オブリビオン日記2

 

  先日、亡くなっていたかと思われた伯爵夫人は生きていました。
 良かった良かった。
 
  しかしオープンワールドのRPGというものは初体験なのですが
 思った以上にいろんなことが起こるのですね。
 
  ダンジョンですごく強い敵に襲われたときのこと。トロールなのですけど。
 ダンジョンから出れば大丈夫だろうと考えてソッコーで逃げ出したのですが
 外まで出てきて追いかけてきました。イヤーーー。
 
 
  どうしても敵わないので慌ててコロールの町まで走って逃げます。
 回復魔法を使いつつ。
 
  街の入り口付近でようやく衛兵さんとバトンタッチ。
 トロールを衛兵に倒してもらいます。
 
  一時期、この
 「敵わないなら町まで逃げる」
 
  をやっていたのですが、敵の中には街の中に進入するものも
 いることにビックリ。街の中で衛兵が大立ち回りをしていました。
 
  だってね。ドラクエ1からRPGやっているこちらとしては、
 ラダトームの城の中にモンスターが突入するなんてありえなかった
 わけだし、時代の変化にビックリです。
 
  
   
  他にも。
 オーガ討伐にいったところ、オーガ族長が異様に強く、返り討ちにあいました。
 「これは手を尽くさねばならない!」
 
  と思い、どこかで拾った「スケルトン召喚」だかのスクロールを使って
 ナカマの骨兵士を呼び寄せます。 行け骨!
 
  とかやっていたら、オーガのパンチ一発で崩れ去りました。カラコロカラ。
 
  結局、相手の手の届かないところに立って弓矢でピチピチと戦う。
 とチキンスタイルで勝利しましたが、はてさて、これからもこんな
 戦い方で生き残っていけるのでしょうか?
スポンサーサイト

ギレンの野望 SS版 グフ重装型


 
  地球圏の支配者になるべく銀河万丈声の
 ほっかいしまうまは戦い続けます。
 
  地上で戦うためのモビルスーツや各種兵器はちゃくちゃくと完成。
 強力な水陸両用モビルスーツにご機嫌マックスです。
 
  ズゴックの手についている武器がバルカン? なのが解せませんが
 まぁ、だからって弱いわけではないので問題ありません。
 
 
  しかしなぜに ルナツー が攻略できないのか?!
 地球連邦軍最後の宇宙基地 ルナツー さえ破壊すれば
 全力で地球に侵攻できるのに! 参謀本部が無能なんでしょうか?
 
 
  しかしこの頃、連邦軍の兵器の威力は想像を超え始めていました。
 特に陸戦型ガンダムがゾロゾロでてくるとザクでは歯が立ちません。
 なんでこんなに高価な兵器を量産できるのか。資源7500だよ? ガンダム。
 うちのザクが資源1200ですから、ものすごく高価なのです陸戦型ガンダム。
 それがぽろぽろ出てくるなんて、
 ええい、連邦の国力はバケモノですか。
 
  なんとかグフの開発は終了しているものの、グフでガンガン切りつけて
 それとなく抵抗してみますが、やっぱりモビルスーツは強い。
 
  なんとか連邦に対して有効ないいモビルスーツは無いものか。
 
  そう思っていたところ、グフの改造プランが提案され始めました。
 
 
  グフ飛行試験型 グフ重装型 これだ! これでいこう!
 
  なけなしの資源をグフ重装型の生産に回します。
 
  部隊編制は凝ったものにする予定です。
 前衛をグフ重装型に、後衛をグフ飛行試験型にします。
 敵の攻撃はグフ重装型が受け、部隊の火力はグフ飛行試験型が補完。
 
 敵が弱ってきたらグフ飛行試験型だけを部隊から切り離し、グフ飛行試験型だけの
 部隊を作って再編制、敵を追撃するという運用です。
 
 
  そしてグフ重装型がだいたい出揃ったところで ドム が完成したのですが。
 
  ドム強過ぎ。
 
  攻撃力、機動力、生存性、コスト どれもこれも最優秀と呼びたくなる
 傑作機でした。なんだよう。
  
  ドムを作りつつも、グフも使いましたよ。グフ重装型…。
 (ほっかいしまうまはヨーロッパ戦線用グフと記憶していました)
 ジャブロー攻略までグフ重装型は生き残りました。

オブリビオン日記1

 
  突然ですが、オブリビオン始めました。

 
 
  レトロゲームばかりじゃなく、新しいゲームもやらなきゃね。
 ということでプレステ3のゲームを探していたのですが、たまたま
 見つけたオブリビオン。
 
  なんか有名らしいのでプレイしたいなー。
 とか思っていたのですが、480円で売っていました。安い。
 
  
  もう充分なぐらいネットのあちこちにオブリビオンの情報
 があるかと思いますが、すごいゲームですね。今更ながらびっくりです。
 
  とりあえず始めたばっかりなのですが
 
  どこかの伯爵夫人が殺されたかもしれません。
 
  お金欲しさに洞窟潜りをしていたら、ウィルオーウィスプ
 というモンスターに襲われ散々なことに。強くて敵わないのです。
 
  走っても走っても逃げ切れず、とにかくコロールという町まで逃げようと
 頑張っていたら、途中の道で謎の集団と遭遇。
 
  女性2人と武装した兵士の組み合わせだったのですが、
 その人たちがウィルオーウィスプと戦い始めてくれたのです。
 女性2人は素手のボクシングでバトル。フォームが決まっています。
  
  
  これ幸いにそこから離脱して自分はコロールの町に帰還。
 いらない持ち物を売り払い、一休みしてから
 
 「あの人たちはどうなったのだろう?」
 「ウィルオーウィスプの死体から、何か取れないかな?」
 
  と考え、戦いの現場へ。
 
 
  そこにあったのは、護衛兵の変わり果てた姿でした。
 その傍らには、所在なさげにウロウロする馬が一頭。
 ウィルオーウィスプの死体はありません。
 あの女性たちの死体もありません。
 どうなったのかはコンピューターのみぞ知る。です。
 
 
  あの女の人たち、逃げ切れていたらいいな。
 
 
  そう願いました。
 護衛兵の死体から全てを剥ぎ取りつつ。
 

信長の野望 天翔記 神風水軍

 
  歴史シミュレーションゲームの金字塔である信長の野望
 強い大名家で派手なプレイをするのも楽しいですが、弱い大名家で
 生き残りをかけて戦うのも乙な物です。
 
  以下はそんな楽しい楽しい弱小大名家でのプレイの記憶です。
 
 
  サターン版 天翔記 伊予は河野家でプレイです。

 
 
  伊予の国(愛媛県)河野家。
 伊予はながらく群雄割拠の状態だったようで、ゲームでは伊予の国の
 大名になっている 河野家 も実際には伊予全土を支配していたわけではないようです。
 しかしそこはゲームシステム的に一国に一主ですからしかたありません。
 
  ルール上、
 やむなく伊予の大名家となったのが河野家
 なのです。
 
  しかし、小大名と言っても馬鹿にはできないのが河野家。
 
  家臣もそれなりに優秀なやつが揃っています。
 このころは武力バカですが 平岡房実 さんという有能な方もいらっしゃいます。
 戦争関係の能力値がオール70を超えるというスーパー武将。(覇王伝の時代)
 武田とかに居たら目立ちそうにありませんが、弱小大名家にあっては
 こんな能力値の武将がいたら チート と言われても仕方ありません。
 
 
  そんな河野ですがやはり目玉は 神風水軍 です。
 
  河野と言えば水軍、水軍と言えば河野。海の上では敵無しです! 
 …覇王伝まで兵科適正が無かったので、今作で河野家の真価がようやく発揮できます。
 
  水上では家臣の来島さんの出番ばかりなのですけどね。
 
 
  ゲームスタート後、ガシガシと九州から大友が攻めてきます。
 大友と言えばシリーズでも屈指の強大名。
 強い勢力が多数ひしめきあう九州は圧倒的とは言い難いものの、
 その他の地域と比べてはかなり優位な国力及び人材を誇っています。
 
  特にやばいのは 立花道雪 高橋紹運 の2名。
 この2人と陸上で渡り合ったら当家など簡単に滅びることが可能です。
 
  ここは城からうってでて、海の上で戦うしかありません。
 大友勢は悲しいことに水軍適正が低く、我らが守護神 来島通康 の敵では
 ありません。水軍適正が若干高いので大名の 河野通宣 もたまに出て行きますが
 返り討ちにあいますのでそっこうで逃げます
 
 
  そうやって戦っていると、武将の能力値がガンガン上がっていき、
 そして兵もほとんど減らないので訓練度が130を軽く上回ります。
 新兵と混ぜると訓練度が下がりますから、生き残りのベテラン兵だけを
 来島通康に預け、名実共に無敵の水軍としていきます。
 
  武将は強くなり、さらに捕らえた武将で人材面は補強されます。
 
  あれ? 天下取れるんじゃね?
 
  大友が弱体化したところで南の長宗我部に進撃、ここでも大勝利を収めた河野家。
 これで四国統一同然です。
 
  河野通宣存命中までには天下は取れなかったものの、
 次の世代で天下統一できました。

  ありがとう兵科適正。 
  ありがとう来島通康。
 

新しいファミコンは違うなぁ。

 
  最近ゲットしたおニューのファミコン(ニューファミコンではない)
 ですが、この子のおかげで大切なことが1つ分かりました。

famicon11.jpg
 
  ほっかいしまうまのファミコンはカセットを挿してもなかなか認識せず、
 なんどもなんどもカセットを挿し直ししなくてはならないのですが、
 この新しいピカピカファミコンはカセットを挿すと、ほぼ一発で
 ちゃんと動きます。
 
  なるほど!
 
  つまり、以前から持っていたファミコンの端子が汚かったのですね!
 
  ファミコンカセットがなかなかうまくささらないという貴方!
 ファミコン側の端子が汚れているのかもしれません。
 
 
  追記
 
  カセットを挿さないで電源入れたら画面がオレンジ色になるのです。
 前のファミコンは灰色だったんだけど、こういうものなのでしょうか。
 
 (うちの子は~色だよという報告をお待ちしております。)
 
 

SDガンダム GNEXT の子カセット

 
 
  SDガンダムGNEXTというゲームがありました。
 GXという前作の後継となるゲームだったはずなのですが、
 いろいろと残念な所もあり、(いいところもあるけど)ゲームとしては
 いまいちだとほっかいしまうまは思います。
 
  そんなGNEXTですが、カセットの上に子カセットを挿すところがあり、
 追加でデータ集を買うことが出来るようになっています。
 
  8Mメモリーパックというものを挿す事が出来る大型カセットがあって、
 例えば一部のツクールシリーズではデータを外部に保存するのに使うことが出来る
 みたいです。ほっかいしまうまは使ったことはないのですが。
 
  GNEXTも(記憶では)確かサテラビューで追加データを入手できた
 はずですが、ほっかいしまうま周辺では誰もサテラビューを使用しておらず
 そのデータは手に入れることが出来ませんでした。


 
  しかし、のちに追加データが入ったROMパックが別個に発売されたのです。
 ほっかいしまうまは知人2人と勇んで買いに行ったのですが…。

 
 
  なんと、知人2人が先に買ったところで品切れ!
 
  自分が商品を買うことが出来ない第1号となってしまいました。
 
  追加生産とかあったのでしょうか?
 結局手に入れることができず、なにやら知人2人に気を遣わせてしまいました。
 
  数年後、ただで知人がプレゼントしてくれました。
 …いや、気を遣わなくてもいいのよ。
 
 
 
  追記
 記憶ですが、サテラビューで配信された追加データと
 店頭販売された追加データでは中身が若干違います。

ギレンの野望 SS版 ザク

  さて、早速プレイしてきますギレンの野望
 
  以下はプレイ記憶です。

 
 
 
  圧倒的じゃないか、我が軍は。
 
  モビルスーツ ザク の威力は圧倒的。
 乗っているパイロットが強いんじゃないかとか、そんな気もしますが
 とにかく強い! 連邦軍の戦艦なんぞ、ヒートホークバズーカ
 簡単に仕留めていきます。
 
  もうザクで充分だよ。そんな感じです。
 
  しかし史実どおりなのか、ジオン戦略物資は0からスタートですか。
 相手の勢力下にある資源地帯を確保できないと国家の存亡に関わるなんて
 某枢軸国と一緒ですね。(おもいっきりモデルにしているのでしょうけど)
  
 
  しかし、地上に降りるとうまく戦えません。
 ザクを地上で運用する戦艦に相当するものが無く、どこまでも徒歩移動です。
 ファットアンクルガウが出来るまでかなり我慢が必要です。
 ギャロップでもいいから欲しいです。
 そう言えばギャロップのカーゴに爆弾を詰め込んで攻撃することは出来ないようです。
 ふむ、残念。
 
 
  しかしザクでも接近さえすれば 連邦軍の 戦車や戦闘機なぞ
 木っ端も同然。たまにザクが1機ぐらいやられますが、補充すれば済む話ですから
 そんなに気になりません。
 
  地上戦用のザクも投入され、さらに念願のエースパイロット用のザク
 も作れるようになりました。もう楽勝ムードがほっかいしまうま本営に広がっています。
 
shimaumadaihonnei.jpg
 
 
  しかし、連邦軍がV作戦を始めたとの情報をキャッチしたのであります。
 
  それを聞いてもプレイヤーの余裕は崩れません。
 
 「まぁ、ヒートホークの威力を試せるチャンスぐらいじゃね?」
 
  
  そう思っていたのですが。
 
  なにそれビームライフル
  
  ガンダムこわい
 
  ガンダムが戦線に出てくると、圧倒的強さにザクがゴミくずのように
 破壊されていきます。ましてや名前つきパイロットが乗っていると近づきたく無いです。
 
 
  戦いは始まったばかりのようです。
  

ギレンの野望 SS版

  ゲーム機の覇権を巡る戦い。
 当時で言うところの「次世代ゲーム機戦争」の真っ只中。
 サターンで画期的なゲームが発売されます。
 
  ギレンの野望 です。
 これまで登場したガンダム系シミュレーションゲーム
 中でも金字塔と言ってもいい集大成と呼べるゲームでしょう。

 
 
  プレイヤーはジオン公国総帥 ギレン・ザビ か
 地球連邦軍の司令官 レビル将軍 のいずれかの立場でプレイします。
 
 
  バンダイのキャラクターゲームだからどうせクソゲーなんでしょ?
 なんて思ったりしてはいけません!
 
  骨太の素晴らしいシミュレーションゲームとなっています。
 (たまにコンピューターがズルをしているような気もしますが)
 (最後にジャブローしか残って無いのに陸戦型ガンダムを毎ターン
 作ってくるのはどうなっているの?)
 
 
  ほっかいしまうまは発売日に購入しようと決意します!
 
 
  ただ、発売前のほっかいしまうま周辺の空気はかなり微妙な感じ。
 
 「どうせバンダイのキャラゲーだから、クソなんでしょ?」
 
 「大作を売り物にしているゲームにはもう散々騙された」
 
 「最近はいつでも売っているから、いつでも買える。
 まぁ、そのうち買ってプレイしてもいいかな」
 
  ぐらいの感じです。
 発売日に買う! と意気盛んなほっかいしまうまに
 
 知人「やめときな…もう…バンダイのゲームには散々懲りたじゃねぇか…」
 
  などと言う始末です。どんだけクソゲーメーカーの烙印押されてるんですか。
 
 
  それでも買いに行きました。行きつけのヨドバシカメラにゴーッ!
 
  発売日から3日後ぐらいだったと思うのですが(発売日に買わなかったのかよ)
 数が少なくなっていた在庫をなんとかゲットできました。
 一緒に歩いていた知人によると、店から出る頃にはギレンの野望の在庫がもう無かったそうです。
 (なんか、レジでもめていたそうです)
 
  危なかった。
   

ガンダムのゲーム(シミュレーション)

  機動戦士ガンダム
 このオバケのように巨大化したビッグコンテンツは、
 かなり昔から様々なゲームの題材にもされてきました。
 
 バンダイゲームパソコン RX-78 GUNDAM にも
 ルナツーの戦いというインベーダーっぽいゲームがあったりして
 バンダイのガンダム頼みは地球連邦軍と同レベル
 なのかもしれません。
 
 (最近、ユーチューブで初めて見ましたが、なかなか面白そうでした。
 あの時期のインベーダー風ゲームの中ではまぁまぁな感じな気がします)
 
 
  そんなガンダムゲームですが、やはりシミュレーションゲーム
 との相性はかなりいいです。
 
  元々ガンダムは戦争(局地戦?)物ですから、同じく戦争を扱う
 シミュレーションゲームとの相性は良いはずです。
 
  ファミコン時代には SDガンダム スクランブルウォーズ
                   マップコレクション  
                   カプセル戦記

   
  スーファミ時代には SDガンダムX GX
  
  (他にもありますが)

  
 
  これらはアクションシミュレーションを上手に融合させた良作でした。
 (SDガンダムを使ったのはファミコンと言うハードウェアで
 キャラクターを表示しやすかったこと、また低年齢の子供たちに
 受けやすく、馴染みやすいということもあったのでしょう)
 
  そしてファミコン最後期に
 SDガンダムワールド ガチャポン戦士5 BATTLE OF UNIVERSAL CENTURY
 (3と4はとりあえず省きます)が発売されます。


 
  ガチャポン戦士3からアクション性はなくなり、純粋な
 シミュレーションゲームに近づいていたのですけど。
 
  発売当時、ほっかいしまうま周辺のクラスメイトはアクションが無い
 ということで意気消沈。いろいろと気になっていたようですが、買ってプレイした人は
 いませんでした。
 
 
 この5がのちにスマッシュヒット作となる ギレンの野望シリーズ
 の原点になっている。のではないか。と言われております。
 
 

ファミコンゲット

 
  私事ですが。
 28年間連れ添ってきたファミコンがついに限界を迎えたのです。
 そこで代わりとなるファミコン(白とエンジ色の旧型)を迎え入れたいのですが、
 これがなかなか見つからない。
 
  誰かファミコン(本体)買い占めてるの?
 ねぇねぇ、買い占めてるの?

 
  つい先月までは未使用本体が15000円、ジャンクだと300円ぐらい
 でけっこうあちこちにあったのですが、一体どうしたことなのでしょう。
 
  と言い出したところで始まりませんし、ファミコンを求めて東奔西走
 していたのですが、ついにようやく、発見しました。
 
 famicon10.jpg
 
  よかったよかった。
 おもわずツインファミコン買っちゃったけど、まぁいいか、本体手に入ったし。
 
  パッと見からして後期のファミコンでしょうか? 
 なんかFFマークついてるし。
 (何の略なのでしょう?)
 (ファイナルファンタジーやファイナルファイトは関係ないと思います)
 (ファイティングファンタジーも関係ないでしょう)
 
 
  ジャンク品として売られていたのですが、やたら状態がいいです。ホワイ?
 ほっかいしまうまはファミコンの状態を確認するのに「触れられるのなら」
 1コンの十字キーを押して状態を見るのですけど、
 かなりいいです。
 って言うか、未使用品に近い感じです。2コンに至っては金属部分に
 ビニールの保護シートがついたままです。
 
  ジョイカードとか刺すところにカバーも残っているし、
 かなりの美品ですね。840円でした。
 
 

ワールドアドバンスド大戦略 ~鋼鉄の戦風~ 01

  
  この思い出はフィクションを楽しんだ思い出です。
 実在の国家、組織、人物、ありとあらゆるものと関係無いと
 考えてください。
 
 
  突然ですが、落下傘部隊は大事です。
 
  
  よ~く考えよ~♪ 落下傘部隊は大事だよ~♪
 

 
 ワールドアドバンスド大戦略 ~鋼鉄の旋風~
 というゲームをやっていたときのことです。
 
  ゲーム中最弱勢力として名高い 日本軍で
 キャンペーンプレイをしてたのですが、ほっかいしまうまは
 挫折してしまいました。
 
  どうしてもミッドウェー海戦で大勝利を収めることが出来ず、
 太平洋戦線は泥沼化していきます。
 
  そんななか、誰だかしりませんが
 
 「インパール作戦っていうのやらね?」
 
  という展開になりました。
 
  断ることもできませんので、ピンクのしまうまは
 今度はビルマからインド方面に向けて出撃することになります。
 
  そこでついにどうにもならなくなってしまいました。
 いわゆる「詰み」ってヤツです。
 
  いろいろの面で名高いインパール作戦ですが、このゲームでも
 難関マップでした。
 
  結果としてはボロ負け。マジメに侵攻すると確実に負ける
 マップな気がします。
 
  結論としては 落下傘部隊での敵シレイブ奇襲以外
 無いのではないかと思いましたが、 落下傘部隊 を育てておらず断念。
 
  ほっかいしまうまの戦いはここで終わったのでした。
 
  あれ、引き分けでも先に進めるんだっけ。

バベルの塔


 
  ファミコンアーケードで出た傑作
 アクションパズルゲームです。
 
  実はリアルタイムでプレイしておらず
 (周囲にバベルを持っている人が誰も居なかったのです)
 
  知ってはいたものの、やりたくてもどうにも
 ならなかったのでした。
 
  ゲーム雑誌でギャグ漫画にされたバベルの塔
 
  しかし、ナムコアンソロジーを手に入れたのですから
 これからいくらでもプレイできます!


 
  やりまくってやるぜ、バベル!
 
 
  そして、1ヵ月後にはバベルを放置している
 ほっかいしまうまの姿がそこにはありました。
 
 
  どうもこの気の短いウマには、この手のゲームは向いていないようです。
 ハマる人はとことんハマるようですけど。
 
 
  パズルゲームはあわないんだから止めておけばいいのに
 最近 PS3キャサリン を購入。 3日後放置。


 
 
  …。
 誰にでも好みや得手不得手はありますよね。 

ナムコアンソロジー ナムコクラシック

 

  プレイステーションで出たリメイク商法。
 オリジナル版とプレステ用のリメイク版が同時に入っている上に
 そんなゲームが4本も入っているというお買い得感満載のゲーム。
 2本出ているので、8本リメイクされたことになります。
 
 
  とりあえず収録タイトルは
 
  ナムコアンソロジー1の方が
 
  バベルの塔
 
  STARLUSTER
 
  レッスルボール
 
  覇王の大陸


 
  
 
 
  ナムコアンソロジー2の方が
 
  PACK ATTACK
 
  ワルキューレの冒険
 
  ナムコクラシック2
 
  キングオブキングス


 
  
 
  となっております。
 この当時ですでにファミコンゲームは昔を懐かしむゲームと化していた
 雰囲気もあったので、懐かしげーの山ですね。
 
  ほっかいしまうまは当時新品を電気屋さんでゲット。
 
 「自分、このゲーム未来永劫遊んでいるかもしれん」
 
  と思っていたら、15年後の今でもスターラスターとか
 ナムコクラシックとか引っ張りだしては遊んでいます。
 
  なかなか無いかと思いますが、もしもどこかで見つけたら
 興味があって、まだお持ちで無い方は手に入れられるといいでしょう。
 お金を出して買う価値があるものだと思います。
 
 (中古屋さんではまず見たことが無いのですが)
 
 
  プレステ3でもプレイできますし。現行機でも安心です。
 

ワールドアドバンスド大戦略 ~作戦ファイル~ 03


 
  しかしです。
 ほっかいしまうまはサバンナ生まれのしまうまですが、
 日本での生活も長いため、日本に肩入れしたくなります。
 
 
  そこで、パラセラキャンペーンと言う
 複数ステージで構成されたゲームの全てを
 日本軍で攻略していきたいと思いたったわけです。
 
 
  実は勝算はかなりあります。
 
  このゲーム、シミュレーションゲームというやつのなのですが、
 (興味のある人はウィキペディアやニコニコ動画の動画を見よう!)
 
  このワールドアドバンスド大戦略には他のシミュレーションゲーム
 ではあまりみかけないシステムが導入されています。
 
  それは「シレイブ(司令部)」というユニット(コマですね)を破壊されたら
 負け。というもの。
 
  このユニットは歩兵系のユニットすべてに対して弱く、その他のユニットに対しては
 だいたい強いという特性を持っています。
 このシレイブを破壊するべく、なるべく近くまで歩兵が行って、攻撃して破壊。
 というのが基本的なセオリーとなるのです。
 
  ですが、歩兵以外でも破壊は可能です。
 航空機の爆撃は言わずもがな、機銃掃射でも回数を重ねれば破壊することは可能です。
 日本軍は航空機は世界と渡り合えるレベルなので、これで敵シレイブを奇襲攻撃
 して破壊してしまえばいいというわけです。
 
 
  そのさいに主力となる航空機は 一式陸攻 という爆撃機 と零式艦上戦闘機
 そう、ゼロ戦です。ゼロ戦で敵の迎撃機を撃破し、爆撃機をシレイブまで
 安全にエスコートすればいいと言うわけなのです!
 
  でも、ゼロ戦は値段が高いから途中で止めて、全部 ハヤブサ にしました。
 ハヤブサの後は疾風、五式、紫電改を使いました。
 なんでゼロ戦こんなに高いの?
 
  一式陸攻も序盤で全滅したので、もっといいものはないかと思っていたら
 二式大挺 という 飛行機がありました。(いわゆる飛行艇というヤツです)
 
 これまた設定ミスではないかと思えるほど異常な性能なので、これで終戦まで戦います。
 このゲームでの航空機の性能は「航続距離」がものを言うところがありますので、
 B-29より3割以上長い距離飛べるこいつは本当に頼りになります。
 
  
  作戦は簡単です。
 
 作戦スタート→いい具合の場所にある空港を占領→そこから爆撃部隊発進
                           
 戦線をはるかに迂回して進む→敵シレイブを爆撃(セーブロードを繰り返す)
 
 
  セーブとロードを繰り返すところはセコイのですが、
 これで簡単に敵を倒すことが出来ます。

ワールドアドバンスド大戦略 ~作戦ファイル~ 02

 
  この思い出はフィクションを楽しんだ思い出です。
 実在の国家、組織、人物、ありとあらゆるものと関係無いと
 考えてください。
 
 
 
 
  ほっかいしまうま若かりし日のことです。
 サターン版のアドバンスド大戦略を買ったんだという話を知人にしたところ、
 
 「ぷぷぷ」
 
 と笑う声で返事されます。


 
  何がおかしいのかと思い聞いてみると。
 
 「弱小日本軍乙」
 
 「マゾ日本兵(゚∀゚)キタコレ!!」
 
  という風に言われました。
 詳しく聞いてみるとなんのことはない。
 このゲームにおける日本軍がすさまじく弱いと言う話だったのです。
 
 
  そう言えば日本軍でプレイしたこと無いなと思って
 ちょっとやってみたのですが。
 
  確かに弱い。
 チハたん∩(・ω・)∩ばんじゃーい
 
  と言いたくなるぐらいに弱い。
 
 というか極端。航空機は世界レベルか下手すると一歩先を行く。
 艦船は世界レベル。アメリカ以外には楽に勝てる。
 歩兵は「バグかチートか」というぐらいに強い。
 
 しかし戦車、というか装甲車両が最悪。
 1939年ぐらいなら世界標準か、下手すりゃなかなかいい方なのですが
 だいたいそのままで終戦まで行ってしまうからどうにもならない。
 っていうか ティーガー2 とか スターリン戦車 とか パーシング とか
 止めて欲しいです。
 
  どうしても戦線を維持し、歩兵を守り、場合によっては速力と攻撃力で
 敵戦線を素早く突破して敵戦線の深いところにダメージを与えるには装甲車両が
 必要なので、どうにもなりません。
 
  知人によると、とあるゲーム雑誌で
 
 「日本軍でプレイ? ぷぷwwマゾ以外は止めときなww」
 
  と紹介されていたので、上記のような反応になったようです。
  
 
 
 
 
 
  追記
 特に日本軍最強歩兵 近衛兵 は異常な強さです。
 対装甲兵器の戦いは苦手ですが、それ以外の陸上ユニット対しては
 圧倒的な力を発揮でき、都市においておけば無双状態。
 
 対空戦闘もこなせるため、集団ゴルゴ13状態を楽しむことが出来ます。
 空挺部隊とかも悪夢的強さですが、こっちは敵本拠地に奇襲をかける
 任務がありますので、無双している暇はあんまりないかもしれません。 
 

信長の野望 天翔記 朝倉滅亡


 
  しかし、足利家が滅んだだけでめげていてはいけません。
 もっと別の名家が僕を待っています。
 
  例えば 朝倉 とか。
 
 
  と、言うわけで、朝倉家でプレイです。
 
  プレイしたのはスーファミ版です。
 
 
  ゲームスタート時の武将はなかなか豪勢です。
 天下の名将 朝倉宗滴を筆頭に、豪傑である 真柄直隆 真柄直澄の2人。
 奉行としては優秀である河合吉統、さらに血縁の人々も多く、心強い限りです。
 
  スタート年代は1547年。朝倉家にとっては微妙にいい年代です。
 名将 朝倉宗滴の破格の能力値を家臣団に引き継がせ、次世代がうまく育てば
 朝倉家の覇道も夢ではありません。
 
 
  まずは北陸を制覇していきましょう。
 
  本願寺教団の拠点である加賀の国がすぐ北にあるのですが、
 これをなんとかして倒し、あわよくば人材を吸収したいところです。
 七里さんと下間さんの2人がおりますが、これを見事ゲット。
 
  鉄砲兵科適正Dですが、朝倉家の誰よりも高いのでありがたいです。
 (このゲームでは武将には率いる兵科の得て不得手があります。
 一番いいのからSABCD 一番苦手なのがEとなっています。
 Dは低いっちゃあ低いですね)
 
  とくに苦戦することなく北陸は制覇。越後の長尾がちと怖いですが
 それはともかくとして次の攻略目標を考えて行きます。
 
 
  さて、周囲を見渡してみると、美濃、近江近辺で 斉藤 が暴れまくっております。
 周辺勢力と一進一退の攻防を続けているものの、なかなか滅亡しません。
 ついには辺りを平らげていました。どうなってんの?
 
  斉藤道三がチマチマ攻めてきたので返り討ちにします。
 案の定友好度は最悪で、いますぐにでも攻めてくる様子です。
 跡を継いだのは斉藤義竜。なかなか手ごわい男のはずです。
 
 
  さて、鉄砲隊を並べ、斉藤軍の突撃を城で迎撃するスタイルで
 戦うことにします。これが近畿地方の雌雄を決する戦いになることでしょう。
 
 
  そして結果は!
 
  負けました!
 
 
  斉藤義竜 戦闘168! 最大値になってるし?!
 どうりでこいつが出た戦場では全てで勝っているわけだ。
 
  鉄砲隊も頑張ったもののさすがに適正Dでは威力の発揮も乏しく、
 またたく間に足軽が壁を登ってきてどうにもなりません。
 
 
  そしてやはり戦闘値168は強かった。兵士もなかなか減らないのか
 訓練度も高く、「強い者はどこまで強くなる」このゲームのシステム上
 手が付けられません。大名だから率いれる兵士も多いし。
 
 
  鉄壁かと思われた佐和山城は奮戦むなしく陥落。
 大量の武将も捕らえられ、朝倉軍はズタボロに。
 
 宗滴の寿命も来てしまい、そのまま滅亡してしまったのでした。なんてこったい。
  
 

信長の野望 天翔記 足利滅亡

 

  シナリオ1を足利でクリアしたい!
 
  足利将軍家でプレイするのが大好きな12歳児
 ほっかいしまうま。
 
  ですが、この作品のシナリオ1における足利家での
 攻略は2回失敗しています。
 
 
 
  理由
 
  大内の上洛軍に滅ぼされるから。
 
 
  以下は悲劇の足利家のプレイ記憶です。
  
 
  シナリオ1は1534年からスタート。
 足利家の当主(というか征夷大将軍)は足利義晴さま。
 
 なかなか心強い13代将軍義輝 と15代の義昭は元服は
 先なものの、元服が楽しみな面々です。
 少しすると細川藤孝も元服してきます。大名家としては
 下の中から、中の中ぐらいになるところでしょうか?
 
  しかしゲームスタート時の情勢が最悪です。
 周辺勢力である 六角 細川 双方が同盟相手である上に
 双方ともに明らかに足利より格上です。
 
  勢力拡大の余地がほとんど(というかほぼ)ないのです。
 
  それでも少ない侵攻先を狙い、ちまちまと戦います。
 戦闘向けの武将がほぼおらず、きついのですが
 (最初は 義晴 と 三淵晴員 しかおらんのですが)
 
  運良く侵攻路が開けることもあるので
 このときは成り行き任せで進みます。和田惟政が来てくれると
 神がかって見えるほどありがたい武闘派となってくれます。
 
  この時はなかなか運良く進み、勢力も徐々に拡大していました。
 息子 義輝 も元服をむかえ、なかなか強力な(近畿地方にしては)
 武将も揃え、これから一気に勢力拡大と行きたいところだったのですが…。
 
  最大の敵 大内 の上洛軍が迫っていたのです。
 
 
  西国の大大名 大内は 配下の 杉興運 陶長房(だったと思う)に方面軍を
 任せ、四国や中国地方の大名をかたっぱしから叩き潰していきます。
 管領である細川がなんとかしてくれるかと思ったのですがまったく歯が立たず、
 四国方面からの上洛軍が攝津の国(大阪の辺り?)に迫っていたのです。
 
 
  なんと傲慢無礼な大内軍! この征夷大将軍 足利義晴が相手ぞ!
 
  と、我らが足利も臨戦態勢を整えます。
 予定される戦場のそばには弱体化したとは言え細川氏の城も近くにありますから
 援軍は期待できます。
 
  足利軍は野戦での迎撃を考えます。
 大砲を装備し、これを大内軍の大軍に叩き込み、混乱しているところを
 得意の足軽戦法で一部隊ずつ包囲殲滅するという考えです。
 
 
  そしてこの作戦は…。
 
 
  もろくも崩れ去りました。
 
  そもそも鉄砲適正が高い武将がいないために大砲はろくすっぽ威力を発揮せず。
 いや、何発かは敵の大軍にヒットし、かなりの損害を与えたものの、大砲がすぐに壊れ、
 また、敵の混乱も予想以上に早く回復し、狙った効果はでませんでした。
 
  得意の足軽戦法なんて言っていますが、所詮多勢に無勢。
 逆に足利軍が包囲され、各個撃破されていくハメに。
 
  義輝隊 細川藤孝隊 和田惟政隊はなんとか戦線を支えるものの、
 その他のメンバー 京極さんや三淵さんが一気に崩壊し、戦線が無くなります。
 
 なんとか強化していた城に逃げ込み、立て篭もろうとするもの、頼みの細川藤孝隊が
 壊滅。 義輝隊 和田惟政隊 は逃げ回ることに。 ついでに言うと 義晴様は
 接敵後すぐに部隊が壊滅するぐらい弱いので役に立ちません。
 
 
  なけなしの武将たちは多くが捕らえられ、大内に臣従。
 
  足利軍は一戦だけであっけなく崩壊したのでした。とほほ。
 

ワールドアドバンスド大戦略 ~作戦ファイル~ 01

  この思い出はフィクションを楽しんだ思い出です。
 実在の国家、組織、人物、ありとあらゆるものと関係無いと
 考えてください。
 
 
 
 
  サターン大好きな12歳児ほっかいしまうま。
 彼はある日のこと、学校そばの中古ゲーム屋さんで
 このゲームと出会いました。発売から1年ぐらい経過していた
 と思いますが、当時 480円 でした。 あんまりです。

 
 
  それはともかくやってみようと思い、手に入れます。
 第2次世界大戦のことは欠片も知らない子馬のほっかいしまうまですが
 たぶん大丈夫です。
 
 
  第1話 ピンクのしまうまは砂漠に果てる。
 
 とりあえず仮想世界キャンペーンと言うものをプレイしてみます。
 パラセラキャンペーンというモノで、これで 日本 ドイツ アメリカ イギリス ソ連
 の好きな陣営でプレイすることが出来ます。
 
  とりあえずドイツでプレイ。
 ドイツ国防軍主人公視点で世界平和のために戦います。
 
 
  さて、早速プレイ開始です…。
 
  弱い。弱いよドイツ軍!
 
  誰だよ無敵機甲師団とか言ってたやつ!
 (この時点でコンバットチョロQの名前ぐらいの知識しかありません)

 
  
  3号戦車だか4号戦車だか知らないけど、かなり力不足な感じです。
 戦闘機はそれなりに戦えるのだけど、陸戦兵器がいまいちな感じ。
 ドイツ軍の最初ってこんなもんなの? まったく知識が無いので
 よく分かりません。
 
  結局3つ目ぐらいのマップ、ブラーテン王国との砂漠戦で
 ピンク色の旗は折れました。ポキッ。
 
 
  次々と飛来してくる戦闘機 ハリケーン はともかくスピットファイア
 対抗するのが難しくなかなか倒せない。さらにブラーテン王国の爆撃機(ブレニムとか言う奴)
 の邀撃だけでしまうま戦闘機部隊はてんやわんや。
 
  戦車戦力もかなり不足気味で、生産できるのは短砲身の戦車ばかり。
 (戦車に対する攻撃力がとっても低いのです)
 経験値稼いで長砲身の4号戦車とかいくつか手に入れ、これでなんとかいけるかと
 精鋭部隊を各戦線から抽出し敵首都に対する電撃的強襲部隊を編成するも、
 ブラーテンの爆撃機部隊に補足され、大ダメージを受けてしまう。
 
  前進する戦力がたりなくなり、後方からの補給が届くのを待つものの
 すでに奇襲の効果は薄れ、戦線を押し上げたにすぎない状態になってしまった。
 
  
  とにかくこの時点でほっかいしまうまは
 
 「長砲身の4号戦車と3号突撃砲はやたら強い」ということを学んだだけで終わったのでした。
 
  
  制限ターン内にクリアできなかったので敗北です。
 

真・女神転生デビルサマナー 02

 
 
  高難度RPG 真・女神転生デビルサマナー
 がむしゃらに突き進むほっかいしまうまに対していつもそんなに
 助言をくれなかった 和田くん(仮名)が声を掛けてくれました。
 
 「俺も知り合いから聞いたんだけど、最後のボスキャラ、英雄ヨシツネ
 無いと勝てないらしい、っていうかヨシツネのスキル『はっそうとび(HASSO-BEAT)
 が異常に強いから、それで戦え」
 
  とのこと。
 
  なるほど、背に腹は変えられません。
 いつもは人と違うプレイをしたいほっかいしまうまですが、
 ここは素直に知人の助言に頼ることにします。
 
 
  さて、いろいろあって、ラスボスとの対決!
 なのですが…。
 
  ほっかいしまうまはかなり準備不足の状態でいきなりバトルに入ってしまったのです。
 っていうかパーティー全員 MPボロボロ。回復役の悪魔もいないしどうしたら?!
 
  唯一、回復を使えるのが 魔神プロメテウス
 ディアを継承していた! おおっ!頼むプロメテウス!
 (一番弱い回復魔法です)
 
  そしてそこから、プロメテウスのちまちま回復の戦いが始まった。
 本当にチマチマなのだが、これで耐えるしかない! レイのMPは確かすぐ切れた。
 
  しんくうはを使ったりして大活躍プロメテウス!
 いけいけボクらのヒゲ爺!
  
  そして最後は 『はっそうとび(HASSO-BEAT)』が全てを決めました。
 
  
  あくる日、このラストバトルの状況を嬉々として知人に語ります!
 
 ほっかしま「プロメテウスが大活躍してくれたんだ!」
 
 知人A  「…」
 
 知人B  「プロメテウスっていたっけ?」
 
 知人A  「いたかどうかも覚えてない」
 
 知人B  「プロメテウスって、合体の材料で作った記憶あるけど、使った記憶ない」
 
 
  …プロメテウス…。
 

真・女神転生デビルサマナー 01

 
  1990年代ぐらいは、日本三大RPGと言われたものがあったそうです。
 ドラクエファイナルファンタジー女神転生 がそれなんだそうです。

  
 
  ドラクエとファイナルファンタジーはプレステに行ってしまったのですが
 女神転生はサターンから出るということで、いやがおうにも期待は高まります。
 
  そして出てきた真・女神転生デビルサマナー
 それまでの 救世主とか 唯一神 とかそういう大きなストーリーから離れて
 もうちょっと身近な「日常の中の非日常」を楽しめるゲームとなっておりました。


 
  ゲームシステムも基本的には以前からの作品を受け継ぎ、なかなか
 親しみやすくなっているなど、いいゲームだったのです。
 
  ですが…。
 
  ほっかいしまうまはこのゲームの難易度に泣きました。
 
  元々女神転生シリーズは難易度が高いゲームです。
 コアゲーマー向け、マニア向けなので仕方ないところもあるのですが、
 それにしてもやられました。
 (この頃すでにほっかいしまうまがだいぶぬるゲーマーになっていたというのも
 あるのでしょうけど)
 
  特に仲魔の行動をうまくコントロールできず、どうしたもの
 かと途方に暮れます。
 
  今作から仲魔には忠誠度というものがあって、これが低いと
 命令できないのです。
 リアリティーがあって良かったのですが、とにかくこれが上がらなかった。
 次の作品であるソウルハッカーズはそこらへんがだいぶマシ…というかおおらかになっていた
 のですけど、最初はなんだかよく分からずてんやわんや。

 
 
  とかくエライ苦労をしたのでした。
 
  
  クラスの知人と話をしてみたら、みんなは案外簡単に攻略したみたい。
 
  ええ?! みんなどうやってプレイしたの?
 
  と聞いたところ
 
 「仲魔はイラつくから使わない」
 
 「魔獣ネコマタネコパンチバズを作って、それでがむしゃらに進めばオーケー」
 
 「っていうかキミ、ネコパンチバズ無しでクリアしたの?! マジ根性あるね、初めて聞いた」
 
 
  …そ、そうでしたか…。

ドラゴンマスターシルク (SS版) 02

 
  ではプレイ開始! 以下はほっかいしまうまと
 ドラゴンマスターシルクの戦いの記録です。

 
 
  ゲームスタート後、なかなかよく出来たゲームに
 感動しつつ徐々にマップを探索していきます。
 
  ただ…やはりバランスはそれなりに辛く、
 (ダンジョンRPGにはこのぐらい欲しいところですが)
 なかなか先に進めません。
 
  マップクリアのボーナスに必要な魔球という
 アイテムもなかなか集めることができず、意気消沈気味。
 
  集めなくても(一個も取らないでも)クリアはできるのですが、
 なんか取らないで先に進むのがイヤで、どうしたものかと
 頭を抱えておりました。
 
  そんなほっかいしまうまに悪魔がささやきだします。
 
 「本屋さんに、必勝本売ってるよ…?」


 
  う、うわぁぁぁ。やめろ、やめてくれ。
 俺は必勝本無しでクリアしたいんだ。
 
  しかし、悪魔のささやきは止まりません。
 
 「このゲーム、マイナーだから、
 必勝本、すぐに棚から卸されるかもよ…?」

 
  ぐ、うあああ。
 
 
  気がついたら買ってました。うわーん。ごめんなさーい。

ドラゴンマスターシルク (SS版) 01


 
  セガサターン至高のRPGを5本選べ!
 といわれたら、ほっかいしまうまは間違いなくこのゲームを
 5位くらいに入れると思います。
 
  …低い?
 
 
  ストーリー冒頭は至ってシンプル。
 
 「ダンジョン行って、魔王倒してきて」
 
  一行で言うとそんな感じです。
 
  そんなもんでこのゲーム、発売前には
 
 「あまにもありきたりなストーリーと設定で面白みと新味が無い」
 
  とか、どこぞのゲーム雑誌に叩かれていました。
 ただ、実は大きなどんでん返しが待っていますから、上記の
 レビューを書いた人はまず100%最後までプレイしなかったと考えられます。
 
  オープニングだけ見てのレビューってことはないでしょうね?



 
  
  元々はパソコンで出ていたちょっとエッチなコミカルRPGだったのですが、
 セガサターン版でついに全年齢指定になりました。
 
  おめでとう! がんばりました。
 
 
  記憶ですが、サターンマガジン等での評価はなかなか高かったみたいです。
 (読者の投票だったかなんかだったと思います。記憶なので曖昧です。すみません)
 2が欲しかったですね。(なんかすごろく風のゲームは出たみたいですけど)

 
 
  ゲーム内容はいたってシンプルなダンジョンRPGとなっております。
 しかし痒いところに手が届く親切設計がいたるところに見られます。
 
 探索時間を短縮してくれるダッシュ歩き
 
 台詞に声つきだが、字幕のある無しを選べる。
 
 ダンジョン踏破でボーナスアイテムゲット。
 
 モンスターが「湧く」ポイントがあってレベルアップに使える。
 
 ボスモンスターの手前では必ず「先にボスが居る」と教えてくれる。
 
 仲間は基本AIバトル。しかし細かく命令するモードにもできる。
 
 
  等々、盛りだくさんです。
  
  壁にぶつかると勝手に方向転換する機能は
 慣れるといいのですが、慣れないうちはちょっと大変かも。
 あと、ダッシュ中も毒ダメージは受け続けますので、ダッシュ歩きし過ぎで
 気がついたら死亡ということもあるので、ダッシュの利用は計画的に。
 
 
  ゲームバランスはちと辛めです。
 しかし全滅=ゲームオーバーではなく、所持金の半分が奪われるという
 ドラクエスタイルですからご安心ください。
 
  あと、コミカルギャグアドベンチャーですから
 生真面目なゲームじゃないと我慢できないという人にはお勧めできかねます…。
 

ゲームブック ジェリド出撃命令

 
  アドベンチャーヒーローブックス ナンバー16。
 機動戦士Zガンダム ジェリド出撃命令

 
 
  ほっかいしまうま的に好きなゲームブックです。
 未だにまともにプレイしてクリアできないのが残念です。
 (パラグラフの繋がりをメモったりしながらプレイしたほうがいいかな…)
 
  Zガンダムにおいて
 主人公のライバルになったようでなれなかった
 ジェリド・メサのパイロット候補生時代に起きたテロリストとの戦いの物語です。
 (間違っていたらすみません)
 
  とりあえず最初に寒い駄洒落が出てきますが、皆様の高いスルースキルで
 スルーしてくださいますようお願い申し上げます。
 
 
 (エリートパイロットを育成する機関 トップガンダム …ですか…)

   
 
  好きなモビルスーツで出撃できるゲームシステムも乙な物で、
 ハイザック GM2 マリンハイザック と3機種から選べます。
 
  世の中ファンタジーモノが幅を利かせた時代にメカ物は貴重です。
 オリジナルの兵器やモビルスーツも複数登場しますが、無理を感じさせない
 いい設定になっております。
 
 
  
 
 
  挿絵のモビルスーツの絵もかなりかっこいいです。
 モビルスーツの描き方ってこういうのもいいなと思いました。
 っていうか、GM2がかっこいいと初めて思ったりした。
 全国1億2千万のGM2ファンのみなさんごめんなさい。
 (本文メカニカルデザイン ゆきひろかず) 
 
  
 
 
 
 
 
  最後に。
 あの機体の名前は ドゥラ なの? ドーラなの? ドゥーラなの?
 

ソロモン


 
  さて、ソロモンの鍵が大好きなほっかいしまうま。
 とある日近所のハードオフにて謎のゲームボーイカラー用カセット
 見つけました。
 
 その名も「ソロモン


 
  105円。
 なんとまぁ安くなった物でしょう。
 かつては買えなかった憧れのアイテムがこの値段とは。
 
  ゲーム内容は分からないものの、 テクモ と書かれているし、
 たぶんソロモンの鍵のなんかだろうと思い、購入。
 やっぱりソロモンの鍵でした。
 
  なんでもモンスターファームというゲームとのコラボレーション作品なんだそうです。
 略すとモンファンだね! 某有名ゲームの略称と似ています。どうでもいいですね。

  
 
  中身はセーブ機能など様々な機能が追加された強化ソロモンの鍵という
 ところでしょうか。ゲームボーイカラーとかアドバンスとか持っていて
 ソロモンの鍵好きな人にはかなりストライクなゲームでしょう。
 セーブ機能もありますので、最初からチマチマとプレイする必要はありません。
 
  あと、ステージ作成機能と言うものもついているみたい。
 誰か友達がソロモン持っていて通信できる環境ならステージを作りあうのも
 面白いかもしれませんね。
 知り合い誰も持ってねー。
 
 
  ゲームはこのぐらいシンプルなのが面白いと、ネットの片隅で
 奇蹄類ウマ目の主張をしておきます。
 

ソロモンの鍵(ゲームブック)

 
  ファミコンの話ではなく、ゲームブックの話となります。
 
  ほっかいしまうまが幼い子馬だったころ、ゲームカセット
 本当に高価なもので、欲しい物を全て手に入れるなんてことは
 できませんでした。
 
  (今でも出来ないですけど)
 
  なにぶん子供ですから、親に買ってもらうしかなく、
 その親もこんなおもちゃに何千円も払う気にはなかなかなれないでしょう。
 (ようはおもちゃですし)
 
  しかし、そんな子供たちをあざ笑うかのようにゲーム雑誌には
 毎週毎月、楽しげなゲームの情報が載るわけです。
 
  楽しそうだろう? やりたいだろう? うわーこんなに楽しいー(棒)
 
  みたいな感じです。
 
  お小遣い程度では漫画本くらいしか買えませんし、
 数か月分集めてもファミコンカセットの中古すらなかなか買えません。
 
 
  ほっかいしまうまはそんな気持ちのスキマを埋めるべく、
 ゲームブックを買ってもらうことが多かったのです。
 本ならそんなに高くないし、買ってくれるんです。
 
 
  買ってもらうゲームブックはズバリ「プレイしたかったゲーム」を
 題材にしたゲームブック。ソロモンの鍵をプレイしたかったほっかいしまうまは
 ソロモンの鍵のゲームブックを買ってもらったのでした。


 
  ソロモンの鍵外伝 コミック版 北殿光徳/細貝画
 アドベンチャーヒーローブックスというやつですか。


 
  漫画でゲームブックになっているというかなりな代物です。
 考えてみれば漫画家殺しの様に思います。
 あの一冊を書き下ろししなくてはならないし、パラグラフやらゲームバランス
 やらをきっちりとセッティングしないいけない。作るのが大変そうです。
 
 
  ゲームとしては、そんなに面白くありません。(…ーえー)
 すごく子供向けに作られているんです。ルールはとても単純で、
 だいたいのシーンでもアイテムをもっているかどうかでゲームの進行が
 決まります。
 
  ただ、やはり子馬の脳みそでは情報処理能力が8ビット機以下ですから
 システムは単純でよかったのでしょう。
 
  アミュレットだのタリスマンだのというアイテムが登場し、ストーリーの上
 ではめちゃくちゃ強力なので、小さい頃はてっきりそういうすごいマジックアイテム
 が存在するのだと思っていました。
 でも、どうやらただのお守りの総称のようですね。
 きっとすさまじい魔力を秘めたお守りだったのです。きっとそうです。
 
  ラストにどんでん返しのストーリーもあり、よく考え込まれたゲームブック
 だったのです。
  

ターボファイル発見!

 
  とある日のこと、とあるジャンク品のコーナーで
 アスキーターボファイルを発見しました。
 
 「うぉぉぉぉ! ターボファイル 315円で売ってる!」
 
  これでウィザードリィ1のメンバーを2や3に移植することが出来ます!
 フリートコマンダーもプレイできます! 
 鬼に金棒 アスキーソフトにターボファイルです。


 
 
 
  思わず購入してきて、確認します。
 
  …これ、スーファミ用じゃん。
 (315円でも安いのですが)


 
  あ、RPGツクールのゲームを保存できるよ。
 タクティクスオウガのセーブも保存できるんだ、へー。
 
  とりあえず、スーファミもファミコンもプレイできるゲーム機
 使えないかどうかそのうち確かめてみることにします。
 
  

レイジレーサー

  『レイジレーサー』(RAGE RACER) は、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)
 から発売されたレースゲームである。

 以上、 ウィキペディアより抜粋です。


 
 
  プレステ1は優れたポリゴン描画能力を持っているため、
 それまでのコンシューマーゲームには無い映像演出が可能となりました。
 
  そんなポリゴンゲームとレースゲームは非常に相性が良かったらしく、
 今ゲームに限らずプレステにはレースゲームの良作がけっこうあります。
 
  
  さて、当時人から借りてプレイしていた レイジレーサー。
 なかなか面白く、当時としてはズバ抜けた美しさのポリゴンコース
 を走り抜ける爽快感を楽しむことが出来ます。
 
  プレステ3を買ったほっかいしまうまは、何か良いゲームが無いかと
 ゲーム屋さんを漁っていたのですが、この レイジレーサーに出くわしました。
 
  懐かしいので早速買ってプレイしてみます。
 
  プレステ3はハードディスク内に仮想のメモリーカードを作ることが出来ますので
 セーブはそこでオーケー。もうメモリーカード不足に悩まされる必要はありません。
 
  
  レースで勝ってお金をゲット。愛車をチューンしてもよし、
 新車を購入してもよし、好きにレースに参加できるのですね。
 
  
  チームのロゴを描いて愛車にくっつけることもできます。
 チーム SHIMAU の完成です。
 
shimaulogo.jpg
  
  いまいちレースゲームがへたくそなほっかいしまうまですが
 レースゲーム自体は好きなのでちまちま走ります。 
 
  モンスターマシンを買い揃えるのは当分先の話ですね。

FCへべれけ  03



  へべちゃんの旅はもうちょっとだけ続きます。
 
  結論から言うと久しぶりに一本のゲームを1からクリアしました!
 おめでとうほっかいしまうま、おめでとうわたし!
 
  攻略サイトも何も見ず、ゲームをクリアしたのは久しぶりです。
 (ヌルゲーマーですね)
 
  途中 じぇにふぁーすぺしゃるあたーく うげーばくだん が
 なかなか見つからなかったのと、溶岩地帯をどう進んでいいのか
 分からなかったことで数日かかってしまいました。
 
  溶岩地帯の上を敵を踏みつけつつ進もうとするへべちゃんですが
 どうにもうまくいかず、何日も足踏みです。
 
  どうしたものかと頭を抱えていたのですが…。
 
 
  以下攻略に関するネタバレあり
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 
  ダメージ受けつつもおーちゃんで行けるの?!
 
  今までの苦労は何だったのか、おーちゃん、どんな原理で
 溶岩オーケーなんですか。(ダメージは受けるけど)
 薬でドーピングきめて溶岩に雄雄しく突っ込むたくましいおーちゃんにめろめろです。
 
  おーちゃんの敵を凍らせる攻撃でライフ全回薬もゲットし、
 充分にパワーアップした4匹の何か
 
  ついに鍵も全て手に入り、ラスボスとの決戦です!
 
  そしてラスボスはそんなに苦戦せずに倒せました。わーい。
 
  衝撃のエンディングを終えました。うーん。いいゲームですね。
 
 

FCへべれけ  02

  日本のテレビゲーム草創期を支えたメーカーだと
 ほっかいしまうまが密かに主張したいゲームメーカー サンソフト
 (今でも 上海 とかを売っているみたいですが)
 ファミコン史上もっとも美しいグラフィックのアクションゲームと
 (稀に一部で)言われるダイナマイトバットマンを作った会社ですから
 この へべれけ も美麗グラフィックで溢れています。
 
  詳細は…ウィキもいいけど、ニコニコ大百科も愛があっていいです。
 
  
 
 
  さて、ゲーム本編ですが。
 
  へべちゃんのアクション姿、 
 
  いったん扁平に潰れてからジャンプ
 
  しゃがんだら腹ばいになって匍匐前進
 
  等、可愛らしいモーションでいっぱいです。
 ファミコンでもここまで出来るのです!
 PS5だろうと WII Z だろうとX-BOX ONETWO だろうとかかってこいという
 気がしてきます。気がしてくるだけです。
 
  なおBGMも素晴らしいです。ファミコンの限界点がだいたいこのあたりな
 気がします。
 
 
  ほぼシームレスで広大な世界を旅しつつ(って、そんなに大きくはない)
 順番に仲間を増やし、アイテムをゲットし、ますます旅は白熱していきます。
 
  特筆すべきはへべ用アイテムの きゅうばん
 
  垂直に切り立った崖を登れるようになるというスーパーアイテム。
 
  スプリンターセルに へべちゃん が登場する日も遠くは無いでしょう。 
 
  トム・クランシーさん、へべちゃんを出してもいいのよ? おーほっほっほっ(たかびしゃ)


 
 
  ただ、このへべ登り、ちゃんと対策もしてあり、ところどころの崖に「へべ返し」
 とも言うべき出っ張りが付いていまして、登りきれなくなっているところも多いです。
 (弥生時代の高床式倉庫についているネズミ返しみたいなものですか)
 
 
 
  …おーちゃんの真似はさておいて。
 
  しかしファミコン版の唯一の欠点(?)と思われることは何と言っても
 パスワードの存在。残念なことに本作はバッテリーバックアップではありません。
 
  ロックマンみたいな感じのヤツで、6×6のマスの中に3色のボールを
 置いて行くというものです。
 
  ほっかいしまうまは一度、このパスワードを間違えてしまい、かなりやり直しをする
 羽目になってしまいました。なんか難しく無いかい、このパスワード?
 
  三色のペンを用意して6×6マスで実際に書き写すというのもいいかもしれませんが、
 今からプレイされる方はデジタルカメラでゲーム画面を撮るとか、バーチャルコンソール
 の一時中断機能とかでプレイされると良いかと思います。
 
  まぁ、慣れてくると全体で1時間強ぐらいでクリアできるようですから
 パスワードなしでもなんとかなりそうですが。 
 

FCへべれけ  01

 
  ファミコンソフトの優良アクションゲーム へべれけ
 1991年発売のこのゲームをプレイさせていただきます。


 
  なお、3DSバーチャルコンソールでのプレイです。
 実機ロムを手に入れることは厳しいようです…。
 
 
  以下はプレイ内容となります。
 
 
  さて、突然異世界に飛ばされたらしい へべちゃん
 謎の世界から脱出する冒険の日々が始まります。
 
  ゲームスタート直後に 白いフワフワした物体が歩いてきます。
 なんだか分かりませんが踏みつけて倒せるかもしれないと思い、
 踏みつけてみます。
 
  スーパーマリオ以降、踏みつけは様々なゲームでデフォルト的
 攻撃方法になっていました。
 (前から多かったとかならごめんなさい)
 最初はうまく行かなかったものの下を押しながら踏みつけるという
 操作方法を把握してから簡単に敵を倒せるようになりました。
 
  
  そして、時々敵が何か水色の小さいタマを落としていきます。
 
 「?」
 
  取るとライフが2点回復しました。(初期値10)
 
 「へべちゃん、なんか喰ってる…」
 
  敵を殺す→なんか落ちてる→食べる→ライフ回復。
 
 
  …
 まぁ、へべちゃんも可愛い顔して所詮 獣 ですから、
 弱肉強食的に何かを捕食しても当たり前なのかもしれません。
 
  自分より弱い別の生命体を捕食しつつ進撃するへべちゃん。
 
  …進撃のへべれけ とか言う漫画をやったら受けるかもしれません。パクリですが。
 
 
  進んでいくと水溜りがあります。
 へべちゃんはペンギンだから水には強いはず!
 
  いざ大海原を行かん! へべちゃん!
 
  ざっぱーん!
 
  そして1秒後、そこには溺れ、助けを求めるへべちゃんの姿がありました。
 
  泳げないのかへべ! バッドばつ丸といい、ペンギンキャラは
 どうしてこう泳げないヤツがいるのでしょう?


 
 さらに氷の洞窟も通っていきます。
 氷に足をとられて満足に歩けません! 
 
 
  
 
 
 
  と、いうわけで、最初は進めるところも限られているのですが、
 行った先で おーちゃん と遭遇。ドッジボール的バトルに
 勝利し、おーちゃんを仲間にしました。
 
  おーちゃんは水の表面近くを泳ぐことが出来、(潜水不可)
 氷の上で滑らないというキャラクター。  
 
  おーちゃんを仲間にしてさらにへべちゃんは先に進みます!
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋