夏草やマルチメディアの夢の跡 後

  夏草やマルチメディアの夢の跡 前からの続きです。
 
  任天堂は早い段階でこの「マルチメディア機戦争」から
 降りていたそうです。(情報ソース ゲーム批評創刊号)
 (任天堂は、空虚な争いである、とコメントしたらしいです、裏はとれませんが)

 

  ゲーム批評の創刊号なんかはこの任天堂の姿勢をあざ笑っていましたが、
 のちに笑いものになったのはマルチメディア機を目指したマシーン達だったでしょう。
 
 
  確かに、映画も音楽もゲームも写真もマンガも全て再生できる機械は
 たいしたものです。(いや、パソコンがそうなったのですが)
 
  でも、人間はそうなってはいなかったのです。
 
  映画を見て、CDを聞いて、フォトCDで写真を見て、ゲームもプレイする。
 
  そんな多趣味で時間を余らせていて、金のある人間はまずほとんどいなかったのです。
 
 
  だいたいの人は、そんなに多趣味ではありません。
 時間もお金の余裕もありません。
 
 
  夢のマルチメディアマシーンは、ほぼ存在しない架空の購買層を標的に
 したビジネスだったと言えるのでしょう。
 
  また、なんとか完成したマルチメディアマシーンは、どれもこれも使いにくく
 コストが高く、性能(利便性、簡便性も含む)が中途半端でした。
 
  1つの機能に特化した他の機械に対して、優位性を持つことが出来ないのです。
 CDを聞きたい人は最初から機能が全て備わっているCDプレイヤーを買い求めます。
 わざわざ外部にテレビモニターとスピーカーを接続しないといけないゲーム機を
 買おうと誰が思うでしょうか?
 
  買うのはよほどの物好きかマニアだけです。
 
 
  また、マルチメディアマシーンはかなりの処理能力を要求されるため、
 かなりのハイスペックが最初から求められます。
 (セガサターンがほとんど使わないのにデュアルコアだったのは
 このためだったと聞いています)


 
  内部構成の複雑化は、高コスト化を招き、技術革新によると低廉化を妨げます。
 いいことはなにもありません。
 
 
  結局 マルチメディアという言葉は、掛け声倒れに終わったと考えるべきでしょう。
 って言うか、パソコンとかでいいですよね。
 
 
  (技術の特許とかの話もあるでしょうが、長くなるのでひとまず割愛します)
 
 
 
  ほっかいしまうまがサターンのツインオペレーターを買ってしまい、
 出番がまったく無かったからマルチメディアという言葉が嫌いになっている
 というのはここだけの秘密ですよ。

 
スポンサーサイト

夏草やマルチメディアの夢の跡 前

 
  そう、トゥハートのヒロイン、メイドロボのマルチ!
 とは、一切かかわりの無い話であることをまず記しておきます。


 
  詳しい話はウィキペディア等に譲るとしまして、
 かつてのゲームを巡るキーワードの1つとしてマルチメディア
 上げられると思います。
 
  ほっかいしまうまが知っている限り簡単にまとめると
 この言葉が広く使われるようになったのは1990年代、
 コンピューターの性能が飛躍的に向上した時代です。
 
  それまで 紙(本 新聞 写真 マンガ) 
 ビデオテープ CDプレイヤー 等に
 分かれていた様々な情報メディアだったわけですが、
 これらが全てデジタルデータにできるわけで、
 
 「じゃあ、全部1つの機械で再生できるようにしたらいいじゃん」
 
  ってなことで、マルチメディアマシーンなるものが
 考え出されました。
 
  インターネットに接続して
 
  ネット配信される新聞読んで
 
  動画配信で映画見て
 
  CDで音楽聴いて
 
  フォトCDで美しい写真を眺め
 
  ゲーム機としてゲームをやる!
 
 
  まさに夢のスーパーマシンが夢想されたのです。
 (パソコンじゃないかって? まぁくまぁ、とりあえずそれはおいといて)
 
  しかしそれは、悪夢でもありました。
 
  そんな機械が世の中に出て、そしてどこかの企業が
 その機械一種類で世界の市場の全てを制覇したらどうなることでしょう?
 
  ありとあらゆる娯楽産業は、その夢のマルチメディアマシーンを
 通してでしか商売が出来ないことになります。
 
  映画であれ、音楽であれ、ゲームであれ、全てはその
 マルチメディアマシーンを販売する会社の意のままです。
 
  誰かがそんな機械を作る前に、自分こそがそういう機械を作って
 商売するのだ! ってなノリの人たちが現れました。
 
  1990年代、多くのゲーム機が夢のマルチメディア機
 になろうとして頑張ったのですが…。  

バイオハザード 最初の04

 
 
  慣れとは怖ろしいものです。
 しばらくするとゾンビワンワンにもなれてしまい、
 そんなに怖くありません。(グロいですが)
 
  銃器で完全武装した状態なら、敵に負けることは
 そうそうありません。
 
  一番怖いのは生きている人間だと、スタッフは
 暗に伝えたかったのかもしれません。
 
  そう言えば、ゾンビ物と言えば映画ですね。
 最近はほとんど作られなくなったようですが、
 ほっかいしまうまが小さい頃はたくさんのゾンビ映画が
 作られていました。
 
  名作珍作、いろんなものがありましたが、
 ほっかいしまうまがかつて本で(バイオハザードの必勝本だったと思う)
 読んだ話では、ゾンビ映画の多くは戦争体験のトラウマを元に作られている
 そうです。(特にベトナム戦争の記憶なんだそうですが)
 
 
  一般市民に突然降りかかる理不尽な死
 
  殺しても殺しても出てくる強い敵
 
  次々と死んでいく仲間
 
  脱出は決して出来ない
 
 
  という説明でした。なるほど。
 今作、バイオハザードも様々なゾンビ映画の影響を受けているようです。
 古き良きゾンビ映画をこの機会にごらんになるのはいかがでしょうか。

   

バイオハザード 最初の03

 

  クランク片手に今日もほっかいしまうまは館の探索です。
 
  ところで、バイオハザードと言えば、クランクですよね。
 クランクでいろんな物をまわします。クランクなしでは移動も
 ままならない職場です。
 
  いくら秘密が多い研究所とはいえ、さすがにギミックが
 多過ぎではと青少年の主張です。
 
  シリーズが進んでもクランクは相変わらず登場。
 それならいっそ最初から人類全員クランクを所持していてくれれば
 いついかなる生物災害に襲われても安心と言うものです。
  
 
  閑話休題。
 
 
  このゲーム、バイオハザードで行われた恐怖の演出は
 音やグラフィックだけではありません。文章による
 演出も、恐怖に華を添えています。
 
  有名なところでは 「かゆうま」 でしょうか?
 
  あちこちで引用されているようで、元ネタが分からない人からしたら
 「なんのこと?」
 
  って感じでしょう。
 なお、ほっかいしまうまが始めて引用ネタとしてかゆうまを見たのは
 ニニンがシノブ伝でした。

 
 
  かゆ…うま… と言いながら食べると焼肉がおいしくなるそうです。
 
  以下、有名かとおもいますが、ゲーム内より
 抜粋させていただきます。
 
 飼育係の日誌
 
 May 9, 1998
 
 夜、警備員のスコットとエリアス、研究員のスティーブとポーカーをやった。
 スティーブの奴、やたらついてやがったがきっといかさまにちがいねェ。
 俺たちをばかにしやがって。
 May 10, 1998
 
 今日、研究員のおえら方から新しい化け物の世話を頼まれた。
 皮をひんむいたゴリラのような奴だ。
 生きたえさがいいってんで、豚を投げこんだら、奴ら、足をもぎ取ったり内臓を引き出したり
 遊んだあげくやっと食いやがる。
 May 11, 1998
 
 今朝5時頃、宇宙服みてえな防護衣を着たスコットに突然たたき起こされて俺も宇宙服を
 着せられた。なんでも、研究所で事故があったらしい。
 研究員の連中ときたら、夜も寝ないで実験ばかりやってるからこんな事になるんだ。
 May 12, 1998
 
 昨日からこのいまいましい宇宙服をつけたままなんで、背中がむれちまって妙にかゆい。
 いらいらするんで、腹いせにあの犬どもの飯を抜きにしてやった。
 いい気味だ。
 May 13, 1998
 
 あまりに背中がかゆいんで医務室にいったら、背中にでっけえバンソウコウを貼られた。
 それから、もう俺は宇宙服を着なくていいと医者がいった。
 おかげで今夜はよく眠れそうだぜ。
 May 14, 1998
 
 朝起きたら、背中だけでなく足にも腫物ができてやがった。
 犬どものオリがやけに静かなんで、足引きずって見に行ったら数が全然たりねえ。
 めしを三日抜いたくらいで逃げやがって。
 おえら方に見つかったら大変だ。
 May 16, 1998
 
 昨日、この屋しきから逃げ出そうとした研究いんが一人、射さつされた、て はなしだ。
 夜、からだ中 あついかゆい。
 胸のはれ物 かきむしたら 肉がくさり落ちやがた。
 いったいおれ どうな て
 May 19, 1998
 
 やと ねつ ひいた も とてもかゆい
 今日 はらへったの、いぬ のエサ くう
 May 21, 1998
 
 かゆい かゆい スコットーきた
 ひどいかおなんで ころし
 うまかっ です。
 4
 
 かゆい
 うま
 
 出典:『バイオハザード』原文

 
 
 
  と、なっています。
 (言い尽くされたことかもしれませんが、原文では かゆい うま なんですね)
 ウィルスに犯された人の心情がよく現れている名文です。
 
 高校の国語の教科書とかに掲載される日も、そう遠いことではないと思います。
 受験に出るかもしれませんね。
 
 
 「Tウィルスに感染した人物の心情を表した以下の文章のうち、最も適切なものを1つ選べ」
 
 1 風邪をひいたけど、おかゆがうまい。
 2 うまがかゆがっている。
 3 アンブレラ社のレトルトかゆはうまい。
 4 かゆにナガイモをかけて食べた、かゆいけどうまい。
 5 メロンアレルギーだけど、食べたらうまい。でもかゆくなる。
 
  おや、正解がない。
 
 

バイオハザード 最初の02



  ビクビクしながら ほっかいしまうまの館探索は続きます。
 
  長い廊下に出くわし、ソロソロと歩いていると…。
 
  がしゃーん!!
 
  窓からワンワンが大量に入り込んできました!
 (正式名称ケルベロス)
 
  タイミングもいいし、ナイスベスト恐怖シチュエーション!!
 恐怖界の萌えポイントです。
 
  まだ銃の扱いに慣れていないほっかいしまうまなので
 倒すのが大変。っていうかここで一発ゲームオーバー受けて
 しまいました。
 
 
  ゲームオーバーしてしまったのでロードしてもう一度。
 
  がしゃーん!!
 
  ひぇぇ! 慣れません。やっぱり大きな音はいい恐怖ですね。
 
  しかし今度はなんとか倒せました。
 ここいらで回復しておきたいところ、バイオハザードで回復
 と言えばハーブですね。
 
  そのままでは効果が弱いハーブも、色とりどりのハーブ
 と混ぜることで効果アップ! 気分はもうねこのしっぽベニシアさんです。


 
  ゲーム本編の恐怖を忘れて薫り高きハーブの世界に浸ることが出来ます。
 
 (草が好きなんですかね。ウマだけに!)
 
 (大変失礼しました。)
 
  アイテムの所持に関しても心配いりません。ヌーヌー的に。
 ところどころにある4次元ボックスに入れておけばどこでも取り出せるという
 悪魔のような便利さ。
  
  この4次元ボックスもアンブレラ社の製品なのでしょうか?
 Tウィルスなんかより、このテレポーテーションボックスの方が
 よっぽどすごい技術が使われている気がします。
 
 
  
  さて、ゲームもだいたい慣れてきたほっかいしまうま、
 ショットガン片手にゾンビを狩っていきます!

ホラーゲームとほっかいしまうま

  突然で申し訳ありませんが、ほっかいしまうまはホラーゲームが大好きです。
 
  怖い思いをするのが好きだというわけではなく、演出や表現、
 サバイバル的な要素が好きなんですね。
 
 (作品を見ているだけなら外から目線で見ていられますし)
 
 
  ただ、ホラーを題材にしたゲームは、レトロゲーム、特に古い世代
 のゲーム機にはほとんど無いのが現実でした。
 
 グラフィックに頼ることが出来ない、ファミコンなら下手をすれば
 テキストに頼ることも出来ないわけですから、ホラーを表現せいって
 言っても、それは無茶と言うものでしょう。
 
  スゥィートホームという名作もありますが、他はどうだったのでしょう。
 ファミコン探偵クラブとか?
 暗黒神話 ヤマトタケル伝説 ぐらいでしょうか。
 (暗黒神話は怖くないって?)

   

 閑話休題。
 
 
  最近ではいろんなゲーム機でホラーゲームが出ています。
 
  それもそれでいいのですが、フリーゲームのホラーがなかなか
 良い物もあります。(お金もかかりませんしねぇ)
 
  今でもあるのかな?
 碧の黙示録というゲームが好きで、かなりやりこんでいました。
 (今でも動くかどうかが問題ですかね。ベクターにあるようですが)
 (2013/9/15確認 ほっかいしまうまのウィンドウズ7パソコンで動作確認しました)
 
 
 
 他に 首のない子の話 とか面白かったですね。…みんな今となっては古いなぁ。
 
 
  ホラーゲームがいっぱい増えて、中古ゲーム売り場にホラーゲームが
 あふれかえるようになったら幸せですね。 

バイオハザード 最初の01

 
  そして、プレステで画期的な新ゲームが発売されます。
 
 (今思うと、プレステ1はファミコン時代のようにゲームの可能性を
 求めていろいろと模索していた時代だったように思えますね)
 
  カプコンバイオハザードです。


 
 『バイオハザード』(BIO HAZARD, 日本国外ではResident Evil)
 は1996年にカプコンより発売されたプレイステーション用ホラーアクションアドベンチャーゲーム。
 その後様々なプラットフォームに移植される。略称は『バイオ』など。

 
 
  一応、ウィキよりの抜粋です。
 ゲームをプレイしたい方は今ならゲームキューブ版かWII版をどうぞ。

 

 なお、年齢制限があるようです。子供はもうちょっとまとうね。
 
 
  さて、ほっかいしまうまは12歳児ですが、プレイします。
 
 
 
  以下はその記憶です。
 
  唐突に始まる映画のように迫力のあるシーン。
 なんでも変な犬に襲われているようです。
 
 (∪^ω^)わんわんお!
 (∪^ω^)わんわんお!
 (∪^ω^)わんわんお!
 (∪^ω^)わんわんお!
 (∪^ω^)わんわんお!
 
  プレイステーションの光ディスクの威力を使い、
 ムービーシーンでは台詞が飛び交います!
 
  ですが、演技がへたくそ過ぎます。
 
  ここの声優は超ド下手で有名です。
 
  すさまじい棒読みが気になり、せっかくの
 ホラー雰囲気も台無しですが、ムービーシーンはほとんどないため
 それほど問題はありません。
  
 
  謎の羊羹を調査に来たほっかいしまうま達調査チームは
 建物に入り、難を逃れます。
 
  先に入っていたメンバーがいるはずですから
 そいつらを探しつつ館内を進むことになります。
 適当に館内をほっつき歩いていると
 
  なにやら ぴちゃぴちゃ むしゃむしゃ と何か音を立てて
 食べている人が居ます。
 
  ほっかいしまうまがモナカアイスクリームを食べているわけではありません。
 
  
  そこではゾンビが人を食べている猟奇シーンがー!!
 
  ひぇぇ!
 
  このシーンのゾンビは当時、ほっかいしまうまの知人の間では
 かなり有名なトラウマシーンになりました。
 今見るとへぼいですね。
 
 
  さて、恐怖のあまり照準が狂い、敵にうまく当てられませんが、
 そこはなんとかダメージを受けつつ敵を倒します。ふぅ。
 
  どうやらとんでもない恐怖の館に入り込んだようです。

ポリゴンと僕

 
  ポリゴンと言っても某ポケモンではありません。
 
  プレイステーション(PS1)以降多くのゲームで
 採用されるようになった擬似3D表示のことです。
 
 (何が擬似なのかよく分かりませんが、手持ちの書籍にそう書いてありました)
 (完璧な3Dはホログラムか何かなのでしょうか)
 
 
  ほっかいしまうまが生まれて初めてポリゴン画面と出会ったのは
 そう、スーパーファミコンスターフォックス…! ではなくて


 
  どこかのパソコン売り場にあったパソコンゲームでした。
 
  四角い箱にしか見えない「戦車」らしきものが平坦な原色世界で
 戦っているというなんだかよく分からないものでした。
 (ゲーム名等は分かりかねます)
 
 
  そのゲーム画面はそれまでの2Dドットゲームとあまりにも違う。
 どうやって知ったのは覚えていないのですが「ポリゴン」という新技術
 で作られたゲーム画面だと知りました。
 
 
  そしてポリゴンで画面が作られたゲームを始めてプレイしたのは
 スーパーファミコンのスターフォックスでした。

 ちょっとしかやらなかったのですが、それまで存在していた
 
  縮小拡大を駆使した3D表現とは違う、もつと別次元の画面だと感じたものでした。
 
 (ただ、敵と自分の相対的な位置関係が分かりづらく感じました)
 
 
  こんな画面しか表示できないなら、このポリゴンと言う技術が
 ゲームに全般的に使用されるのはだいぶ先になるだろう。
 
  そう思っていたのですが、時代はすぐに訪れました。
 
  プレイステーションの発売です。
 
  まぁ、今見ると、プレステのポリゴンも、随分なポリゴン不細工でしょうが、
 当時としてはかなり画期的だったのです。
 そして、これ以降、多くのゲームがポリゴン無しでは語れなくなっていきました。
 
 (って言ってるわりに先にサターンを買ってしまったのですが)

 

魔界村

 
  以下の文章はファミコン版の記憶の物です。
 
  ファミコンゲームというとどういうわけか
 
 「激しい難易度」
 
  と考えられている節があるようです。
 永遠の12歳児のほっかいしまうまとしては
 ファミコンレベルの難易度は当たり前なのですが
 (ゲームにもよりますが、そんなに難しくないですよね?)
 
  それにしても当時から難易度が高いとして有名だった
 ゲームもあります。
 
  代表作の1つはこの 魔界村 でしょうか。



 もともと難易度が高いということが1つの売りだったようで、
 
 「クリアできるものならやってみろ!」
 
  というビデオゲーム黎明期にはよくあった雰囲気が
 残っている気がします。
 
  ほっかいしまうまは2面クリアまでしか出来ないのですが
 他の人たちはどうだったのでしょうか?
 クリア動画等も普通にあるようですし、攻略は充分可能なのでしょう。
 
 
  ただ、この魔界村というゲームの難易度に関しては
 ファミコンならでは問題もあったようです。
 
  このゲームはアーケード版のファミコン移植なのですが
 どうしてもアーケードの基盤よりもファミコンは性能が落ちますので
 いろいろと本来のゲームとは違う処理がなされています。
 
  当時、アーケードゲームで魔界村に慣れていた知人がファミコン版をやったところ、
 1面のレッドアリーマーが倒せないとしてやめてしまいました。
 ほっかいしまうまの個人的感想なんですがアーケード版とファミコン版では挙動が
 違うみたいですね。
 
 (ファミコン版の方がレッドアリーマーの動きの条件がえげつない気がします)
 
  あくまでも個人的感想なのですが。
 
  アーケード版で慣れた人も、もういちど新しいゲームをやる気持ちで
 ファミコン版をプレイするといいかもしれません。余計なお世話ですか。
 

ケルナグール


 
  『天下一武士 ケルナグール』(てんかいちぶし ケルナグール)は、
 1989年7月21日にナムコより発売されたファミリーコンピュータ用ゲーム。
 中国拳法をテーマにしている。ゲームスタジオ・遠藤雅伸の作品。
 プログラマーは内藤智。「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第62弾。
 ケルナグールという名前は「Beep」誌掲載の遠藤の言葉によれば、テレビアニメ
 『戦国魔神ゴーショーグン』の登場人物の一人、ヤッター・ラ・ケルナグールに由来する。
 

 
  以上、ウィキより抜粋です。
 
  ファミコン中後期に発売された格闘ゲームにしてRPG
 という変わったシステムのゲームです。
 
  当時のテレビCMを見ていたほっかいしまうまはやりたくて仕方ないけれど、
 さすがにゲームを買ってもらうことができず諦めていたのですが、
 それから数年後のとある日、格安で知り合いから譲ってもらえるとのことで
 「欲しい!」と一言、譲ってもらいました。ナイス。

 
 
  しかし、その時譲ってくれた彼から一言が。
 
 「…クリアできなくても当たり前のゲームだから…」
 
  え? なに? そんなに難しいの?
 
 
  そしてやってみると…。
 
  いや、難しいというよりは、覚え切れないと言うか。
 メモとかマップ作成とかしないと多分クリアできない。
 必勝本でもいいと思うけど。
 
  各町に特産品があり、それをあっちに持っていってこっちで交換、
 交換したらそれをそっちに持っていって別のところで交換と、
 それが続くのですが途中でダウン。覚えきれるもんじゃあない。
 
  いろいろとやってみたのですが、心折れ、途中でやめてしまいました。
 なんてこったい。
 
  ところで、ケルナグールの題名、ティルナノーグとは関係ないみたいですね。

  
 

パンツァーフロント ソ連編


 
  勇気と豪胆の模範を示せ! 各車前進!
 
  さて、ソ連軍でのプレイです。
 せっかくゲームですからノリノリで遊びましょう。
 
 広大な草原、雪原でドイツ軍と物量でぶつかる豪快な
 戦いが楽しめることでしょう。
 
  人命軽視の戦い方だって? いやまぁ、反論できません…。
 
  あの凶悪な性能を持つティーガー戦車に突進して戦うと
 本当に怖いです。ゲームだから何回も死ねてよかった。
 
  T-34という名戦車(でもヤラレ役)を使いつつ
 ハーケンクロイツの侵略から祖国を守ろう!
 
  って気分でゲームをプレイすれば楽しいと思う。
 
  ただ、ほっかいしまうまはネヴァ川をぷたぷたと走っている
 あのプロペラそりみたいのが可愛くて延々と見ていたりしました。
 
  おや、同志が全滅している。
 
 
  しかし戦車物のゲームって流行らないのでしょうか?
 続きが欲しいところです。PS3でもPS4でもWiiUでも
 素晴らしいゲームができるでしょうに。
 
  埋もれさせておくには本当にもったいないゲームだと思うのです。
 
 
  え? 戦車キョーミ無い? そ、そうですか…。
 
 
  最近のマイブームは機関銃で対戦車砲を破壊することです。

パンツァーフロント アメリカ編


 
  第2次世界大戦のアメリカと言えばヤラレ役!
 いや、イギリス軍の方がこてんぱんにやられるイメージが
 あったり無かったりしますが、このゲームではイギリス軍は
 おまけなので、あくまでもアメリカ軍がメインです。 
 
  イタリア? ああ、そんなのもいたっけ?
 
 
  アメリカ軍を象徴する戦車と言えばシャーマン戦車
 車高が比較的高く、なにやらまるっこくて可愛い印象の
 戦車です。
 
  日本軍相手には鬼神の如き強さを発揮しますが、
 ヨーロッパ戦線ではシャーマンはパンターティーガーの前で
 炎上しているイメージがお似合いです。
 (すさまじい偏見に満ちています)
 
 
  しかし、そんな弱い戦車を駆使して強敵を倒すのも一興です。
 いやまぁ、そんなに弱くはないので、それなりに戦えるのですけど。
 
 
  ほっかいしまうまはドイツ軍のステージよりアメリカ軍のステージ
 が好きだったらしく、サン・ジャン・ド・ディ ポトー ル・デゼールを
 よくやっていました。
 
  対戦車砲やトーチカ化したおうちに榴弾砲を撃ちこむの楽しいです。

スーパードンキーコング

  デュアルオーブの衝撃も覚めやらぬ中、やはりこの辺で
 本当に良いレトロゲームを紹介しておかないといけません。
 当ブログなど風の前の塵に同じです。
 
 
  スーパーファミコンカセットではほっかいしまうまが
 大好きだったスーパードンキーコングの話などを少々。
 
 お時間ございましたらお付き合いくださいませ。

 
 
  かつてファミコンドンキーコングというゲームのシリーズがありました。
 ウィキペディアによると当時は版権等でいろいろもめたようですが、
 ドンキーコングは任天堂の物だそうです。ふーん。

 
 
  まぁ、そんなことは関係なく、子馬だったほっかいしまうまは
 
 「ドンキーって、キングコングの仲間?」と危険な発言を連発しつつ
 プレイしていました。
 
  そんなドンキーコングもファミコン初期には大量のシリーズが出たものの
 (元はアーケードゲームようですが)
 
  途中からぱったりと出なくなってしまいました。寂しい限りです。
 嫌いじゃ無かったよ、猿。
 
  ところが、そんなお猿さんゲームがスーパーファミコンになって
 帰ってくるというじゃありませんか、これは素晴らしい、やってみたい!
 
  そうしていると所持しているというクラスの友人を発見!
 早速借りてみます。買えって話ですね。
 
 
  ゲームのノリは、基本的にはスーパーマリオブラザーズのそれに近いです。
 マリオ好きでスーパードンキーコングをプレイしていない方にはお勧めできます。
 
  ただ、ほっかいしまうまはなぜか「酔う」のですが、
 どうしてでしょうか、分かりません。
 
  可愛らしく、分かりやすい動物軍団がいっぱい出てきて、そんなに暴力的ではない
 今作品、お子様にも勧められる一本となっております。
 ただ、任天堂のゲームというものはなかなか難易度の高めなものが多いと言う
 個人の印象。このゲームもそれなりに難しいです。
 
 

デュアルオーブ 5 サラディンの武具

 
  以下ネタバレ含みます。デュアルオーブ未プレイの方注意です。

 
 
 
 
  以下ネタバレありです。
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  SFCソフトデュアルオーブの旅は続きます。
 船を手に入れる町がなかなか見つからず、途方に暮れていたのですが、
 思った方向とは文字通り斜め上の方に町がありました。
 
  それならそうと言って欲しかった。
 
  サラディンとか言う人(故人)の持ち物を集めたらいいと思う。
 
  みたいな流れになってきましたので、早速やってみます。
 
 
  レベル上げしつつダンジョン攻略。
 それにしても たいようのかけら というアイテムが強力すぎです。
 敵モンスターとのエンカウントを一切遮断するというアイテムなのですが、
 ドラゴンクエストトヘロスなんかはダンジョンで効果が無かったのに対し
 このたいようのかけらはダンジョンでも効果があるというかなり大変な
 アイテムになっています。 
 つまりお金さえあればダンジョンがクリアできるのですね。
 (効果時間は短いのですが、たくさん買えばいいのですし)
 
  
  一抹の不安を残しつつもサラディンさんのアイテムがあるダンジョンは
 全て攻略。そしてボス戦です。
 
  …なんか唐突な展開ですね。
 
 
  えーと何?
 地底世界に行って、ろくましょう を倒して来い?
 
  …なんか、こー、すごいクソゲー臭がプンプンするのですが。
 
  と、とりあえずネットで調べてみよう。
 
  うーん。クソゲー評価のオンパレードですね。
 
  とりあえずギプロス廃鉱というところで力尽きました。
 よほどやる気になったら復活しますね…。

奥様補正

 
  最近、ちょっと気になることがあるってだけの話です。すみません。
 
 
 
  最近の光栄のシミュレーションゲームには女性武将
 が多数登場、ゲームの華となっています。
 
 
  三国志信長も、ちらほらと女性武将がいらっしゃるようです。

  

  それはそれで結構なことで、歴史を見れば戦う女性も
 結構居たわけで、女性が登場すること自体はいいことなのですが、
 ちょっと気になることがあるのです。
 
 
  山内一豊さんです。

 この人、奥さんの千代(名には諸説あり)さんの内助の功が有名なのですが、
 そうなると能力値のほとんどが実は奥さん補正が入った上での能力じゃないかと
 思っていたのです。(全能力+30くらいは底上げされている気がする)

kazutoyo-img
 
  とするとです。
 女性武将が別に登場してしまうと、千代と一豊が分離されることによって
 一豊の能力値が本人の分だけになってしまうのではないかと思うのです。
 
  そうなると一豊さんはダメ人間になってしまいます。
 さらに人材登用する側からすれば
 
 「だんなの方はいらないけど、奥さんは頭いいから働いて欲しい」
 
  ということになってしまいます。
 夫婦を分割するにしても、なにかいい方法は無いものかと
 考えたのですが、思いつきませんでした。
 
 
  鄭問之三國誌というゲームでは奥様方は武将の能力値を上げる
 追加パーツのような形で登場していました。
 あれはあれでゲームシステムとしてはいいのかもしれませんが、
 アイテム扱いというのもいかがなものかと思うし、難しいなぁ。




この度、画像を勝手にお借りしてきた御書籍はコチラとなっております。
コアな歴史フアンをクスッとさせる極微細なエピソードがてんこ盛りでございます。
是非ご一読を…

 

パンツァーフロント ドイツ編


 
  プレイステーションで出ていた戦車シミュレーターです。
 
  硬派な世界観、重厚な音楽。
 可愛いガールズなんて欠片も出てこないぜ! パンツァーフォー!
 
  ガルパンを連想してしまった戦友は小林源文で画像検索して
 心をキレイにしてくるといいと思う。
 
 
  さて、素晴らしいゲームです。パンツァーフロント
 ほっかいしまうま的には PANZER FRONT bis. がお勧めです。
 プレステ2? はてなんのことですか。

  
  
  戦車のことなんか大戦略程度の知識しかないぜ戦友!
 しかしまぁ、なんとかなるものです。


 
  ドイツ軍の場合プレイヤー戦車はたいていティーガーですから
 、まさに無敵の重戦車として連合軍を叩きのめすことが出来ます。
 ステージ後半ではティーガー2が登場。
 T-34の群れを吹き飛ばすさまはまさに鬼神の如き強さです。
 
 
  しかしそんな強戦車ばかりに乗っているようでは
 いっぱしの戦車兵とは言えません。
 
  4号戦車3号戦車ナースホルンも愛したいところです。
 パンターは強い。
 
  よわっちい戦車でちまちまと隠れながら戦うのもおつというもの。
 
  今日もクルスクの戦場がほっかいしまうまを待っています。
 
 
  続編が欲しいなぁ…。
 

SDガンダム ガシャポン戦記 Episode One

 
  昔はよくシリーズが出ていたのに、急にぱったりと
 出なくなってしまったゲーム。 ガシャポン戦記
 
  ゲームキューブウィーで出たもののそれっきりで
 やっぱり奇蹄類ウマ目の不満は高いです。
 
  ってか、金を払ってユニットを生産するシステムがいい。やっぱり。
 
 
  もう出ていないのだろうと思っていたのですが、
 なんと1999年にワンダースワンで完全新作が
 出ていたとのこと。
 しかもファミコンのガシャポン戦記、直系のゲームです。


 
  これは素晴らしい! 早速買ってプレイです。
 
 
  ほっかいしまうま的にはワンダースワンカラー十字キー
 が苦手なので、スワンクリスタルにてプレイします。
 アクションゲームで十字キー(とか)は命です。
 
 
  面白いことは面白いです。ちょっと不満がありますが。
 コンピューターが操るモビルスーツがそんなに強く感じられません。
 
  あとムサイ作りたい。安い戦艦でネチネチ戦うのが好きだった…。
 
 ファミコン版の頃のようにコンピューターの強さが選べないのです。
 その替りなのか所持資金等でハンデをつけることが出来ますので
 (ファミコン版でもできたな…)
 そこで調整してくれってことでしょうか。
 
 
  ようやく最後までプレイしたのですが、アクシズ軍が強過ぎる気がします。
 (あくまでも一通りやった程度なのですが)
 
  可変型は移動時に地形で移動力が低下しないのですが、
 そのため量産の可変型がかなり強いです。ってかガゾウムつえー。
 
  ズサ無双はなくなったものの、ギレンの野望といいなんといい、
 バンダイにはアクシズ贔屓の開発スタッフでもいるのでしょうか。

  
 
  とりあえず携帯ゲーム機での ガシャポン の新作がやりたいです。
 バンダイナムコさん、課金コンテンツ無しで是非1つ作って欲しいと
 ネットの片隅で祈っております。

バトルシティー

 
  とある日、友人が遊びに来てくれたのですが、なんかやることがない。
 
 「ゲームでもやろうぜ!」
 
  ってな感じで大量にあるゲームを漁ったものの、最終候補になったのが
 
  ナムコの バトルシティーでした。


 
  いちおううんちくです。
 『バトルシティー』(BATTLE CITY)は、1985年9月にナムコ
 (現・バンダイナムコゲームス)から発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。
 本作は、アーケードゲーム『タンクバタリアン』(1980年同社作品)のリメイク作品である。
 同社の『ワープマン』同様、ゲーム画面をはじめとするキャラクターのグラフィックが一新
 され、協力・対戦プレイやパワーアップ要素などゲーム内容が強化された。
 これらが功を奏し、ファミコンブームを支える中堅タイトルとしてヒットした。

 
  以上、ウィキペディアよりの抜粋です。
 
 
 
  なんでこんなもので盛り上がっているのかと語り合ったのですが、
 
 
 わらわらでてくる敵を
 
 ズバズバやっつけつつ
 
 本陣を守る
 
 
  というシンプルかつわかりやすいルールの為でしょうか、
 楽しいひと時を過ごしました。
 
  そういえばゲームセンタータンクゲームでも盛り上がっていたな。
 
  
  いっそ ガルパンの戦車ゲームが パンツァーフロント と混ざった上で
 でてきてくれませんかね?

  
 

ついに リンクの冒険ゲット!

 
  ほっかいしまうまがかつて聞いた話に寄れば、
 9月~10月ぐらいも引越しシーズンとのこと。
 
  この時期にいらなくなったアイテムを置いて行く
 ハードゲーマーはいっぱいいるに違いない。
 
  そう思い、近所のハードオフに行ってきます。
 
 
 
  そこで出会った リンクの冒険! ジャンクですが!

 
 
  いや、ネットのどこかで買えば早いでしょうが。
 こう、中古屋で探し当てるのも楽しみの一つとなっている
 ほっかいしまうまとしては、こういうことこそレトロゲームの醍醐味でも
 あるのです。
 
  ディスクシステムに入れたところ、ちゃんと動きました。
 
 
  今まで動かなかったのは、  タイムツイスト 前編 ぐらいですね。
 
  うぉーん! 後編は動くっぽいのにー! これだから前後編で
 別れているディスクは鬼門なんだ!
 
  タイムツイストの前編だけをどこかで手に入れなくては…。
 ネットで探せば、すぐ買えるのは分かっているのですが。
 
  

デュアルオーブ 4 ショッキング!


 
  ゴブリンなんか楽勝だろう。
 そうたかをくくっていたのですが、なかなか手ごわいです。
 
  しかし少しずつダンジョンを進み、ほっかいしまうまも
 ついに迷宮の最奥へ、そこで先んじて行動していた リズ という
 名前の女戦士と出会いました。パーティーメンバーゲットですね。
 
 
  ボスゴブリンとその手下との対決です。
 バランスがうまく取られていて、かなり強いボスでしたが
 なんとか倒せました。しかし近づいたら突然ボス戦が始まるものだから
 ちょっと準備が出来なかったですよ。
 
 
  さて、子供を1人だけ助けて地上へ、城に帰ります。
 
  ???
 あれ? さらわれた子供って、いっぱいいましたよね?
 
 そう思い、ダンジョンをもう1回行きますが、もうそこには誰もいません。
 
 
  ???
 城に帰ると、子供が帰ってこなかった家族が悲嘆にくれています。
 子供が帰ってきた家族と、帰ってこなかった家族の対比がかなりダークです。
 
  …ダンジョンになんか無いのかな…
 もう一度ダンジョンに潜ってみると、別ルートがありました。
 
  ゴブリンの倉庫でしょうか?
 そこには宝箱があり、中には一番簡易な防具である「ふく」が入っていました。
 
  …え。
 
 
 
 
  ショッキングなことを考えてしまいました。
 
  この ふく ってさらわれて殺された子供のふくですか。
 
 
  アイテムデータとしては特別な物ではないらしく、
 あの子供が帰ってこなかった家族のもとに持っていってもイベントは
 特にありませんでした。
 
 
  なにやら随分 リアリズム のような「何か」を感じます。
 
  二度とこのような悲劇を繰り返さないように、ほっかいしまうま
 と仲間たちのたびは続きます。
 
 

デュアルオーブ 3

 
  デュアルオーブ プレイの続きです。


 
  洞窟に潜り、大切な レザーの防具 とショートソードをゲット
 しますが、もう少しマシなものを置いといて欲しかったと思いつつ
 プレイを続けます。
 
  (いや、せっかく洞窟に置いといてくれるのだし、もう少しいい物でも…ねぇ)
 
 
  とりあえず次の町で大事なパーティーメンバーのテオ君を
 仲間にします。テオ君は僧侶系のキャラクター、回復魔法ならお手の物です。
 彼も世界を救う使命感に突然目覚めた人らしく、主人公とは気が合いそうです。
 
 
  となりで見ている友人が
 
 「…彼も騙されているクチなんだろうねぇ…」
 
  みたいなことを言っていますが、そんなことはありません。
 
 
  このブログを見てくださっている方々にも、ある日突然
 
 「世界を救うは我なり」
 
  と思い込める日がくるかもしれませんよ?
 
 
  …こない方がいいですよね、すみません。
 
 
 
  さて、はじめて城らしい場所に辿りついた主人公ほっかいしまうま一行、
 ここで事件が起こっていることを知らされます。
 なんでもゴブリンというモンスターが洞窟を根城にしていて、子供たちをさらっている
 そうなのです。
 
  ゴブリン許すマジ!
 
  世界を救うついでです。
 ゴブリンを倒して子供たちを救出しましょう。
 
  
  子供たちを救出すべく洞窟に向かうほっかいしまうまたち、
 よくよく考えてみれば城の兵士がやるべき仕事なのではないのかしら?
 とも考えてしまいます。
 
  もしかしたら
 「軍隊動かすと面倒だし、少なくても金がかかるから
 見知らぬ誰か
にやらせとけ」
 
 
  という感じなのでしょうか?
 
 「…城の王様も兵士も困った振りをしているだけかもしれないねぇ…」
 
  なんかそんな気がしてきました。
 
 

デュアルオーブ 2

 
  さて、そんなこんなでデュアルオーブ、プレイ開始です。
 まったく知らない作品を1から遊ぶ。いいじゃありませんか。

 
 
 
 
  以下、ネタバレあります。注意。
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  さて、オープニングは良くも悪くも素朴なキャラ劇です。
 いくらなんでも素朴過ぎやしない? と思い、ダメな大人プレイヤーの
 ダメなところがあるほっかいしまうまとしては、プレイ開始3分で早くも
 投げ出したくなったのですが、そこは どっすん!岩石バトルのメーカー
 ですから、絶対に良い物を作っているに違いない! と自分に言い聞かせて
 プレイを進めます。


 
 
  さて、なんか世界はピンチなのだそうです。
 実感も何も無いのですがピンチなのだと ドラゴン ラーゼス様が
 おっしゃっています。
 
  どうして田舎の一剣士に過ぎない主人公にそんなこと言ってくるのか
 よく分からないのですが、まあ、危機感は多くの人が共有していた方がいいのだろう。
 と、そこはスルーします。
  
  しかし話は進み、なんと主人公が世界を救う必要があるとのことでした。
 
 
  横で見ていた友人曰く。
 
 「なにやら詐欺臭いものを感じるねぇ…」
 
  などと言っていますが、まさかドラゴンラーゼス様が詐欺などなさるはずも
 ありませんから、特に光の戦士でもなく、ロトの子孫でもない自分が選ばれたのは
 きっとすごい理由があるからにちがいありません。
 
  ドラゴンラーゼス様の言葉は知り合いも知るところとなり、主人公は
 世界を救うたびに出かけるのでした。
 
 
  横で見ていた友人なんぞは。
 
 「…この主人公を村から追い出すべく、みんなが結託しているだけなんじゃないかねぇ…」
 
 
  などと言っています。
 いやだなぁ。そんなことあるわけ無いじゃないですか。
 
 
  主人公は村の(戦士の)学校の義務教育課程を終えたばかりの子供ですが、
 そんな子供が世界を救う英雄に突然選ばれた。
 
  ただそれだけのことです。
 
 
  もしかしたら、明日の朝刊で貴方が日本の総理大臣に選ばれている可能性も絶対無いと言ったらウソかもしれませんよ?
 
 
  ゲームスタート直後は1人旅の主人公 しまうま 
 (キャラクターは固定ですが名前は途中で変えられます)
 
  ちまちまと雑魚キャラを殺してレベルを上げ、次の町に向かいます!
 
 

デュアルオーブ 1


 
  どっすん!岩石バトル というほっかいしまうまが
 大好きなゲームがあるのですが、そのゲームを作っていた
 I,MAX アイマックス という会社が、普通のRPGも出していた
 ことを最近になって知りました。
 
  おいコラ、って感じなのでしょうが、知らなかったものは仕方がありません。
 
  さっそく買って来ました、 SFCソフト デュアルオーブ


 
  中身はごく普通のファンタジーRPGです。ドラクエ式って言うんでしょうか。
 
 
  ただ、なかなか中身は練られています。
 特に戦闘のコマンド入力周りなんかは、かなりよく出来ています。
 
 言葉で説明するのがちと難しいのですが、例えばドラゴンクエストだと
 全てのパーティーメンバーの行動を選択していき、最後に戦闘ターンを
 始めることを選びます。
 
  しかし、このゲームでは最初からパーティーメンバー全員の
 コマンドが入力されているのです。
 
 
  (全員 たたかう なんですけど)
 
 
  でも、雑魚との戦いだと、全員戦うで充分ですし、
 これはこれで楽でいいです。オートバトルもあり、本当に快適です。
 
  パッと見は派手さがまったくなく、「RPGツクールの作品ですか?」
 と思ってしまうようなところもありますが、丁寧に作られた部分が
 いろいろと見られる、手の行き届いた作品です。
 
  2DスクロールのRPGの最盛期はSFC期だったとも聞きますし、
 こういうゲームが好きで、未プレイの方にもお勧めできるでしょう。

 訂正です。途中まで進んだところ、かなり言い難いのですが お勧めできかねる展開です。
 「もう世の中のレトロRPGやりつくしたよー!」な人にはお勧めできますレベルにしておきます。
 

三国志3 (パソコンの) 下

 
 
  PC98三国志3! 誰もが胸躍る瞬間でしょう。
 ゲームディスクを作り、(…作ったと思うのですが)
 ちまちまとゲームを進めます。
 
  
  ゾクゾクと仕官してくる武将たち、さて、そろそろ北の孫堅と戦う頃かと
 思いきや…孫堅さん、どんどん東に勢力を伸ばして行き、なぜか元の土地
 は置いてけぼりです。
 
  どんどん勢力を拡張していく孫堅。息子の 孫策 に 苦労をさせないためにも
 自分の世代で江東に覇を唱えるつもりでしょうか?
 
 
  とりあえず君主 ほっかいしまうま はドンドン勢力を拡大。
 いろんな勢力と適当に戦っているうちに、武将もけっこうもらえました。
 
  特に、どういう経緯でうちに来たのか分からないのですが、
 張遼 が来てくれて、これで半分は天下取った気になりました。

chouryou-img.jpg
 
 武力90クラスも続々と終結し、彼らで主力部隊を作ります。
 さて、主力部隊は北に向かわせ、ほっかいしまうま様はその他の
 家来を引き連れて 孫堅討伐に向かいます。
 
  特にこちらに手を出してきたわけではなかったのですが、
 
 「このまま放っておいたらヤツは強大になり過ぎる」
 
  と判断したのです。
 
  いざ、赤壁での決戦です!
 
 
  そして…。
 
 
  結果は惨憺たるものでした。
 戦場を支配することは出来ても、次に続く国力が無い。
 孫堅軍の反撃をくらい、なかなか先に進めません。
 
 
  これはやむをえん。
 北方に向かわせていた張遼たちを呼び寄せよう。
 
 と思ったのですが…。
 
 
  …? あいつらいないぞ?
 
  探し回り、ようやく委任した都市に居たところ見つけました。
 
  さて、命令して移動させよう…。
 あれ? 命令できないぞ?
 ああそうか、委任しているから当然だよな。
 さて、委任解除しよう。あれ? でも確か委任は解除したはず…。
 
  何回か委任解除しようとしたものの、一向に埒が明かない。
 
  元の持ち主に泣きつき、見てもらったところ…。
 
 「バグっぽい。委任解除できねー。ダメだ」
 
  ノォォゥゥウ!
 
  天はこの ほっかいしまうま を見放したか!?
 
 
  それ以来やってません…。


この度、画像を勝手にお借りしてきた御書籍はコチラとなっております。
あらすじや人物解説、お悔やみ欄がコンパクトにまとまっており、大変便利な資料となっております。
是非ご一読を…

   

三国志3 (パソコンの) 上

  ある日のことです。
 知人が「パソコンいらない?」と言ってきました。
 
 なに?
 
 と聞くと。
 
 「PC9821なんだけど」
 
  とのこと。
 
  PC98
 かつて国民機と呼ばれたNECの名機。パソコンといえばPC88~PC98だったのです。
 (個人の独断とすさまじい偏見に満ちています。ご了承ください)
 
 
  所有しているゲームごと譲ってくれました!
 (ただたんに処分が面倒だっただけなのでしょうが)
 
  さぁ、3.5インチフロッピーディスクとハードディスクでゲームしまくりです!
  
  でもえっちぃのはいけないと思います。
 
  ほっかいしまうまの部屋を掃除しているまほろさんもお怒りのご様子なので
 えっちぃのは無しで行かなければいけません。
 
  しかしこのフロッピーディスクをカションカションと入れ替えるのはなんとも言えず
 快感です。けれどもとある知人に言わせると
 
 「それはお前がディスク交換の苦労を知らないからだ」そうです。
 
  ただ、その知人とは「ただし5インチのドライブは良い」と意見が一致しました。
 
  さて、早速、三国志3を新君主でプレイします。
 シナリオは 霊帝没し董卓の暴政極まる です。

 

  場所は 零陵 だったと思います。(記憶が曖昧です。すみません…)
 零陵 ってどこかって? 中国の南の方の真ん中あたりです。(大雑把杉)
 

ラスト3D酔いストーリー

  突然ですが、当ブログを読んでいる皆様は、3D酔い
 するでしょうか?
 
  ほっかいしまうまは実は3Dにとても弱く、かなり酔います。
 酔って酔って酔いまくり、アルコールなんか必要ありません。
 (もともと飲みませんが)
 
  生まれて初めてプレイステーションポリゴンゲーム
 見た時に、異様に酔ったのを覚えています。
 
  (がんばれ森川くん…とか言う奴?だったかな?)
 
 
  そんなほっかいしまうまが、人生で一番酔って気分が
 悪くなったゲームは、 Wiiラストストーリーです。

 
 
  とにかく酔った! 酔って酔って大変だった。
 とりあえず酔っては中断、酔っては中断。
 他の人たちは酔わなかったのかな。
 
  あの坂口さんのゲーム。
 せっかくWiiもあることだし、是非とも
 プレイしたい!
 
  そう思い、買ったものの、とにかくカメラワークが
 ぐるぐるん、ぐるぐるるん。
 
  船のステージなんて
 「酔うので注意してください」
 「船の揺れをリセットする機能を使ってください」
 
  と説明書に書かれる酔いっぷり。
 狭い空間で視点が素早くあっちゃこっちゃ動く中で
 画面全体が不規則にゆっくり揺れるというハードモード。
 
  坂口さんは3D酔いとは無縁の人なんですねきっと。
 
 
  最後まで根性でプレイしたものの、本当に倒れそうでした。
 
  ゲーム自体はJRPGとしてはそれなりに楽しめると思います。
 そんなに悪いゲームではないですよ。
 
  ただ、とにかく酔いました。
 3D酔いに弱い人は手を付けないほうがいいと思います。

SDガンダムGX ハンデ戦のススメ ラスト


 
  ウォーシミュレーションゲームというものは大抵、ラストまでいくと
 作業になってしまいがちです。
 
  今回の戦いも敵の主たる惑星に攻め込んでしまえばあとは
 作業に過ぎない戦いが待っていました。
 
  ガルダを量産し、敵から奪った基地でガブスレイを量産します。
 敵の反撃は鈍く、ほとんど抵抗らしい抵抗を見せません。
 
  戦いに投入したサイコガンダムサイコガンダムMK2の戦闘能力すさまじく、
 敵を圧倒するだけ圧倒して、無双するだけの戦いとなってしまいました。ナム。
 
 
  敵惑星完全征圧は果たしたものの、敵軍は最後の拠点に篭り、抵抗を続けます。
 残された資金10万近くをテックレベル5で使おうというのですから、なかなか
 粘ります。
 
 
  面倒なので、敵惑星征圧後はデンドロビウムで敵Xザク突撃をかけます。
 デンドロビウムは敗れたものの、後からついて行っていたジオハンブラビ
 で仕留めることができました。
 
  敵艦隊は一部残っていたものの、ここでゲーム終了です。
 しかし100ターン近く戦っていますね。長いゲームだった…。
  

フリーソフト動脈と静脈(Artery&Vein)をプレイ。

 
  オザキショウゴ様製作のフリーソフト 動脈と静脈(Artery&Vein) を
 プレイさせていただきました。
 個人製作でこれだけの大作、かなりの労作ですね。ご苦労様です。
 
 
  先に 黒と白 をプレイし、「これは良い!」と個人的に思い
 大作と思われる 動脈と静脈(Artery&Vein) をダウンロードさせていただきました。
 
 
  ネタバレ等避けるために詳しい論評は避けますが、
 ほっかいしまうま的にはかなり面白かったです。
 なんか小並感ですみません。
 
 
  雰囲気としては ひぐらしのなく頃に とか、あの辺りに近いでしょうか。
 ひぐらしが楽しめた方には かなりお勧めです。これを知らないなんて勿体無い。

 
 
  ウツ、グロ、等途中からありますが、それらに抵抗がない、
 あるいは大好物という方にはさらにお勧めできます。
 (グラフィック的には表現されません)
 (そういうの大の苦手! という方にはお勧めできかねます…)
 
 
  序盤がちと長めですが、それらは全て本筋に入るための大事な部分です。
 大丈夫です! 本筋に入れば急テンポで進んでいきます。
 
 
 
  パンク イズ ノーデッド!!  シドの魂は日本の片田舎で生きていました。
  
  
 
  ゲームをお探しの方は SEAandSKY 様にどうぞ。右側にリンクがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  とりあえず すみれさん は俺の嫁ということで。
 
  異論は認める。

フリーソフト黒と白(Black&white)をプレイ。

 
 
  オザキショウゴ様作成、オリジナルアドベンチャーゲーム
 黒と白(Black&white)をプレイさせていただきました。
 
  僭越ではありますが、感想など、ここで述べることをお許しください。
 
 (フリーゲームのサイトに感想書けって話なんでしょうけど)
 
 
  元々ほっかいしまうまはフリーゲーム大好きで、10年くらい前は
 かなりやっていました。アマチュアさんの個性とアイデアがキラリと光る
 ものがけっこうあって、ずっとやっていたりした若き日の記憶です。
 
  
  そうやって結構いろんなゲームをやっていたりするのですが、
 そんなほっかいしまうまとしては
 
 「荒削りだが、かなりいいアドベンチャー」
 
  であると感じました。
 
  ネタバレ が激しくなってしまうので詳細は避けますが、
 短くテンポ良く進むストーリーながら、かなり強烈な展開、というか
 どんでん返しで魅せてくれる作品だと感じました。
 
 
  正直なところ、10年前、多くの素晴らしいフリーソフトに出会いつつも、
 当時はそれ以降の運が悪かったのか、良作に出会うことが出来ず探すのを
 諦めていたのですが、このフリーソフトで出会うことでかつての諦めが
 払拭されました。
 
 (んでまぁ、良い物にも、大したこと無い物にも出会っちゃうのですけど)
 (フリーソフトは玉石混交が激しい気がします)
 
 
  オザキショウゴ様、素晴らしい作品をプレイさせていただき、ありがとうございました。
 
 
 
 
  ゲームをお探しの方は SEAandSKY 様にどうぞ。右側にリンクがあります。
  
 
 
 
  1つだけ。
 申し訳ないのですが、作品の「謎」がほっかいしまうまにはちょっと分かりませんでした。
 
 

はじめましてDeathマシーン。

 
  ほっかいしまうまはファイナルファンタジーが大好きで
 合計して8週ほどプレイしたのですが、今までデスマシーンと出会ったことが
 無かったのです。
  
 
  ゲームが発売されたのが1987年ですから、つごう26年
 会っていないことになります。
 
  しかし、ようやく出会うことが出来ました!
 ワンダースワン版なのですが、これが決定的出会いの瞬間です。
 
death machine

  なんか知らんけど最後列のハンリュくんが死んでますね。
 他のゲームをやりつつ片手間にワンダースワンをくりくりやっていたら遭遇したのでした。
 (たぶんエアエレメントあたりに殺されたのだと思います)
 
 
  もちろん早速バトル!
 
  かなり強力なレーザーを撃ってきます! しろまどうし が ケアルガ 連発です。
 これで かくこうげき でも使われたら一大事だな…と思っていたのですが。
 
  使われないままバトルは終了。案外楽でした。
  ヘイスト と ストライ をかけた あかまどうし の 
 マサムネ は強いのね。
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋