過去記事を見てみよう!
 と、過去記事を露骨にアピールしてみます
)

 
  そんなある日、近所の駄菓子屋に行くと、そこで出会ったのです!
 店主のそばに置かれているガラスケース、その中にあのコズミックウォーズの箱が・・・!
 
  新品です。
 初めて出会いました。
 
  しかし今思うと不思議です。
 どうしてあの店は、あんなマニアックで複雑なゲームを売っていたのでしょうか。
 新品ですから、売っていたということは、仕入れたわけです。
 つまり、あの店の店主は
 
 「コズミックウォーズは売れる!」
 
  と踏んだわけです。
 目のつけどころがシャープ過ぎて、客の範囲が狭過ぎます。
 何かのビームで顧客を焼ききる勢いです。
 駄菓子屋の客層なんて、いいとこ小学校中学年程度なんだから、こんな大人向けのゲームは
 なかなか売れないでしょうに。
 
  幼いほっかいしまうまは、ピカピカのトランペットを見る少年の如く、ずっと
 コズミックウォーズを見つめ続けます。
 
 
  見つめ続けて2日目。
 
 「ぼうや、買うのかい?」
 
  駄菓子屋の店主が、なんか渋い声で話しかけてきました。
 
 「そのゲームはグラディウスっていうゲームの世界観を元にしたシミュレーションゲームで、
 音楽もいいし、映像もキレイで、なかなか面白いんだ。
  ずっと見ているし、坊や、欲しいんじゃないかい?」
 
 「欲しいけど、お金ないからいらない」
 
 「・・・そうか・・・」
 
   
  店主はとても残念そうにしていました。
 
 
  

聖剣伝説 ナマシカ1人勝ち

 
  ゲームボーイ史上に燦然と輝く名作を10本選ぶとしたら、
 その中に 聖剣伝説 が入るのは間違いないでしょう。
 
  ストーリー、音楽、アクション性、ゲーム性 等、
 あの白黒液晶の中によく詰め込むことができたものだと感心します。
 
  しかし、発売当初はいろいろと齟齬もありました。
 
  当初 聖剣伝説 は ファイナルファンタジー外伝 として紹介されていました。
 ゲームボーイでファイナルファンタジーの名を冠するRPGを楽しめる。
 多くのクラスメイトが期待していたものでした。
 
  当時はゲームといえばRPG全盛期。
 (少なくとも、ほっかいしまうまの周囲では、ですが)
 これは新しい流行がくるか・・・と思ったら、そうはきませんでした。
 
  なぜかというと、この聖剣伝説というゲーム。
 FFのようなRPGではなく、まったく別物のアクションRPGだったからです。
 
 
 「アクションRPGだと? いらねー」
 「FFと関係ないっていうじゃん、そんなのいらない」
 
 
  とクラスメイトは手の平を返したようにして、 聖剣伝説 を無視してしまいました。
 
 
  そんななか、クラスでただ1人、聖剣伝説 を買った男がいました。
 
  ナマシカくんです。
 (ナマシカくんが誰のことか、よく分からない人は、過去記事を見てみよう!
 と、過去記事を露骨にアピールしてみます)

 
 
  ナマシカくんは
 
 「・・・期待とは違ったけれど、オレ、そこまで コマンド選択式のRPGを
 求めているわけじゃないから、これでいい、面白そうだから買うよ」
 
  と、購入を決定。
 クラスメイトの多くが彼の決定をあざ笑っていたのですが・・・。
 
 
  しばらくして、みんながこの聖剣伝説というゲーム、古今無双の名作ゲームだったということに
 気づくのです。
 
  ナマシカくんは、1人、このゲームの真の楽しさを堪能
 誰もが羨むゲーマータイムをすごしたのでした。
 
 
    
 
 

レトロゲームを愛してくれる人々 そのに ヤツラは敵だった。

 
  そんな感動も覚めやらぬ、ある日のことです。
 (なんの感動か分からない人は、先日の「レトロゲームを愛してくれる人々 そのいち」を
 見てね! と、過去記事を見るように露骨にアピールしてみます)
 
 
  近所の中古ゲーム屋が店じまいということで、中古全品半額セールというのをやっていたのです。
 
  そこのファミコンカセット売り場に、中学生と思わしき男子が2人いました。
 彼らは熱心にファミコンカセットを見ています。
 
  ほっかいしまうまはなんだか 孫 でも見るかのように、その2人を見ていました。
 
 「ほっほっほっ・・・これこれ それは危ないぞ。
 ファミコンのフリートコマンダーは たーぼふぁいる が必要じゃからのぅ・・・」
 
  ああ、次の世代にもレトロゲーは受け継がれていくのか・・・
 レトロゲーに幸あれ、若者たちに幸あれ・・・。

 
  なんて感じでロートルごっこをしていた ほっかいしまうま でした。
 
 
 
  しかしこの時、実は怖ろしい事態が起こっていたのです。
 
 
  さて、そろそろ買って帰るゲームでも決めようか。
 ほっかいしまうま はそう思い、ダブルムーン伝説 ダークロード SPYvsSPYの3本を
 買って行こうと思ったのですが。
    
  ですが、ですが、ですが!
 
 「なに? ない?!」
 
  これはいったいどういうことだ。
 売り場にカセットが見当たらない、さっきまでは確かにあったはず。
 実は自分がすでに買っていたのか、記憶が失われていただけで、実はもう手元にあるのか。
 いや、それともあのカセットは ほっかいしまうま の願望が作り出した幻覚で、最初から
 そこには無かったのか・・・!? 
 
  いえ、そういうことではありません。
 あの中学生男子2人組みが買っていったのです。
 
  ・・・ガッデーム!
 
  若いからと言って油断した! あの2人、物の価値を分かって買っていやがる!
 
 
  コレクターにとって、ゲーマーにとって、新しい世代は次のランナーというよりは
 ライバルなのだと気がついた ほっかいしまうま でした。
 
 
 
  ・・・でも、本音で言うと嬉しかったよ。
 楽しんでね、ダークロード、ダブルムーン、スパイ・・・
 
  飽きたらどこかでまとめて売ってください。
 近所のブックオフだと助かります。 

 

レトロゲームを愛してくれる人々 そのいち

  
  えーと、人から聞いた話です。
 
  とある会社勤めをしていた知人の話なのですが(けっこう年上です)、
 会社にいる入社したての若い連中がゲームの話で盛り上がっていたそうです。
 
  そこで連呼されていた言葉は
 
 「ファミコン
 
  だったとのことで。
 それを聞いていた人は、あれ、それってだいぶ前に流行ったゲーム機ではあるまいか? と思い。
 
 「それ、随分古いゲーム機だよね、キミら、やってるの?」
 
  と聞いたそうです、すると。
 
 「もちろん、やってますよ! ゲーム機がどうしても欲しくてゲームセンターの景品でゲット
 したんです!」
 
  とのこと。
 古いカセットを中古屋さんで買い集め、会社の寮仲間と集まってはレトロゲーで盛り上がっている
 とのことでした。
 
 「やっぱり、現役でプレイしていた世代はマジ ゲーム上手いっすよ。
 ○○先輩なんか、俺らが攻略あきらめた難しいゲーム、簡単にクリアするもん」
 
 「俺らより上の世代はズルッいすよ、こんなに面白いゲームやってたんですね!」
 
 
  とか言っていたよ。と聞かされました。
 
  この話を聞き、今ではおっさんになったほっかいしまうまの胸に熱いものがこみ上げてきました。
 逆流性食道炎ではないですよ、念のため。
 
  
  今この時代にレトロゲームを愛してくれる新規ユーザーが出てきてくれているのだなぁ。
 
  と、1人でグラスを傾けて、乾杯したくなったほっかいしまうまでした。
 
  あっ、自分、下戸なんで、乾杯はウーロン茶でお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ワンダースワンとの日々


  突然ですが、ほっかいしまうまは自慢します。
 
  ワンダースワンクリスタルをブックオフで500円で買えました!
 ひゃっほい!
 
  ワンダースワンカラーは前から持っていたのですが、
 どうも液晶が暗い上にスクロールが汚くて、アクションゲームはかなり厳しい。
 どうしたものかと思っていたのですが、ある日、偶然にクリスタルを見つけてしまい
 「これはもう買うしかない」となり、ゲットしてきました。それにしても安い。
 
  
  しかし、何がすごいってこのゲーム機、電池の持ちが非常にいいです。
 エネループ一本でファイナルファンタジー1をクリア直前までいけました。
 すさまじいエネルギー効率です。エコ性能では世界一かもしれません。
 
  でも電池が持つっていいですねー。3DSもPSPもそこは見習って欲しいところ。
 いや、バックライトうんぬんってのはあるのですが、それにしたってゲームは明るいところで
 やるのだからそんなに気にならないなぁ、ほっかいしまうま的には。
 
  
  とりあえず 約束の地 リヴィエラ を早く手に入れなくては・・・。
 
 
  面白いゲームもかなり多いです。
 とりあえず スクウェアの名作ゲーム、ファイナルファンタジーシリーズ と SaGa1 の移植
 は別格として、名探偵コナン のゲームもできは良好です。ミスタードリラーも移植されていますし、
 いろいろと遊べます。
    
  まぁ、さんざん遊んでみて分かったことは
 
 「これではやっぱり ゲームボーイアドバンス には勝てないな」
 
  ってことですか。
 
 
  いきなりこんなこと書くのもなんなんですけど、
 やっぱり 任天堂さんのゲームは面白い物が多いです。
 
 任天堂のゲーム機でないと、任天堂のゲームはできない。
 バンダイのゲーム機だと、バンダイのゲームができるっちゃあできる・・・。
 
  ああ、ダメだ、バンダイのゲームじゃ勝てる気がしない・・・。
 
  でもいいんです。
 負けハードの名作を愛でるとき、ゲーマーは孤独感と共に孤高である自分を感じるのです。
 他のみんなとはちょっと違う自分がいるんだぜ・・・って感じに勘違いしたりしなかったりするのです。
 
 
 
  次の負けハードは ヴィータちゃんかな・・・。買っとこうかな・・・。
  
 
  負け戦こそ面白いって、前田慶次も言ってますし。
 
 
  

ヒヨコさま

 
  ほっかいしまうまはゲームをやっていて、ときおりとんでもない
 勘違いをすることがあります。

  ドラゴンクエスト3をやっているとき、それは起こりました。

 

  ジパングにいくと、ヒミコという女王がいるのですが・・・。
 
  どうしたわけか
 
  ヒヨコ に見えてしまったのです。
 
 以降、ほっかいしまうまは ヒヨコさま ヒヨコさま と連呼。
 クラスメイトもどういうわけか見てみぬふりをします。

hiyoko.jpg

  しばらくのちに「ヒミコだよ」と訂正され、赤っ恥は急上昇。
 汚名挽回、名誉返上といったところですか。これは恥ずかしいです。
 
 
  しばらくぶりにドラクエ3をやってみると、やっぱりヒミコになっていました。
 どうしてあんな見間違いをしたのだろう・・・。
 
 
 
 
 
  追伸
 
  先日、テレビでニュースを見ていたら
 
 「・・・人々が いのり を捧げています・・・」
 
  のところで
 
 「・・・のりを捧げています・・・」
 
  と聞こえてしまいました。
 献花台に次々と捧げられる 味付け海苔、のりの佃煮、焼き海苔、韓国のり の数々を想像してしまいました。
 聞き間違い、見間違いは本当に危ないと思いました。
 
 
 
 

誰もクリアできないイース1

 
  イース
 ファルコムが発売した名作アクションRPGです。
 
  その第一作がファミコンで登場。
 期待に胸高鳴り、ゲームへの衝動は急上昇。
 
  多くの人が 人から借りて プレイしたのですが・・・。
 
 
  当時、これまた ほっかいしまうま の周辺の人々は玉砕しました。
 誰もイースをクリアできませんでした。
 
  一応、攻略記事がどこかででていたと思うのですが、そんなことは気にもせず
 みんなノーヒントでゲームを進めます。
 
  しかし、どうしてもみんなが詰まったのは
 
 「くちたる とびら くぐり まもりのて の しめす
 ひとつめの とびら ぬけ こうげきのて の しめす
 ふたつめの とびら ぬけよ」

 
  という謎かけです。
 
  ゲーム中盤、どうしてもこのメッセージの謎を解いて、正しい道順を選択しなくてはならないのです。
 しかし、これが誰にも分からない。
 クラスメイトも、他のクラスのよく知らない連中も全滅です。小学生高学年の知能ってこんなもんでしょうか。
 
  
  あまりにも小学生には難しく、みんなで雁首そろえて喧々諤々の大議論。
 本当に8人ぐらい集まって、あーでもないこーでもない。とみんなで知恵を出し合うわけです。
 で、学校に行ったらまたみんなで あーだ こーだ と知恵を出し合う。
 
 
  問題は3つ。
 
 1、「くちたる」の意味が分からない。(・・・子供だし、仕方ないね)
 2、「まもりのて」 の意味が分からない。
 3、「こうげきのて」の意味が分からない。
 
 
  ・・・ほとんど何も分からないナリよ キテレツ!
 
 
  クラスメイトの1人が「くちたる」の意味をお兄さんから聞いてきたとのこと
 「時間が経ってボロボロになったものって意味らしいよ」
 
  しかし まもりのて こうげきのて の意味が分からない。
 クラスメイトの誰かが 「まもりって、井戸とかに住む、トカゲみたいなやつじゃない?」
 それは イモリだ! と突っ込みたいところですが、そんな鋭い突っ込みは入らず、小学生ズは
 それじゃあ 井戸 に行こう と言い出す始末。
 
  こうげきのて。
 こうげき・・・攻撃か? しかし攻撃の手ってなに? 意味が分からない。となってしまう。
 
  まもりのて はすごい高度な意味を持っているに違いない。
 このゲームでの防御は半キャラずらしだから、キャラクターをずらして扉に入れるタイミングがあるはず・・・。
 しかしどの扉をくぐればいいのか分からない・・・。と来てしまう。 
 
  
 
 
  しかし、ほっかいしまうまはこのメッセージの意味をこう読み解きました。
 
 
 「攻撃の手って剣を持つほうの手じゃね? つまり右。守りの手って、盾を持つほう、つまり左じゃない?」
 
 
  でもなぜか、クラスメイトに叱られます。
 
 「そんな意味なわけねーだろ」
 「半キャラずらしは難しいんだ。今やってるから余計なこと言うな」
 
 
 (´・ω・`)しょぼーん
 
 
  正解はどうだったのでしょう?
 未プレイの人がもしかしたらいらっしゃるかもしれないので、正解は書かないでおきます。
 
 
 
 
 
 
 

メタルギアを借りまくる

 
  メタルギア
 現在でも続編がリリースされるコナミの人気ゲームです。
 これはMSX版ではなく、ファミコン版の話です。
 
  当時(ファミコン全盛期)は知る人ぞ知る名作と言ったところですか。
 ほっかいしまうまは所持していなかったのですが、友人から借りてよくプレイしていました。
 というか、いっつもその人からはメタルギアを借りていました。元気にしてるかな。
 
  
 
  このゲームはかくれんぼしながら敵地に潜入していくという ステルスゲームというジャンルで、
 当時はこういう言葉は無かったと思うのですが、新鮮なゲームでした。
metalgear1.jpg
 
 
  ・・・面倒くさいから、敵全部殺しちゃうんですけどね・・・。
 
 
  音楽、アクション、いろいろと良くできていて面白く、特にリモコンミサイルが楽しい!
 意味も無くあちこちで発射しては適当に敵基地を爆破! 特殊部隊、テロリストを通り越して
 もはや愉快犯になっているほっかいしまうまです。
 
  
  しかし、当時結局、知人は誰もこのゲームをクリアできません。
 いや、最後の巨大コンピューターの部屋まではいくのですが、そこで詰まる。
 というか、まったく先に進まないのです。
 
  ???
 
  爆弾でコンピューターを破壊するらしいのですが、いくら爆破してもイベントは起こらず、
 先に進まない・・・。
 
 
  そんなある日、都合4回目ぐらいの借りプレイだったと思うのですが、そのとき、奇跡は起こりました。
 いつもの巨大コンピューターの部屋まで来て、やっぱりクリアできません。
 部屋でボーッとしている ソリッドスネーク扮するほっかいしまうま。
 
  部屋を出たり入ったりして暇つぶしをしていると・・・。
 
 
  なんとラスボスとのバトルがいきなりスタート?!
 
 
 (記憶ですが、一応もっと詳しく説明します。
 部屋の出入り口のところの右側を、キャラクターでこするようにして出入りしてください。
 左側だったかもしれません)
 
 
  わけも分からないうちにドカバスと戦いが始まり、勝利するほっかいしまうま・・・いや、しまうまスネーク。
 (一応 ネタバレ 防止のため、ラスボスの名前は伏せています)
 
  ゲームをクリアすることができたのでした。
 
  後にクリアできなかった他のクラスメイトにこの攻略方法を伝えたところ、
 
 「お前の家に見に行ってもいい?」
 
  と聞かれ、見てもらうことに。
 本当にこれでクリアできたので、みんな呆然。
  
 「どうなってるんだ?」
 
  エンディング後も、みんな ぽかーん としたままでした。 
 
  
 
  そうそう、別のサイトさんでも書かれていますけど、このゲーム。
 
  メタルギアはでてきません。




 追伸:

  
  あぁん、ちょっぴり饐えた臭いがするけど、
 『初回封入特典:カスタマイズ用ボディ「サイボーグ忍者」ダウンロードコード』
 に魅力を感じてしまいます。本体持ってないんですけど。  

メッセージの技

  豪華なCGをふんだんに使い、微細グラフィックで売っている昨今のゲーム。
 
  それはそれでいいのですが、言葉で世界を表現していた時代というものも
 確かにあったわけです。
 メッセージによって状況を説明していた時代、時にはランダム性とプログラムが作り出す
 なかなかの良メッセージがありました。
 
  先日、ファミコンのウィザードリィ1をプレイしていた時のことですが、
 
 「ローブをきたおとこ」に襲われたときのことです。
 「ローブをきたおとこは かみついてきた」
 
  と、メッセージが出てきて、敵の攻撃がどういったものかを説明してくれたわけです。
 でも、このメッセージ、なかなかどうして、ランダムにできたものとはいえ、
 いい雰囲気を出していると思います。
 
  ローブを目深に被った正体不明の男が襲い掛かってきて、それが突然「かみついて」
 くるわけですから、これはもう狂気の産物。
 しかしてその正体はレベル1のまほうつかい。 ダンジョンで気が狂ってしまった
 魔法使いなのかもしれません。 かわいそうな限りです。
 
  すぐに殺してしまったわけで、こんな敵にストーリー性すらないわけですが、
 それはそれでリアルと言えばリアルです。こんな人がウロチョロしていて、
 ときおり簡単に殺されてしまう・・・。なんという殺伐とした世界でしょう。
 
  メッセージもうまく使うと、大きな効果を出せる。
 そう思ったしまうまでした。

聖闘士星矢 黄金伝説

  突然ですが、子供の頃、風邪を引いたら暇じゃなかったですか?
 しまうまは基本、健康優良児だったのですが、それでも年に何回かは風邪を引き
 学校を休んでいました。
 
  かなり小さいころは親が付きっ切りで見ていてくれたものですが、 
 途中から両親共に共働きになり、野放し状態になりました。
 
  こんなチャンスはありません。
 一日にゲームは一時間と決められていたしまうまも、風邪で学校を休んだ日は
 ここぞとばかりゲームをやりまくります。
 
  もちろん風邪なので、頭はぐらぐら、体は痛い、吐き気に目眩に朦朧とします。
 
  それでもチャンスを逃す物かとテレビとゲーム機をスイッチオーン!
 いざ、借りていたゲームをプレイします。
 
  そこでプレイしたのは 聖闘士星矢 黄金伝説 当時、週間少年ジャンプ紙上にて
 大人気連載マンガであった聖闘士星矢のゲーム化ですから、これは期待も大きいです。
 
 
  早速プレイします。このゲーム、当時のしまうまの周辺ではプレイしたがる人が多くて
 人から借りるのを待たなければならないほどのもの。これは風邪のうちにプレイしなくてはなりません。
 ケホンケホン。
 
 
  ε= o(+ω+,,) ゴホゴホ
 
 
  そしてゲームを始めたものの・・・ああ、どうもダメです。
 ボーッとした頭では、何をやっているのか分かりません。
 ひたすら街を歩いて、敵らしきものを倒していきますが、ゲームが進んでいるのか進んでいないのか
 よく分からない・・・。
 
 
  o┤,´д`,├o ダルゥ
 
 
  ついにはどうしたわけか、星矢をジャンプさせると目眩がピークに達する始末。
 頑張りもここまで、数日後には聖闘士星矢を返すことになりました。
 
 
  ヘッッ(*`゚Д´)(っ*`з´)っ・:∴クション
 
 
  それからしばらくのち、実はこのゲーム、あんまり出来が良くなかったらしく、すぐに
 人気は急降下、しまうまにももう一回貸してもらえることになったのですが・・・。
 
  プレイすると、なぜかあの時の吐き気が蘇るようになってしまいました。
 
 
  (lil-Д-)急ニ頭ガッ…
 
 
  ・・・風邪を引いているのに、ゲームをやっているからこんなことになったのね。
 
  結局、しまうまは 聖闘士星矢 のゲームをまともにプレイできなかったのでした。

catchcold.jpg
 
 
 
 
 

MK2 を探せ!

  ZOIDS2 ゼネバスの逆襲 というゲームの話なんですけど。
 
  しまうまはこのゲームを1回クリアした後、何かが足りないことに気がつきました。
 
 「・・・? ゴジュラスMK2 が無い・・・」
 
  無いんです、ゴジュラスMK2が、どこにもいない、編隊に加わらないうちに
 ゲームが終わってしまった。
 
 「???」
 
  そしてエンディングを見ていると、そこには確かにたくさんの MK2 が・・・。
 ゴジュラスMK2 だけではなく、アロザウラーMK2 やベアファイターMK2 シールドライガーMK2
 まで出てくるのです。
 
 「きっとどこかに隠されていのだ!」
 
  そう思い込んだしまうまは、都合5回以上、ゾイドの世界を冒険したのでした。
 
  
  しかし、見つからない。どこにも無い。
 情報もまったく無し、ネットの無い時代ですから、どうしても分からない。
 
  必勝本を買ってプレイするも、どこにも出てこない・・・。
 いったいどうなっているのかと思ったら。
 
 「実はエンディングにだけ出てくる。MK2はゲーム上では出てこない」
 
  だそうです。そんなバカな・・・。
   

老人とゲームの海

 
  中古ゲームの売り場に行くと、ごく稀にゲームを買いに来ている
 ご年配の方を見かけます。
 
  いちど、声をかけられたこともあります。
 
 「ねえ・・・このスーパーファミコンとかいうやつの、RPGというものはどれかしら?」
 
 「あなたたちぐらいの世代だと、カセットを見るだけでどういうものか、分かるのかしら・・・」
 
  いや、分かりますけど。
 
  どうも孫か何かにレトロゲームのRPGが欲しいといわれたのでしょう。
 しかし、その人は膨大な数の裸カセットを前にして呆然としていました。
 ま、そりゃそうだよね。
 
  そのお店は店内放送のBGMが極端にうるさくて、必要最小限の
 やりとりしかできなかったのですが、しまうまは基本 オタク なので、こういう時、
 語りたくなって困ります。
 
 

 「お子さんはおいくつですか? 小学生低学年の子なら、ドラクエ1・2がお勧めかな。
 これはファミリーコンピューターで発売されたドラゴンクエストの第1作と第2作目を
 1つのカセットにまとめたものです。
 続編のも別に出ていますから、これが飽きたら3作目も楽しめますよ。
  
  

 もう中学生? だったら ウィザードリィ5かな、少し難しいけど名作です。

 

 ちょっと変わったのをやりたい子だったら 真・女神転生1 とか  もいいですね。
 if というのも名作です。お勧めできます。
  
  

 ファイナルファンタジーもいいですね。スーパーファミコンでプレイできるのは
 4 5 6ですね。どれもいいですけど、4からやってみて、気に入ったら5、6
 とやってみたらいいと思いますよ。
 
  

 アクション要素のあるゲームがお好みかな?
 それなら ソウルブレイダー 天地創造 あたりをお勧めします。
 
 

 純粋にアクションゲームが欲しいならスーパーマリオワールドとか、間違いなく面白いです」
 
 
  


  こんな話を小一時間はする自信があります。
 
  でも、語られても迷惑だろうから、やめました。
 
  楽しいゲームをお勧めするコンサルタント業とか、ありませんかね?
   コンサルティング業

ゲームの略称 世代間ギャップ

  世代間における違いをジェネレーションギャップと言います。
 ウィキペディアによると
 
  ジェネレーションギャップ(Generation Gap)は、
 世代(時代)による文化、価値観、思想などの相違のこと。
 和製英語ではない。

 
  とのことです。
 
  ゲームの略称に関してもジェネレーションギャップはあるようで・・・。
 
  ゲームの略称なんですが、
 ファイナルファンタジーをファイファンと呼んでいる人がいて
 衝撃を受けました。ああ、自分は世代が違うんだな・・・と。
 
  もう、若い人に対してはファイナルファンタジーをFFと略しては
 いけないのだなと思いました。
 
  しかし、ある日別の若い人が
 
 「え? ファイナルファンタジー は FF って呼びますよ?」
 
 「ファイファン・・・? 聞いたこと無い・・・まぁ、なんとなく分かるけど」
 
  と言われ、混乱し始めてしまいました。
 
  考えてみたら、一口に世代と言っても、別に全員がまったく同じ
 環境で暮らしていたわけではないのですから、知識や経験が個人個人で違っていて
 当たり前なのです。
 
 
  特定の世代の人を十把一絡げに扱って考えること自体、良くないことなのでしょう。
 
 
 
  追記
 
  ファイナルファイトをFFと省略すると、混乱して楽しいです。
 
  

ゲームの略称 なんて呼ぶ?

  名前が長いものを、いつまでもそのまま呼んでいては日常会話が面倒です。 
 
  そして略称が生まれるわけですが、略称が発生し始めた頃は
 いろんなものが生まれます。
 
 
  ジャンプ紙上で最も長寿なマンガ、こちら葛飾区亀有公園前派出所は
 こち亀と呼ばれています。たまに亀有と呼んでいる人もいました。
 
  俺の妹がこんなに可愛いわけがない、は俺妹でしょうか、読みは おれいも
 でいいのかな。
 
 
 そもそもファミリーコンピューターすらファミコンと省略されます。
 
 ディスクシステムはディスクと呼ぶ人が多かったです。
 
 ドラゴンクエストは ドラクエ と呼ばれることが多かったように思いますが、
 人によってはクエストとも呼んでいました。なにを探しにいくのかな。
 (考えてみたら2、3のラスボスはドラゴンじゃないからいいのか)  
 
 ファイナルファンジーはいつのまにかFFになっていました。
 ファイファンと省略する人も多いみたいですね。
 ただ、ファイファンという略称は、登場当時には聞いたことがありませんでした。
 いつからあるのかはわかりません。
 
  ファミリースタジアム は ファミスタ
 
  女神転生 は メガテン
 
  スーパーマリオブラザーズ は スーマリ 
 (マリオブラザーズとの区別もしなくちゃいけないですし)
 
  桃太郎伝説は 桃伝
 
  桃太郎電鉄は 桃鉄(桃電では、音が被りますからね)
 
  ファイアーエムブレム のことを エンブレ と呼んでいる人もいました。
  微妙に分かりづらい気も・・・。
 
  ウィザードリィは ウィズ
 
  ボコスカウォーズ は ボコスカ
 
  信長の野望 は 信長
 
  戦国群雄伝 は 群雄伝
 
  武将風雲録 は 風雲録 という具合です。
 
  ダンジョンマスター は ダンマス です。
 
  マスター オブ モンスターズ は マスモン です。
 
 
 
  例文を作ってみた。 
 
 
  友達の家に行って、いろんなゲームをやりました。
 最初は スーマリ や ファミスタ をやったけど、途中で気分転換に
 ウィズ や ダンマス を見せてもらいました。
 アイマスは無いかと聞くと、無いとの一点張りでした。
 友達はマスモンをやっていました。
 ジュエルマスターはジュエマスなのかと聞いたら、なにそれ と言われました。
 ドラゴンマスターシルク なら ドラマスじゃね? と言われましたが、それはこっちが知りませんでした。
 信長は群雄伝よりも風雲録がお勧めとのことでしたが、時間が無いのでやりませんでした。
 
  時間になったので家に帰りました。 終わり。

 
 
  こんな感じかな?
 

マッピングの日々

 
  かつて、一大勢力を気づき上げたゲーム勢力の1つに
 ダンジョンRPGがありました。 具体的に言うとウィザードリィと、
 影響下にある(パクリ)の仲間たちですが。
 
  これらのゲームは画面に主人公視点の画像が表示されるだけで、
 地図のようなものは基本表示されません。
 
  地図は、自分で作りながらゲームを進めないといけないのです。
 この作業のことをマッピングと言います。
 
  
  実際、多くの子供たちがダンジョンRPGを挫折したのですが、
 その最たる理由がマッピングができない、あるいは失敗した。
 というものでした。
 
  しまうまが始めてまともにプレイしたダンジョンRPGはウィザードリィ5
 だったのですが、このころ、ウィザードリィにはすでにオートマッピングという
 機能がついていて、マッピングの必要はなくなっていました。

 
  
  しかし、マッピングに対する苦手意識をいつまでも持っていていいものか・・・。
 
  しまうまは悩み、ついにとあるゲームで初マッピングチャレンジしました。
 ゴルゴ13 イカロスの謎 というゲームです。

 
 
  それで、方眼紙片手にチマチマと始めたのですが・・・。
 
  マッピングが面白いということに、この時初めて気がつきました。
 地図ができていく快感というのでしょうか。
 建物を立体的に捉えていく感覚というか、手元でパズルが解き明かされていく
 感覚というか・・・なんともいえない面白さ。
 
  これをやってこなかった自分は、ゲーマー人生損していたことに気がつきました。
 
 
  世の中には地図マニアという人たちがいるそうです。
 かの伊能忠敬もそうだったという話があります。
 美しいマップを見てウットリできる人は、是非とも臆することなくマッピングに挑戦して欲しい物です。
 
  オートマッピング機能が付いているゲームでも、機能を切れるものもありますので
 マッピングを楽しむことは可能です。
 
 
  ・・・擬似的にマッピングを楽しみたい人は、世界樹の迷宮シリーズをどうぞ。
 難易度がハンパないですが、なかなか面白いです。

 
 
  レトロゲームで本格的にマッピングを楽しみたい初心者の方は、
 まず最初にウィザードリィに手を出すのは止めた方がいいかもしれません。
 やっぱり難しいですから。

ファミリートレーナー

 
  任天堂のゲーム機、Wiiで発売され、世界的なヒットになった
 Wiiフィット。このゲーム(?)を行うためにはWiiバランスボードという専用の台が必要になります。

 
  


  これを見たおっさんゲーマーはだいたいこう言ったことでしょう。
 
 「なんだ、ファミリートレーナーじゃん」

 

  いやまあ、プレイスタイルは似ている気もしますが、別物でしょう。
 
 
  一応説明。
 
  ファミリートレーナー 
 ファミリートレーナー(Family Trainer)は、バンダイが1986年にファミリーコンピュータ向けに発売した体感装置。
 日本国外ではPower Pad(パワーパッド)の名称で発売された。

 
  以上、ウィキペディアからのコピペです。
 
 
  たたみ半分ほどの大きさのマットを広げて床に置き、それを足で踏んで操作するという、
 言わば足踏み式コントローラー。
 
  これをバシバシと踏みつけることでゲーム画面のキャラクターが走り回ることになり、
 走ったり跳んだりする行為をゲームで疑似体験できるわけです。
 
 
  ほっかいしまうまは当時これに大変憧れ、一度でいいからプレイしてみたいと思っていました。
 とある友人宅に存在するとのことで、行ってやらせてもらったのですが・・・。
 
  とにかく疲れる! そしてうるさい。
 小さな子供とは言え、どたばたと足踏みすれば、そのおうちの方に迷惑をかけることは必須。
 マンションやアパートでは絶対にプレイできないことは請け合いです。
 
  
  結局、そのお友達も、広げたマットを手でパタパタと叩いてゲームをしていました。
 なんのトレーニングにもなっていません。姿勢が悪くなるだけです。
 
 「画期的なものだと思ったのに・・・」
 
 ほっかいしまうまのファミリートレーナーへの憧れは、あっさり無くなってしまったのでした。
 風雲たけし城のゲームとか、ちょっとやってみたかったですね。


 
 
  そして月日は経ち・・・。
 
  自分の部屋で おどる メイドインワリオ をやっていたところ



 
 「2階で しまうまちゃん が暴れている!」
 
  と家族が騒ぎになってしまいました。
 
  体を動かすゲームは、なんかほっかいしまうま的に鬼門のようです。

サタデーナイトフィーバー ジョントラボルタ   

CD-ROMの脅威

  ファミコンカセットを漁っていると、たまに見かける謎の文字
 
 「2メガの大容量ロムカセット!」

聖闘士星矢 未来神話ジャーヴァス がんばれ五右衛門


 
  なんのこと? となるかならないかは人によりますが、
 一応コレ、カセットの記憶容量のことですね。
 
  なお、当時、ファミコンで使われていた単位は ビット です。

カルビー チーズビット

 今では バイト が当たり前(?)ですから、ときたま ほっかいしまうま は
 中古のカセット売り場でビックリしたりします。
 
  2メガの容量・・・は、2048キロビット ということで、
 バイトに直すと256キロバイトですね、そんなの説明しなくてもわかるって?
 
  まぁまぁ、ここまでは前置きです。
 
 
  当時は半導体の製造がまたたくまに微細化していき、あっという間に
 さまざまなものが高性能化していった時代。ファミコンカセットに使われていた
 半導体も、すごい勢いで記憶容量が増えていきました。
 
 
  そして、そんななか、最終兵器とも言えるような圧倒的な戦力を持った
 記録メディアが登場します。
 
  CD-ROM。当時は大変画期的なものでした。
 
  なんせ 256キロバイトの容量で「大きさ」を自慢していた中に
 650メガバイト(で、いいのかな? ウィキによると当初は540メガバイト)
 の大容量が登場したのだから驚きです。
 
  650000キロバイトですから、まさしく桁が違います。
 
  ニコニコ動画で流れている動画、ゲーム機戦争で「光学兵器」と言われる所以ですね。


  
  今でも音楽を買うなら、CDという選択肢はあるわけですし、息の長いメディアになりました。
 
 
  ゲーム機用のメディアとしても登場し、その圧倒的な容量でもって
 PCエンジン~サターン、プレステ世代まで、ゲームデータ用のメディアとして活躍しました。
 (失礼しました、友人によると、PS2のゲームにもCDロムはけっこうあるみたいです)
 
  今でも同人ゲームなんかCDのものも多いですし、まだまだ現役のメディアなのでしょう。

迷子の迷子のしまうまちゃん あなたのおうちはズイガム・ボルド?

  これはほっかいしまうまがかなり小さいころのお話です。
 
 
  小学校1年ぐらいの頃に家族でデパートに行ったとき、しまうまは迷子になってしまいました。
 しまうま本人、いや、本馬は迷子になったつもりはまったくなかったんですけど。
 
 「デパートのおもちゃ売り場にテレビゲームのコーナーがあるから、そこにいなさい」
 
  ということでした。
 
  それでしまうまはエレベーターを使い、自分でデパートのおもちゃ売り場に行った・・・
 つもりだったのですが、行き着いた先は家電コーナー
 で、なんでか知らないけど、パソコンがたくさん並んで売っていたのです。
 
  パソコンはデモでゲームを表示していました。
 その中に ヴォルガード ・・・だと思うんですけど、シューティングゲームを表示している
 パソコンがありました。

 

  ゲームがプレイできるようになっているんです。それでしまうまは「ここにいればいいのかな」と思い、
 そのままパソコンコーナーに居座ってしまいました。
 
  すごく快適で、そこから動きたくなかったんです。
 なんせ当時、パソコンというものはそんなに売れるものではなく、売り場に来る人もほとんどいない。
 デモで再生? されているゲームを好き放題プレイできるわけです。
 
  いやもうホント、思い出してもこの世の春って感じ。
 ゲームを体験できるコーナーとか、当時からあったと思うんですけど、だいたい大きな子が
 ゲーム機を独占していて、小さい子は遊べないんですよ。それで、ここはいいなと。
 
 
  ヴォルガードのプレイ方法はほとんどわかんないんですけど、それでもゲームが好き放題に
 タダでプレイできるんでほっかいしまうまはそこにずっといたんです。
 ・・・親が探していることにも気づかず。
 
  家族はほっかいしまうまがおもちゃ売り場にいると思っていたので、まさかパソコン売り場にいると思っていない。
 しまうまは慣れないキーボードでひたすらヴォルガードをやっていました。
 
 
  倒せ! ズイガム・ボルド! という感じですか。
 
 
 (「ズイガム・ボルド」は、ヴォルガードのボスキャラです。人々を支配している巨大コンピューターです)
 
  いや、倒すべきはズイガムボルドではなく、ゲームをしたがるしまうまの欲求ですかね。
  
  ・・・今思うと、コンピューターに支配されていたのは、ほっかいしまうまだったのか。
 
  
 
 
  最終的には、「パソコン売り場に小さい子がいるのはおかしい」ということで覚えていてくれた
 デパートのお姉さんがしまうまを覚えていてくれて、それで家族を連れてきて、引き合わせてくれたのでした。
 
 
 
 いや、しまうま的には最後まで自分が迷子だったことに気づいていなかったのですが。
  

戦場の狼がクソゲー呼ばわり?

  カプコンの名作シューティングゲーム(・・・アクションなのか?)
 戦場の狼というゲームがあります。


 
  元々はアーケードのゲームだったのですが、ファミコンにも移植されました。
 
  当時のしまうまはいろんなことはまったく知らず、「なんか面白そうだな」と思っていました。
 
  とある知人が持っているとのことで、借りたのです。
 
 
 
  しかし、これは後から知ったのですが、なぜか数人の知人が
 
 「戦場の狼なんてクソゲーじゃん、だっせー」
 
  と全否定していたのです。
 
  しかししまうまはこのゲーム、面白かったんですよ。
 バシバシと敵と銃で戦いつつ、手榴弾もおりまぜ、隠された地下室を見つけつつ
 捕虜も助ける・・・。
 
  なにが面白くなかったのかな。
 
  戦場の狼を持っていた知人も
 
 「みんなこれをクソゲーだって言うんだ・・・」
 
 「しまうまは面白かったよ、いいゲームだ」
 
 「ありがとう、でもそう言ってくれるのキミだけだった」
 
  彼はとても寂しそうにしていました。
 自分のお気に入りのゲームをディスられて、悲しい思いをしていたのでしょう。
 
 
  心無い言葉で、人が人を傷つけるのはいけないことですね。
    
   

キム皇の110番

  少し長文です。
 
 
 
 
  週間少年ジャンプでファミコンの話題を扱っていた人気コーナーに
 キム皇の110番というものがありました。
 
  のちに単行本になりました。(必勝本のスタイルでした)
 そして、この本の中でほっかいしまうまは1つの出会いを果たすのでした。
 
  この本の中で、RPGの歴史が解説されていました。
 
  ファンタジーは『指輪物語』という小説から始まった。
 それまで存在していた「おとぎ話」とはまったく違う、新しいファンタジーだった。
  指輪物語の世界を基にして、ダンジョンズ&ドラゴンズ(略 D&D)というテーブルトークRPGが作られた。
 テーブルトークRPGをコンピューター上で表現しようとして
 ウィザードリィウルティマという、2大タイトルが生まれた。
 ドラゴンクエストはウィザードリィとウルティマのいいとこどりを目指している。

 
  という話でした。
 
  ・・・テーブルトーク?
 
  どんなゲームなのかな? パーティージョイみたいなボードゲームみたいなやつかな?
 
  難しいらしいね、ほっかいしまうまにはムリかな?
 
  いろんなことを考えていました。
 
 
  ジャンプで「バスタード」というマンガが連載していたころ、読者プレゼントで D&D が
 プレゼントになったこともあったと記憶しています。
 (vsサイクロプスのころ? 珍しい巻頭カラーでした)
 
  そこに、作家の萩原先生の言葉で
 
 「D&D すげー おもしろいよ!」 みたいなことが書いてあり、しまうまの興味はますますそそられます。
 しかし読者プレゼントは当たることなく、手に入りませんでした。
 
 
  中学校の頃、友人から運命的な誘いを受けました。
 
 「テーブルトーク、やってみない?」
 
 
  そのときプレイしたのは ソードワールド というもの。
 それ以来、しまうまはすっかりその遊びにはまってしまったのでした・・・。
 
 
  って、それで何の話かというと。
 
 
  ほっかいしまうまオリジナルTTRPGのルール『エフザビー』というものを作ったので、
 ホームページを作ってネット上に置いてあります。
 という話なのです。

 ぶっちゃけ、自分のホームページの宣伝です。
 
 TTRPGゲーマー人生1X年の集大成です。誰も見向きもしてくれないと寂しいです。
 
 
  オリジナルのボードゲーム(アナログですよ?)とかも作ったし、他にもいろいろ置いたので、
 誰かコピー機で作って、これで遊んでくれると嬉しいな。
 
  ほっかいしまうまはそわそわしながら待っています。
 
  
  リンク はブログの右の方、 カフェ俺 というところです。

迷子のキム皇を探せ!

 
  ファミコンで発売され、のちに記録的なヒット作品になる
 ドラゴンクエストシリーズ。
 
  その記念すべき第一作として1986年に発売されたドラゴンクエスト1ですが、その中には一風変わった仕掛けがありました。

 
  
  当時を知る人には当たり前かもしれませんが、今となっては昔の話。
 ご存知ない方もいらっしゃると思いますので、少々説明をします。
 
  当時「きむこう」を探せ! というようなイベントが、(たぶん)雑誌のタイアップ
 で行われていました。
 
  ゲーム中の世界、アレフガルドのどこかに「ゆうてい」「みやおう」「きむこう」
 の3人がいるので、3人がどの町にいるのか、調べ上げてハガキに書いて投稿する・・・。
 
  そんな企画だったと思います。
 
  ほっかいしまうまは発売日近くにドラクエを手に入れましたので、急げば きむこう を
 探すことができたのかもしれませんが、やはりそこは子馬の知能ではスピード攻略は
 不可能です。3人を見つけることはそんなに難しくなかったのですが、それでもこの企画の
 締め切りには間に合わなかったと記憶しています。
 
 
  あとで聞くと、どうもこの人たちは実在の人物を元にしたキャラクターだったとのこと
 (ドムドーラにいたという「ゆきのふ」という人物も、スタッフの1人のはず)
 
  小さかったしまうまはゲーム世界に製作者の名を冠するキャラクターがいるということに
 感動したのでした。
 
  ゲームの世界に行けば、憧れのクリエイターがいて、
 ゲーム世界で行方不明になった仲間を探している。

 
 なんかそれだけで一本のストーリーになるような気がして、楽しかったのです。 
 
  これ以降、ドラクエ1も何度かリメイクされますが、ゆうてい みやおう きむこう は
 もうゲーム世界にはいませんでした。
 
 なんかちょっぴり寂しかったほっかいしまうまでした。
 
  きっと2人は きむこう を見つけて、とっくの昔に現実の世界に帰ってしまったのでしょう。
 

スーパーマリオブラザーズ3 ナマシカVSしまうま

  ときおり我が家に来て、一緒にファミコンソフトを遊んでいたナマシカくん。
 ふとある日から スーパーマリオブラザーズ3というゲームを持ってくるようになりました。

 
  
  2人プレイがしたいとのこと、願ってもないことです
 
  早速やってみます。
 
 
  2人で順番に、マリオ、ルイージ、マリオ、ルイージとプレイしていきます。
 さて、そうこうしているとしまうまはトイレに行きたくなりました。
 
  ちょっと席を離れたのですが・・・。
 
  トイレから帰ってくると、しまうまのルイージの番です。
 それではプレイを始めます。
 
  さてステージクリアです、このゲームではステージクリア後に
 キノコやファイヤーフラワー、スターの絵が付いた「CARD」が貰えるのです。
 絵柄が揃うと残機がたくさんもらえます。揃わなくても一機はもらえるのです。
 
  それで、ここでルイージが3つめのキノコカードをゲットすれば残機が増える・・・。
 ってアレ? キノコカードがないよ?
 
  ふと横を見ると、ナマシカくんが口笛を吹いてそっぽを向いています。
 
 
 「いやー、わりい、取っちゃった」 。+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ
 
 
  ( ゚ ω ゚ ) ! !  ?! ?! ?!
 
 
  少年マガジンの如き効果が入ってしまいそうです。
 
  どういうことかと言うと、このゲーム、マリオとルイージが同じ場所で止まると
 マリオブラザーズ1のようなステージが始まるというおまけが入っているのです。
 このステージでは、相手から所持しているカードというアイテムを奪えるのです。
  これを使ってカードの受け渡し等もできるのですが・・・。
 
 
 「ほう? それならこちらも」 (・∀・)ニヤニヤ
 
 
  目には目を、歯には歯を、そしてカードにはカードを。
 ハンムラビ法典の精神です。
 
  ナマシカくんがステージをクリアし、よさげなカードを持っているところを見計らって
 しまうまがケモノの如く襲い掛かります。
 
 
 「スター、よこせ!」(。-∀-)ニヒ♪
 
 
  見事にスターを奪ったしまうま、しかしそこにナマシカくんの反撃です。
 
 
 「させるか! とりゃああーーー!」 (・∀・)アヒャ!!
 
 
  もう、クッパピーチ姫もどうでもよくなり、ひたすら2人でアイテムの取り合いです。
 まったく先には進みません。
 
  しかし、戦いは終わろうとしていました。
 
  ハンマーブロスが近づいてきたのです。
 
 
 「やばっ、ハンマーブロスだ」
 
 「何がやばいの」
 
 「オレ、ブロス苦手なんだよね」
 
 「・・・奇遇だね、オレも」
 
 
  2人仲良く、ハンマーブロスにタコ殴りにされました。
 残機が少なくなり、2人とも次の次辺りでゲームオーバーになりました。

ヘラクレスとしまうまの栄光

 
  ヘラクレスの栄光 というファミコンのRPGがありました。
 なかなかよくできたゲームなのですが、どうもほっかいしまうまの周辺では人気が
 ありません。


  

  ゲームシステムはドラクエ1に近いです。それを少し複雑化した程度
 のものと言えるでしょう。しかし、複雑になり過ぎることはなく、なかなか
 ゲーム性が高いと、ほっかいしまうまは思っております。
 
  特に 武器 防具 の使用回数 があるところはしまうま的にいい感じ。
 武具は消耗品ですから、壊れたりするのも当たり前と言えば当たり前。
 予備の武具をかついでダンジョンにもぐる準備をしている時とか、楽しかったのですが、
 周りの受けはいまいちだった様子です。
 
 
  
  そんなゲームですが、ほっかいしまうまは(人から借りて)プレイし、
 すっかり気に入ってしまったのでした。
 
  
  ところで、RPGって、あんまり貸し借りの対象にならないんですよね。
 1回貸しちゃうと長いから、だいたいの子供はゲームは1日1時間しかプレイできませんので
 クリアまでに20時間かかるゲームは20日かかっちゃう。 
 
  3週間って、小さな子供にとっては無限に近い長さですよ。
 それなのに、どうしてしまうまがヘラクレスの栄光を借りることができたのかというと・・・。
 
  これまた、誰もクリアできなかったからなのでした。
 
 「おまえ、やってみろよ、クリアできねーから」
 
  って感じです。このパターン、当時多かったですね。
 
 
  途中、詰まりやすい謎があったらしく、そこで諦める人もいましたし、
 もっとも多かったパターンが、最後のダンジョンが複雑すぎて攻略できない。
 というもの。
 
  ラスボスのハデスまで行くことができず、最後の最後で諦めることになってしまったのでした。
 
 
  しかし、しまうまは引っかからなかった。雑誌で特集していた攻略記事を読んだからです!
 ・・・とは言っても、それもラストダンジョンの一歩手前まで。
 このゲームのダンジョンは、マップのごく一部しか表示されないため、攻略のマップを見ても
 自分がどこにいるのかさっぱり分からず、迷子になるプレイヤーが続出したのです。
  
 
  それでしまうまはどうやってクリアしたかというと・・・
 
  キャラクターを最高レベルまで上げて、あとは時間を使ってひたすら歩き回るだけ。
 
  という方法でクリア。・・・なんだそれはと怒られそうですね。
 当時、しまうまは両親が共働きで家にポツンといることが多く、なんとゲームは
 やりたい放題し放題。なんと教育に悪い環境なのでしょう。
 おかげで今でもゲーム三昧です
 
 
  ヘラクレスの栄光のラストダンジョンで詰まったクラスメイトは、このしまうまの
 攻略方法に非難の嵐でしたが、そんなこと言われても、こっちは悪くないもん。(開き直り)
 
  しばらくの間、しまうまは「ヘラクレスの栄光をクリアしたヤツ」として、栄光に輝いていたのでした。

アトランチスの謎 無敵の空しさ

 
  アトランチスの謎SUNSOFTさんが発売したファミコンの
 横スクロールアクションゲームです。とにかく総ステージ数が多く、ボリュームたっぷりなゲームです。

 
 
  ・・・いや、というか、ステージが多過ぎて、何がなにやらわけが分からなくなっています。
 まあ、少ないよりは、足りないよりはマシかもしれませんが、とにかくどこまでいっても
 ステージが続く。100面あったという記憶があります。
 まあ、100面のうち、本当にクリアしなければならないステージはそんなに多くないのですが。
 
 
  従兄弟の家に行くと、従兄弟がかなりやりこんでいたアトランチスの謎。
 しかし、このゲーム、情報量は膨大で、小学生の小さな子供が普通にプレイしてクリアできる
 代物ではありません。
 
  従兄弟は力尽き、放り出していたのですが、ある日、俄然、やる気になっていました。
 
 「裏技でクリアする方法が分かった!」
 
  キャラクターをほぼ不死身にする無敵コマンドと、ステージワープで簡単クリアです。
 
  イケイケ従兄弟! と応援していたのですが・・・。
 
  十数分後、最終ステージを終えた従兄弟の燃え尽きた姿がありました。
 
 「・・・クリアした、でもつまらない」
 
 「???」
 
 「こんなに簡単にラストに辿り着けるなんて・・・オレの今までの苦労は何だったんだ」
 
  従兄弟は寂しそうにファミコンからアトランチスの謎のカセットを抜き取りました。
 これ以降、従兄弟は無敵コマンドや簡単攻略の類を嫌がるようになりました。
 
 
  無敵コマンドはほどほどに。 
 

ワルキューレの冒険が進まない!

  発売された順番からすれば、もう少し前にやっているべきソフトだった、
 ワルキューレの冒険
 
  ナムコさんが出した名作アクションRPGです。

 

 
  発売当初はクラスメイトが何人か遊んでいたのですが、みんな
 
 「クリアできねー」
 
  と言って、諦めてしまいました。
 パスワード式のゲームの上に、どうも謎解き・・・というか、クリア必須アイテムを
 集めるのが非常に難しい様子。
 
  ほっかいしまうまは怖くて手が出せませんでした。
 
  しかし、そんなある日、とあるクラスメイトがワルキューレの攻略記事
 を見せてくれました。
 
  これなら・・・これならいけるか・・・!
 
 
  しまうまとワルキューレの冒険が始まりました。
 
 
  
  正直に告白します。
 
  クリアできませんでした。攻略記事見てもクリアできませんでした。
 
  サンドラのたましい・・・だったかな、それを手に入れなければならないところで
 どうも手に入らないのです。(1つは出した記憶があるのだが・・・)
 なんか間違っているのか・・・。ララよあわれみたまえ!
 
  なんどかパスワードも間違え、なんかやる気はどんどん失せていきます。
 パスワードに数字のゼロとアルファベットのOが混じっているのが敗因でしょうか。
 
  0OO01I
 
  さすが小学生、疲れていたのかなんなのか、たまにこういうパスワードのメモ(一部)も見つかる始末。
 ゼロだかオーだかわかりません。数字の1とアルファベットのIも、間違えたかもしれない。
 
  そうこう思って棚を漁っていると、20年以上前のパスワードが残っていました。
 適当に残しておきます。どなたかここから冒険したい人はどうぞ、どこがどうなっているのか
 やっていたほっかいしまうまもさっぱりわかりませんが。
 
  間違えやすいので、アルファベットのオーは、カタカナの オ で表記しています。
 キーワード入力時には、アルファベットのOに戻してください。
 
 
 L5オ104HV6E61DK6035
 

信長の野望 戦国群雄伝 下克上としまうま

  以下は、ほっかいしまうまの記憶を元にかかれています。
 
  信長の野望シリーズ。
 日本の戦国時代を題材にしたシミュレーションゲームとしては
 一番有名どころでしょうか。
 
  
  信長の野望シリーズは、どこの大名家でプレイするかが
 ゲームを楽しむ重要ポイント。できるだけ楽しい大名家でプレイしたいものです。
 
  ・・・いろいろと考えた結果、戦国群雄伝では、ほっかいしまうまは足利家を担当することになりました。
 
  どうしてかというと、 大名の足利義輝の顔グラフィックスがかっこよかったこと、
 能力値が高い武将が1人いて、(軍師という存在になって、ゲームプレイにアドバイスをくれます)
 ゲームプレイがいくらか楽そうだったから。大した理由ではないですね。
 
  
  さて、では軍師 細川藤孝 さんと一緒に、ゲームは進みます。
 
  小学生時代のしまうまが気に入った作戦は「引き抜き」
 大名の魅力(というステータス)を使って、敵武将を、その兵隊ごと引き抜こうというもの。
 足利義輝は魅力100 最高ですので、セーブとロードを繰り返せば、かなり武将を引き抜けます。
                    ↑ずるい
 
  その後、摂津の国で「荒木村重」という武将をゲット。
 なぜかこいつを妙に気に入ったほっかいしまうまは、教育で徹底的に能力値を上げてやることに。
 自分の部下の中でもかなり上位に入るまでパワーアップ。
 
  で、将軍様は護衛の武将と一緒に、しばらく山城の国にいたのですが・・・。
 
  最後の戦いは小田原北条氏との戦い。
 これで勝てば天下統一です。
 しかし、足利義輝さま・・・いやいや足利しまうま様は飽きてきました。
 信長の野望に限らず、シミュレーションゲームって最後の方になると、単調作業みたいなゲームになりがちです。
  こっちが強過ぎるのでござる
 
  最後ぐらい、足利将軍が自ら出張るか。
 
  なんとなくそう思った足利しまうま。そうだ、お供に村重を連れて行こう。
 こんなに能力値を上げたのに、こいつ1回も戦っていない。と、連れて行くことに。
 
  足利義輝しまうま と 荒木村重 と 京極高吉 柳沢元政 の4人で、丹後若狭の国に辿り着いたとき、
 事件は起こった。
  
  荒木村重、謀反。
 
  荒木村重→(#`Д´)ノゴルァァァァァ!!
 
 
  京極さん→ *゚Д゚)*゚д゚)*゚Д゚)エエェェエェェ ←足利義輝

        柳沢さん↑
  
  しかも・・・直前でセーブしちゃった! 
 (あくまで記憶です、しかしセーブとロード繰り返せば、なんとかなったのでは??)
 義輝をガードしていた強力武将数名は山城に置き去り!
 完全に虚をつかれた・・・!
 
  ええい! 余は将軍なるぞ! やってくれる!
 
 
  村重→ (o゚ロ゚)┌┛Σ(ノ´*ω*`)ノ ←京極さん
 
  どこーん!! 村重強し。京極さん、瞬殺。
 
 
  村重→ (o゚ロ゚)┌┛Σ(ノ´*ω*`)ノ ←柳沢さん
 
  どこーん!! 村重強し。柳沢さん、瞬殺。
 
 
  村重→ (o゚ロ゚)┌┛Σ(ノ´*ω*`)ノ ←足利義輝
 
  どこーん!! 将軍、少しは頑張るもかなわず、撃沈。
 
 
  ・・・あ、義輝死んだ。
 
 
  ひどいじゃないか村重!
 
  これ以降、しまうまはどの信長の野望をやるときも、村重を信用することは無かったのでした。
 
  信長じゃないんだから、天下統一目前で謀反で死ぬなんて、あんまりですよ?!
 
 
 
 
  追記
 
  村重がなぜ謀反を起こしたのか?
 考えられる理由は2つ。裏づけ等は取っていないので、あくまでほっかいしまうまの推理です。
 
 1、荒木村重は、史実でも裏切り者なので、義理が低いか、野望が高いかで、謀反を起こしやすい。
 2、荒木村重と足利義輝は相性が悪く設定されている。
 
 1に関しては、戦国群雄伝に隠しパラメーター義理があったかどうかがよくわかりません。
 2に関しても、当時から相性という隠しパラメーターがあったのかはよくわかりません。

初めて聞いた縛りプレイ 魔界塔士SaGa

  動画投稿サイトさんでプレイ動画を見ていると、縛りプレイというものを目にします。
 ゲームプレイに様々な制約を作り、その中でプレイするわけですね。
 
  難関にチャレンジするもの
 
  こだわりを追求するもの
 
  いろいろとあるようです。
 縛りプレイというものがいつごろからあったのかはわかりませんが、
 ほっかいしまうまが小学生のころ、すでにやっている友人がいました。
 
  クラスメイトの亮くんです。
 
  それはずばり「魔界塔士SaGa」をモンスターだけでプレイする。
 というものでした。

 

  一応 う・ん・ち・く です。 
 魔界塔士SaGaというゲームでは、4人のキャラクターでパーティーを組んで
 ゲームを進めます。 人間、エスパー、モンスター という3つの種族(?)
 があるのですが、この中で「役立たず」呼ばわりされていたのがモンスターでした。
 モンスターはレベルアップという概念が無く、(このゲーム自体にないのですが)
 敵を倒したさいにたまにでてくる「にく」というものを食べて、突然変異を起こし、
 別のモンスターになる。という方法でパワーアップするのです。
 一応、法則はあるようですが、ほっかいしまうまはよくわかりません。
 
 
 「そんなこと出来るわけが無い」
 「最初の つるぎのおう が倒せない」
 
  いろいろと言われつつ、「いや、見込みはある」と、プレイを始めた亮くん。
 みんな、息を呑んで、次の日の朝を楽しみに待ちます。
 
 (小学校の教室に登校した朝のうちに、プレイ話を聞くのです) 
 
  亮くんによると、最初こそ苦戦したものの、それ以降はなんとかなった。とのこと。
 
 「最初が一番辛い、みんなの予想に近いね、全員 レッドブル なら、なんとかなる」
 
  とのこと。参考になりま・・・せんか。
 
 
 
  ラスボスとの戦いは楽勝だったそうで、
 亮くん曰く、最強モンスターは「スーパースライム」なのだそうです。
 
  スーパースライムは バッドステータスを受ける特殊攻撃がほぼ無効で、
 しかも持っている特殊攻撃「とかす」が、相手にダメージを与える上に
 与えたダメージ分、自分のHPを回復するというすさまじさ。
 
  ラスボス得意の特殊攻撃は一切効かず、裏技的必殺アイテムを使わなくても
 真正面から倒しに行って、楽勝で勝ったそうです。
 
  クラスメイトは スゲー! スゲー! の連呼。さすがにほっかいしまうまも驚きました。

 亮くん、英雄です。

 
  しかし、本人は冷静で
 
 「時間がかかって、疲れただけ、まあ、やりがいはあったよ、こういうの、またやりたいな」
 
  と語っていました。

昨日の友は、今日の敵  ツインビー2人プレイ

 
  ファミコンにはコントローラーが2つ付いています。
 これは、一台のゲーム機で同時に2人遊べるように配慮された設計です。
 
  ところで、
 
  ファミコン全盛期直撃世代の人は、当時の2人プレイにはいろいろと
 思い出があることでしょう。
 
  以下は、ほっかいしまうまのそんな記憶です。
 
 
  ツインビー
 
  元はコナミのアーケードゲームです。
 ポップなグラフィックと音楽で、独自の世界を作り上げた名作シューティング。

 
 
  
  知っている人には釈迦に説法ですが、一応書いておきます。
 このゲームでは、自機のパワーアップがあるのですが、その方法が、「ベルを取る」
 というものになっています。
 実際にどんなものかは、ユーチューブやニコニコ動画でどうぞ。
 
  しかし、このベルという物、一筋縄ではいかないパワーアップアイテムで、
 何発がショットを当てることで色を変えていき、(5発ずつ)色によってパワーアップ
 の内容が違うわけです。
 
  ショットを一発でも多く当て過ぎてしまうと、ベルの色が変わってしまい、
 狙ったパワーアップができなくなる・・・というところが、このゲームのミソでした。
 
 
 
  そう、この秀逸なるゲームシステムが、人間関係の地獄絵図をあぶりだすことになるのです。
 
  まさに「お前の物はオレの物、オレの物はオレの物」
 というジャイアニズムが支配する世界。
 
  ポップでキュートな音楽、世界観を台無しにするエゴのぶつかり合いが
 アナログテレビの中で繰り広げられるのでした。
 
  具体的には、ベルの奪い合いでしかないんですけど。
 
  きっと世の中のどこかには、キャッキャウフフしながら仲良くパワーアップのベル
 を分かち合っている心温かいハートフルなプレイもあったことでしょう。
 しかし、だいたいそうはいかない。
 
  ハートフルというよりはハートプライスレスと言った風情で、相手のベルを奪い取る
 それだけならまだしも、どうしても奪えないベルがあれば、ショットで
 破壊して、相手がパワーアップするのを阻止する始末。
 
  お釈迦様が垂らした、一本の蜘蛛の糸を、
 もののみごとに引きちぎるが如き様相
を呈し始めるわけです。
 
 
  
  それでまぁ、ものの見事に1面すらクリアできなかったのですが。

当時の遊び ミニ4駆

  ファミコン全盛期当時、他にもいろんなものが流行っていました。
 (流行っては消えていったものも多いです)
 
  ほっかいしまうまの記憶では、みんな大好きだったのがミニ4駆
 タミヤのおもちゃですね。熱中している人はとことん熱中していました。

 

 (知らない人に、一応説明を
 ミニ4駆はタミヤが発売したモーターで走るレーシングカー(?)のおもちゃです。
 電源を入れた後は、タイヤが回るだけでコントロールできませんので、専用のコース
 で走らせます)
 
  改造パーツとか、新しいタイヤとか、次々と発売されて、子供たちをトリコ
 にして行きました。
 
  ほっかいしまうまはお小遣い制ではないので買えなかったのですが。
 
  (´ノω;`)
 
  お小遣い制の子は、けっこう買って遊んでいたと思います。
 近所の中古ゲーム屋さんの中には、ミニ4駆を走らせる特設会場をセッティング。
 
  商売のスペースの半分を使う豪快さ。鬼気迫る形相で、子供たちがマシンのセッティング
 をしていました。
 
 (今も変わらないのかな?)
 
 
  ゲームつながりではないのですが、タミヤの社長さんによると、
 
 「ブームはマニア化と高年齢化で終わる」
 
  そうです。
 そういえば、このころ、プラモデルはかなり下火だったような気がします。
 それで、タミヤはプラモデルの世界に子供たちを引き込もうとして新しい
 おもちゃであるミニ4駆を開発したらしいですね。見事な戦略です。
 
  また、
 「マニアの言いなりになって経営した会社は必ず潰れる」
 
  だそうです。
 
 
  マニア化、高年齢化、マニアの言うがままに続編をつくる・・・。
 どこかにそういう業界があったら、もうそれは危ない所かもしれません。
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋