スーパー大戦略 02

 
  いまこそスーパー大戦略? ほっかいしまうまです。
 しばらくずっとスーパー大戦略ばっかりやってました。


 
  自分で想像した設定を作って日本をモデルにした各マップでプレイ。
 佐渡島はなかなかいいマップですね。
 
  このゲームをよく知っている方には釈迦に説法と思いますが1つ。
 
  大戦略シリーズには現実に存在する兵器が登場してきます。
 でもミリタリーに詳しくないとなかなかこの辺りの兵器が分んないんです。
 ほっかいしまうまもうちの坊ちゃんもスーパーファミコンの大戦略エキスパートを
 プレイしたときに兵器のことがよく分からず、なかなか苦労しました。
 
  さらにスーパー大戦略では各兵器が装備しいる武装まで実在の名前になっています。
 
  他のゲームでは ミサイル シュホウ マシンガン バクダン
 
  みたいな感じなのですが、
 
  マトラマジック ミストラル スパンドレル サガー マーヴェリック 
  105ミリ砲
 
  …全然分んないよ坊ちゃん?!
 
  仕方ないのでウィキぺディアで調べてみました。
 …おお! こんなに詳しい情報がタダで手に入るなんて! 
 検索するだけでいろんなことが次々と出てくる! いやー、インターネットっていいものですね。
 
  昔はミリタリー物の本を買って(なんか安くないし)調べなきゃ
 わからなかったものがこんなに出てくるなんて…。
 
  ソ連製のいわゆる「東側」の兵器の性能や、実戦でのエピソードがあるのもいいですね。
 今はわかることも1988年当時だとわかんなかったことも多いかも。
 対空戦車のシルカたんは真空管で対空レーダー動かしているから管が温まるのをまたないと
 いけないらしいんですけど、そこがまたいいですねー。
  戦う前に中の兵隊さんが「真空管あったまんないね…」とかいいつつ計器とにらめっこして
 いるわけです。ふむふむ。
 
 「オレ、故郷に帰ったら結婚するんだ」
 
  などと言ったら死亡フラグですね。
 
 
 
  ゲーム画面に表示されるのは荒い一色のドット絵なんですとけど、
 3DSでネットを開き、実在の兵器の画像を見つつゲームを進めるとすごいド迫力な気がします。
 情報量って大事だなとつくづく思いました。
 
 
  東西冷戦期をモチーフにしたシミュレーションも、今では過去のシミュレーション。
 でも考えてみたら27年前(2015年現在)っていうと、第2次世界大戦をモチーフにした
 作品を1972年頃に見ているような時間の感覚になるのでしょう。
   
 
  最新の時代を舞台にするのもいいですが、ちょっと前の時代を背景にしているゲームも
 また趣き深いと感じたほっかいしまうまでした。
 
スポンサーサイト

スーパー大戦略 01


  ほっかいしまうまです。おはこんばんちわです。
 
  最近ほっかいしまうまはメガドラ大戦略が楽しいです。
 レッツ スーパー大戦略


 
  このメガドライブのスーパー大戦略というゲーム、
 坊ちゃんの知人が口々に語るにはとにかく名作中の名作だとのこと。
 
  そこで90円ほどだったこともありついつい買ってきたのですが。
 
  説明書が無くて、どうしたらいいか分からないよ坊ちゃん…。
 最初は戸惑いの連続。
 
  街に置いても陸戦兵器の台数が回復しない?!
 
  後ろのアメリカ軍が我が自衛隊を攻撃してきた?!
 
  生産タイプの変更できないの?!
 
  
  とにかく何が何だかチンプンカンプン。
 しかし少しずつながら分かって行くものですね。
 そもそも最前線に兵器が突然湧き出して補給されるという一般的な
 システムの方がおかしい気もしますし、補給の兵器は輸送機で
 前線にそのつど運ぶ方が自然です。
 
 
 
  軍艦は前線の港で修理できるようですが、元々そういうものみたいですから
 それはそれでリアルです。
 
  ついでに鹵獲兵器のルールとかは?! …そこまではないか。
 イスラエルでT-62とか鹵獲して運用したいです。
 
  同盟関係は無いようです。
 いやいや、いっそ味方は全部プレイヤーがやってもありかもしれません。
 初期設定で存在自体なくしてしまう手もありますし。
 
  生産タイプが変更できるということは最近気がつきました。
 どうしてなのか迂遠な設定方法ですね。
 (初期配置の無い上級モードにして生産タイプの変更をして、初級に戻してあげる)
 (…で、あってます?)
 
  メガドラのスーパー大戦略はあちこちのサイトさんで紹介されているのですが
 基本的なプレイのやり方まで言及しているところがあまりなく、ネット時代でも
 なかなか大変。(メガドラ自体がマイナーハードなのが今でも響いているのかも)
 
  
  とりあえず4勢力プレイだとコンピュータのターンが長いので
 1対1の形でプレイしています。
 
  
 
  好きな戦車はセンチュリオン
 
  好きな戦闘機はミラージュ3です。
 
  でもマーベリックミサイルはもっと好きです。
 
  

グラディウス5


  突然ですが、ほっかいしまうまはグラディウスが大好きです。
 いえ、ローマの兵隊さんが振るった剣のことではなくて、コナミさんの
 シューティンクゲームのグラディウスです。

 

  かつてはファミコンで初めてグラディウスを見て、
 音楽、映像、ゲームシステム全てに魅了されてしまい、
 気がつけばずっとグラディウス三昧。
 ダライアスR-TYPEも目に入らないという有様。
 今ではなんでも好きですが。

  

  認めたくないものだな、若さゆえの過ちというものは。
 
  
  しかし、グラディウスの新作がなかなかでない。
 …いや、出てはいるんですよ。Wiiグラディウスリバースとか。
 2008年?
 
 
  そろそろ東方もかなりプレイしたことだし、弾幕系とはまたちょっと違う
 シューティンクゲームがやりたくなってしまい、最近シューティンクゲーム
 を探してたのです。
 
  そしたらPS3グラディウス5があるじゃないですか!

  一応こちらにコピペですが
 ゲームアーカイブスのダウンロード販売というヤツですね。
 
 
  グラディウス5
 
 (株)コナミデジタルエンタテインメント
 配信日 2015年4月15日
 販売価格 1,234円 (税込)
 ジャンル シューティング
 フォーマット PS3R
 販売形態 ダウンロード
 必要容量 493MB
 CEROレーティング CERO A(全年齢対象)
 プレイヤー 1~2人
 

 
  
 
  見つけました。PS2で出ていたグラディウス5!
 中古で買うかどうか随分迷い、結局値段が高いため諦めていたグラディウス5です!
 (最近は駿河屋さんではそんなに高くないですね)

 

  最近のPS3なら駆動音もとても静かですし、なかなか快適なのではないでしょうか?
 お値段もリーズナブルです。
 
 
  それでは坊ちゃんのパパンママンからもらっているお小遣いでプレイステーションチケットを
 1000円分買ってきます。700円ちょい余っていたので加算すれば買える計算です。
 
 
  プレイしてみたらこれはなかなかいいゲームです。
 ポリゴンで背景が表示されていますが基本は2Dシューティング。
 パワーアップの方法とかは昔のままです。
 
  どかんとやられてはコンティニュー!
 
  どかんとやられてはコンティニュー!
 
  こういうの久しぶりで楽しいです。やっぱりゲームはシンプルなのがいいですね。
 …途中のムービーシーンみたいなのを飛ばせるとなお良かったのですが…。
 
  ダウンロード販売もありがたいものです。
 
  ああ、巡洋艦テトラン! 久しぶりだなぁ…。
 
  あれ、おまえ触手からビーム出せたっけ。
 どかーん。…。むぅ。

豆腐アイス

 
  今回はレトロゲーの話題ではございません。
 それでもよろしいと言って下さる方は以下をどうぞ。

 
  
  最近暑いですね!
 こんな暑い日は冷たいものが欲しくなります。
 ほっかいしまうまはバニラ味のアイスクリームが大好きで
 坊ちゃんのパパンを誘っては(誰ですか?唆しているとか言う人は?)
 アイスクリームを買ってもらい、食べていたのです。
 
  しかし、そんななか、思いかけないすごいアイスが登場しました。
 
  豆腐アイスです。
 
  というか、いろいろと調べてみたら昔からあるみたいなんですけど、 
 うちの坊ちゃんが「江野スミ先生のツイッターで豆腐アイスというのを見た!」
 とのことで、いろいろと作り始めました。
 
  詳しいレシピはよそ様をどうぞ。
 30円以下の安い豆腐に砂糖を入れてミキサーでかき混ぜ、ドロドロのところに
 好きなフレーバーを投下すればあとは冷凍庫で固めるだけ。
 (凍らせる前に何度か味見をして調整してね)


  
  タンパク質リッチで生クリームのアイスより低カロリーな豆腐アイスの完成です!
 
  いろいろと試してみたのですが、純ココアを大量に入れた
 (豆腐300グラムに対して純ココア大さじ2)チョコレート風味のアイスも美味しいのですが
 ほっかいしまうま的にはインスタントコーヒーを入れたコーヒーアイスがヒットです。
 
  坊ちゃんが入れてくれるのはネスカフエエクセラ なんたらソリュブルコーヒーです。
 冷たいサッパリしたアイスでリフレッシュしたら、暑い午後もメガドラですよ!
 
  うわっ、触ってみるとメガドラ熱くなってる。  

大戦略難民ヤスユキくん(仮名)

 
  ようこそレトロゲームトラベラーへ!
 
  近代兵器がヘックスの中でガチンコぶつかりあうゲーム、
 今回は大戦略のことなんかを少々。
 
 
 
  そもそもレトロゲーム機(ここではファミコンとかメガドラとかPCエンジンを想定)
 が最盛期の頃って、パソコンを持っている人なんか滅多にいません。
 特に子供たちだと触ったことすらないという人も多かったかも?
 
  そんななか、パソコンで出ていたゲームがコンシューマーゲーム機で移植されるとなると
 子供たちは戸惑いつつも期待に胸を膨らませていたそうです。

 
 
  そして出てきた大戦略!
 いろんなメーカーが作っていたようで、どういう仕掛けなのかいまいちわからないのですが
 ファミコンのはボーステック メガドラのはセガ PCエンジンはマイクロキャビンとなっていますね。
 スーパーファミコンはアスキーですか。販売=製作? うーん、どうだったんでしょうか。

  

  坊ちゃんの知人によると、戦車や戦闘機がぶつかりあうシミュレーションゲームはファミコンウォーズ
 あったわけですけど、「ファミコンウォーズをやっている、持っている」と発言するとゲーマー仲間から
 馬鹿にされたそうです。ひどい! ファミコンウォーズはいいゲームですよ!

 
 
  それはともかくとして、
 
  ヤスユキくん(仮名)とそのお友達がある日どこかで大戦略をプレイしたそうなのですが、
 あとになってプレイした大戦略がなんなのかわからなくなってしまったそうなのです。
 
  4人でプレイしてとても楽しかった。またやりたいね!
 
  そう語っていたものの、さてあとになり
 
 「あの時プレイした大戦略はどの大戦略?」
 
  と分らなくなってしまったヤスユキくんとそのお友達。
 学校の皆に聞いて歩くものの、どうしても特定できなかったそうです。
 ゲリラ兵が出てくる! というのが唯一の手がかり。
 
 ヤスユキくんたちは歩兵オンリーという縛りプレイをしていたそうで、
 それで歩兵のことをよく覚えていたそうなのですが…。
 
 
  最近、ほっかいしまうまはいろいろとコンシューマレトロゲーの大戦略をゲット。
 ヤスユキくん、ついに判明したよ!
 
  キミらがプレイしたのはPCエンジンのSUPER大戦略だ!
 当時のコンシューマゲーム機の大戦略でゲリラ兵が登場するのはたぶんこれだけだと思う。
 
  
  PCエンジンは持っていた人も少なかったし、「スーパー大戦略」という名前だけだと
 メガドライブ版と名前は同じというのも混乱に拍車がかかるでしょう。
 
 
  …でもあの時に分らないと意味がないですよね…。
 

アンソロジーのキングオブキングスをSCPH-9000で

 
  この記事は前日から続いています。
  
  
 
 
  おはこんばんちわ! ほっかいしまうまです。
 
  ほっかいしまうまはレトロゲームがやりたいがために
 サバンナから日本にやってきた12歳児のシマウマです。
 ニートの坊ちゃんの家で居候しつつブログを書いてます。
 
  …いやだから設定とかなんのことですか?
 
 
 

 
  突然ですが、プレイステーションを買ってきました。
 というわけで、買ってきたプレステで早速 ナムコアンソロジーをガンガンプレイ!
 
  買った当時は「このナムコアンソロジーってソフトで一生遊ぶことになるかも…」
 と戦々恐々でしたが、大丈夫! …その予想はけっこう当たっていたかもしれません。

 
  
  このSCPH-9000のプレステさん、前の持ち主が全然遊ばなかったのか、それとも
 すこぶる耐久性が高いのか、とにかくCDをぎゅんぎゅん読み取ります。
 
  スチャッ ち スチャッ。 と軽やかな読み込みはダンスのようにうっとりです。
 Shall we 読み取り? CDとピックアップレンズの奏でるリズムがステキ。
 
 (これで起動時のソニーロゴさえなければ完璧なゲーム機なのに…(暴言))
 
  
  とりあえずアレンジ版のスターラスターをプレイしたところ、初めて
 コンクエストモードで暗黒惑星のところまで行けましたがそこでやられました。
 あと、なんか暗黒惑星の空間、ファミコン版と違うんですね、これ。
 
 
  その後は流れるようにキングオブキングスへ。
 アレンジ版でのプレイに人間ユニットだけで戦ってみようと縛りプレイをしつつ
 ゲームを開始したのですが…。
 
  あれ? なんか敵の様子がおかしい?
 
  なんかゴブリンを大量生産してくるんだけど?!
 
kinghs001.jpg
 
 コンピューターの軍、お金30000は持っているのにドラゴン作らないよ?
 どうなってんの?
 
  うーん、バグなんでしょうか。もしもバグならアレンジ版はSCPH-9000では
 プレイできないってことになってしまいますし。…人間ユニットばっかり生産したせいかな?
 
 
  検証終了。
 バグでもなんでもなかったです。普通にコンピュータ軍、いろんなユニット使いました。
 プレイヤー軍が人しか作らないからこうなってしまったみたいです。…こんなことになるんですね。
 たぶん「相手が作っているユニットに対抗するユニット」を生産するルーチンなんでしょうけど。
 
 
 
 
 
  追伸
 
  PS3でアレンジ版のスターラスターをプレイしたら、画面の奥の方で小さく見える敵が
 ちゃんと動いてるのが確認できました。
 敵の戦闘機ALLEFなんですけど、ちゃんと宙返りしているように見えます。
 細かいところも動いてたんですね。ちょっとカンゲキです。
 プレステ1でプレイしてもいまいち表示されず…。モニターが悪いのかしら?
 それともRCA端子では限界があるのかな?

ジャンクのプレステ


  おはこんばんちわ! ほっかいしまうまです。
 
  ほっかいしまうまはレトロゲームがやりたいがために
 サバンナから日本にやってきた12歳児のシマウマです。
 ニートの坊ちゃんの家で居候しつつブログを書いてます。
 
  …いやだから設定とかなんのことですか?
 
 
 
 
  突然ですが、先日プレイステーションを買ってきました。
 だって欲しかったんだもん。
 もちろんPS1ですよ?
 
  いつものようにいきつけのハードオフに坊ちゃんと一緒に
 行ったのですが、そこで見かけたのはジャンクコーナーに大量に
 山積み…というか青箱に差し込まれているプレステ1たち。
 
  なんとなくがちゃがちゃと青箱漁りのみんなと一緒に漁っていたら
 最終生産型というSCPH-9000さんが混ざっていました。

 
 
  ウィキペディア丸呑みなのですが、プレイステーションは生産時期によっては
 随分中身が違うのだそうです。ちょくちょく改良、低コスト化していたそうで、
 そこはさすがにソニー、家電メーカーとしての実力というヤツでしょうか。
 
 (そういやNECもちょくちょく違うの出してましたね)
 
 
  それまでの王者、任天堂に土をつけた名機プレステ1の最終形態。
 これはもうザクで言えばFZみたいなもんです。
 性能でアレックス64に負けていてもソフトパワー(やり方次第)で勝てるのです!
 意味不明? それは失礼いたしました。

 
  
  買って来て、早速部屋に持ち込もうとすると坊ちゃんが
 
 「ちょいまち」
 
  とほっかいしまうまを止めます。
 
 「ジャンクコーナーにあったやつなんでしょ? そのプレステ、外側だけ洗ってあげる」
 
  なんて優しいの坊ちゃん…ほっかいしまうまの目はカンゲキの涙を浮かべそうです。
 
 「汚いもの、部屋に持ち込まれたくないし」
 
  …うん、まあ、どう扱われていたか分ったものじゃないしね。
 
  とりあえず外側のボディをはずし、そこだけでも洗ってもらいます。
 プレステは分解しやすいですね。
 
  ところでプレステの中身の美しいこと! ハンダが銀色にピカピカと光っていてたまりません。
 焦げていたり、割れていたりするハンダはありません。ありがたいことです。
 
  とりあえずプレステの基盤のハンダ付けがあんまりにもキレイなので
 坊ちゃんに見せびらかしていたのですが、その夜、坊ちゃんと坊ちゃんママンの間で
 ヒソヒソと話し合いが行われていました。
 
 「基盤がキレイだと言い出したら末期症状だって…」
 
 「ハンダがの銀色がたまらないとかどうとか…」
 
  えええ?! ハンダ付けの美しさを語るようになったら何かの末期症状なんですか?
 
 
  …日本の人たちはみんなハンダ付けの美しさを語りますよね? え?そんなの知ったこっちゃない?
 
 

3Dスティックにイヤホンカバーを込めて


  毎度毎度、当ブログを見てくださってありがとうございます。ほっかいしまうまです。
 
  今回は3Dスティックとかアナログスティックと言われるコントローラーのデバイス
 についての話となります。
 
  思えばニンテンドウ64からコントローラーに
 こっそりくっついてきたニューフェイス。
 ゲームセンターの筐体についているレバーを小さくしたようなコイツ。
  十字キーとは別にくっついているこの未知のデバイスに驚いていたらプレステのパッドにも
 いつのまにやら寄生していた不思議デバイス
 しかもこっちは2個も付いてた。
 
  そんな3Dスティックとかアナログスティックとか呼ばれる子ですが、
 最近のゲームではけっこう使うみたいで、あるとありがたいです。
 
 
  しかしです。
 たまにですが、もう少しこのスティックどうにかならないかなー。
 とほっかいしまうまは思っていたのです。
 
  それもこんなことがことがあったのです。
       ↓
  プレステ2のパッドのアナログスティック、カバーになっているゴムが溶けて散々だった。
  カバーがないタイプは溶ける物がないけど、そのかわり長時間プレイしていると指の腹が痛い。
 
 
  という問題があったのです。
 とくにニンテンドウ64で遊んでいるとどうしても左前ヒヅメの柔らかいところが痛くなるのです。
 (人間で言えば左手親指に相当する部分ですね)
 
  どうしたものかと思っていたある日のこと。
 ニコニコ動画の64の大百科を見ていたら、ほっかいしまうまと同じ悩みを抱えていた子
 たちが多数見つかりました。
  当時の小学生は手の平の皮、指の皮が剥けていて当然との過激な意見も見られました。
 64ゲーマーは少林寺の修行の如き荒行の日々を送るのですね。
 
 (ほっかいしまうまは焼けた砂鉄を手刀で打つ修行をしていると信じていたのですが、
 それは実は拳法を極めた達人用の修行で、新人はもっと柔らかい穀物とかを打つみたいです。
 少林寺、思ったよりも優しかったです。…映画の内容、鵜呑みではいかんです)
  
  しかし、そんな少林寺の荒行を送っていた64ゲーマーたちにこんなことを言い出す人が!
 
 「100円ショップとかで売っているイヤホンのカバーをつけるといいよ」
 
  な、なんだってーーー!
 
  そう言えばみたことがあります。どこかのゲーム屋さんの店頭に置かれている試遊台についている
 ゲームパッド、そのアナログスティックの頭に赤いふかふかしたカバーがつけられているのを!
 
  あれはイヤホンのカバーだったのか?!
 
  あわてて100円ショップで買ってくるとぴったりです。
 思ったよりも伸縮性が高いうえにかなり丈夫で、破れる気配はありません。
 すごいぞイヤホンカバー! 
 
  フィット感もすばらしく、前ヒヅメが汗で滑らないばかりか、適度にヒヅメ汗を吸収してくれて
 湿った感じがすることもなくなりました。ヒヅメも痛くありません!
 
  ホリのPS3のゲームパッドです↓
EarCushionshs001.jpg
          
EarCushionshs002.jpg

 
  で、こちらがPS2のゲームパッド↓
EarCushionshs003.jpg
          
EarCushionshs004.jpg 
 
 
  ありがとう! 当時の小学生!
 
  これでもうPS3のホリのパッド、指が滑らないよ!

 
  もちろん64のコントローラーも同じようにしましたです。
 
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋