ファイアーエムブレム外伝と伊達くん 2


  この記事は前日から続いています。
 
 
  伊達くんにファイアーエムブレム外伝を勧められたうちの坊ちゃん。
 借りてきて早速プレイです。

 

  伊達くんおススメのキャラクターはボーイ君。
 2人の主人公のうち、セリカさんについてきてくれる男の子の魔道士です。
 
  なんでも伊達くん曰く
 
 「ボーイは上がりにくい能力値もあるが、そこはアイテムでカバー」
 「むしろ能力値が最大近く行くので徹底的に鍛えろ」
 
  というプレイスタイルを教え込まれたそうで。
 今いろいろと調べてもあれ?そう? と半信半疑なのですが、
 とにかく坊ちゃんは頑張ってボーイを育てたのだそうです。
 
  ところで3DSエコーズは外伝のリメイクに当たるのですが、
 名物モンスター「マミー」の扱いに違いがある気がします。

 

 マミーと言ってもママンレーヌのことではなく、乳酸菌飲料のことでもありません、
 ミイラ男のことです。
 
 
  ファミコンの外伝ではマミーはすごい経験値をくれるのです。
 それで湧き出してくれるマミーを倒しまくるのがプレイの定石だったそうですが
 エコーズではそんなに経験値くれませんね。ちょっと多いくらい? 計ってないけど。
 
  それにプラスして「天使の指輪」というアイテムを使うのです。
 これ、能力値が上がる場合、上がる数字が倍になるというあまりにもぶっ壊れた指輪。
 (3DSのエコーズではこの機能ではなくなりました)
 まあ、一回に1ずつしか上がんないから2になるんですけど。
 
  これを使ってマミーで計画的にご利用するのがベストなのですが
 セリカ軍では成長が良いのは ボーイ と エスト 。
 で、エストはほっといて、ボーイを集中して強化するといろいろ便利。とのことでした。
 
 
  チマチマと能力値を上げて…おお! これは強い!
 
  とにかく強い。能力値覚えてなくてすまん。
 
  ほとんどの敵の攻撃をキンキンとはじき返し、魔法でガツガツ反撃し、寄らば切る。
 いや、寄らば魔法で燃やす。
  
  「もうアイツ1人でいいんじゃないかな」
 
  強くなり過ぎたボーイ君の前に敵はいません。
 
  
  もうドーマがどうこうとかミラがどうこうとか、国を継ぐ者は誰かとか、
 どうでもいい状態です。
 ただ単にボーイ君が敵を皆殺しにしていくだけのゲームとなっています。
 (そういやアルム編はどうやっていたんだろう?)
  
  とりあえずゲームが終わって、伊達くんにゲームを返しつつご報告、面白かったよありがとう!
 どういたしまして! みたいな感じ。
 
  ボーイ君に敵を皆殺しにしてもらったと語っていたら天龍院さんから
 
 「おまえらが語っているゲームはファイアーエムブレムじゃない…」
 
  と呆れた顔で見られました。
 
  ゲーマーには大きな溝がある場合も存在するようです。
 

ファイアーエムブレム外伝と伊達くん 1

 
  ようこそ当ブログへ! ほっかいしまうまです。
 今日は伊達くん(仮名)がファイアーエムブレム外伝を熱く語ってくれたことを
 書いてみました。

 
 
  さて、伊達くんこそうちの坊ちゃんをファイアーエムブレムの世界に
 どっぷりハマらせてくれた張本人なのです。
 
  しかし紆余曲折はあったようで…。



  ファイアーエムブレムが面白い!
 ということでうちの坊ちゃんはゲーム友達に勧められてプレイしたそうなのですが。
 
  とあるマップで相手の魔法を封じるアイテムを取り忘れるてしまい
 最終マップでどうしても仲間が一人死んでしまうことになり、
 ゲームソフトを借りていたこともあり坊ちゃんは泣く泣くそのままエンディングへ。
 
  仲間が誰も死なないと特別なエンディングが見られるのですが
 それは断念したとの事。
 
  で、ゲームソフトは返したわけですが、そこで天龍院さん登場。
 そんな坊ちゃんを 天龍院さん(仮名)が笑います。
 
 天龍院「wwなにやってんだよ、1からやり直せ! だっせー。
     真エンディング見なきゃファイアーエムブレムじゃねぇww」
 
  艦これの天龍ちゃんばりに中二病な天龍院さんにバカにされ、すっかり
 ファイアーエムブレム嫌いになってしまった坊ちゃん、借りてるゲームで
 やりこみしろって言うのは天龍院さんがどうかと思いますよ?
 
  
 
  そんなこんなでファイアーエムブレムというかシミュレーションRPG自体が
 嫌いになってしまったうちの坊ちゃんでしたが、そんな坊ちゃんを救ってくれたのが
 伊達くん(仮名)とファイアーエムブレム外伝だというわけです。
 
 伊達くん「嫌わないで聞いて欲しい、坊ちゃんにおススメのファイアーエムブレムがある」
 
  とのこと、
 
  そこでおススメされたのが ファミコンソフト ファイアーエムブレム外伝 だったのです。
 
  
  以前の記事でも書きましたがあっちこっちで評価が低かった外伝。
 しかし伊達くんはお兄さんと一緒に「このゲームは良い!」と布教活動を続けていたのです。
 
 伊達くん「外伝は経験値を好きなだけ稼げるし、キャラクターの強化は割と自由。
      むしろゲームとしての自由度は上がっているし、魔法や装備品のシステムも
      オレと兄貴はこっちの方が好きなぐらい」
 
  と熱弁。
 
 伊達くん「天龍院の言うファイアーエムブレムのプレイスタイルはそもそもやりこみ要素なんだよ。
      最初から全員がそういうプレイをする前提じゃないんだ。
      だからアイツひたすら満足が行く乱数の結果が出るまでリセット繰り返してるけど
      あれじゃリセットを連打するゲームになってるだけ、そういう楽しみ方もあるんだろうけど
      オレは好きじゃないな」
 
  と、坊ちゃんを擁護(?)
 
  伊達くんに言われて 外伝面白そう! と思った坊ちゃん、ついにファイアーエムブレム外伝をプレイし始めます!
 
 
  以下 長いので続く 
 

ソウルブレイダー見つけた!


 
  ソウルブレイダー見つけた! ほっかいしまうまです。
 
  スーパーファミコンの名作アクションゲーム ソウルブレイダー!
 けっこう探していたんですけどなかなか見つかりませんでした。
 
  いや、ネットのどこかにはあるんでしょうけど
 それじゃ簡単だからお店で買おうと思っていたのです。
 
 
  ようやく見つけました850円!
 安い! やった! と思ったらかなり変色している子でした。
 お店の人よく見てますね。
 
 
  ちまちま再プレイして思ったんだけど、
 このゲームやっぱりたまに解放できるソウルが面白かった。
 
  あと効果音がすごくいいです。敵を倒す時のボコボコ ドコン! って感じの音が気持ちいい。
 スーファミぐらいで効果音はかなりのレベルになってきてる感じですね。
 
 
  生き物(人含む)の魂が封印されているって設定なんだけど
 解放するたびに町の風景が次々と変わっていったりするのがプレイに対する意欲を
 作っている気がする。(ぼよんっていう効果音も良い)
 
 
  ところで、このソウルブレイダーも合わせて
 天地創造 ソウルブレイダー ガイア幻想記 でソウル3部作とか言われるそうです。
 スーパーファミコンの初期作品 アクトレイザー は入らないそうです。
 アクトレイザーはバーチャルコンソールで出たみたいなんですけどソウル3部作は
 でないっぽいですね。なんでだろ?

  
  
  そのせいか ソウルブレイダー はいつまでたっても値段が高いまま。おのれ。
 そういやアクトレイザーはある日を境にぽつぽつ500円ぐらいでてきたけど
 バーチャルコンソールの影響かな? 
 
 
  クインテットさんはなんか大変だったみたい。どれもなかなか面白いゲームなんですけどねぇ?
 やっぱりキャラクター性が弱かったのが痛かったかな。
 (これといったキャラクターが思い出せない…)
 
 もっとぶっとんだキャラクターを出すと良かったとタイムトラベルで知らせるといいかも!
 黄色いビカビカした電気ネズミが世界を救うとか、女体化した歴史上の偉人がサタンと戦うとか、
 サンドスターを浴びた動物がアニマルガールになって世界を旅するとか!
 
 
  追伸
  となりのお姉さんがジャパリパンを作ってきてくれました!
 
japari001.png
 
 中身はチョコレートクリームです。すごーい!
 とってもおいしかったです。散々ムシャムシャした後で写真を撮るの思い出してパシャ。
 
  …このQBみたいなのはなに?
  (とちゅうでチョコレートが足りなくなったそうです)

ダライアスバースト

 
  レトロゲーの話、最近あんまり書いてないです。
 ほっかいしまうまです。
 
  ほっかいしまうまはレトロゲーをプレイしたくてサバンナから
 やってきたしまうまです。ゲーム好きの男の子 坊ちゃんの家に居候しています。
 
 
 
  セガサターンダライアス外伝が大好きなダライアスっ子のほっかいしまうま。
 サンソフトの連射パッドを手に入れて、サターンライフはますます好調です。

 
 
  しかし、そろそろ新しいダライアスが欲しい。
 
  別に外伝に飽きたわけではないのです。
 (自分でも驚いたことに飽きていない)
 
  でも別のダライアスもしたいんです! 安西先生…ダライアスがしたいです。
 
 坊ちゃん「そんなしまうまちゃんにおススメなのがダライアスツインさ!」
 
  わーい! スーファミ最初期の名作だね! ありがとう坊ちゃん!

 
 
  …うん、別にこれでもいいんだけどさ。
 面白いんだけどさ、もうちょっと一ひねり欲しくない?
 
 
  そんななか、ほっかいしまうまのお耳がキャッチしました。
 プレステ4にはダライアスバーストっていうダライアスの新作があるということなのです!
 
  キタ――(゚∀゚)――!!
 
  来ました、ついに来ましたよダライアス!
 お魚シューティングに興じる日々がまたまたまた!
 
  と思いきやダウンロード専売とのこと。
 
  (´・ω・`) コレジャナイ
 
 別にそれでもいいのですが、いらなくなったら中古で売る権利が欲しい。
 ほっかいしまうまはシマウマですので余分なお金は持って無いのです。
 
  と思っていたらパッケージ版
  
  キタ――(゚∀゚)――!!
 
  ついに来ましたダライアスバーストパッケージ版! 
 というわけで買ってきました。

 
 
  昔懐かしい2Dシューティングゲームですが、全て3Dでバリバリ動くので
 なんか新鮮な感じです。そういやプレイしたダライアス外伝はサターンでしたが3Dなのは
 ゴールデンオーガストームコーザーだけでした。他はドット絵。
 
 
  ゲームはよくできていると思います。良いです。
 
 
  しかしちょっとレトロゲー時代のことを思いましたのでそこを1つ。
 
 
  ファミコンとか全盛期って、ファミコンが主流…とはちょっと違った感じだったようで。
 というのもハイエンドゲーム機、表現の最先端はゲームセンターにあったというのが
 坊ちゃんが知るコミュニティの感覚みたい。
 
  基盤の上にこれでもか!と言わんばかりにメモリーを並べて物量で処理できる
 アーケードゲームはやはり高性能、家庭用ゲーム機はそれを追いかける側。
 人気アーケードゲームは移植がちょくちょく出るものの、ファミコンは魔界村とか1942とか1943とか
 どうにも「これ」っていう移植は出ない。ハードウェアの性能的に当たり前なんだけど。
 (移植担当の責任もある?)

 

  メガドライブとかPCエンジンには良移植がけっこうあるんですよねー。
 そもそもメガドライブ自体、アーケードゲームの家庭用移植を考えられたスペックらしいし、
 ファミコンしか持っていないファミコンキッズにとってはイマイチ移植でも楽しめる分マシ。
 と言ったところ。
 
  信長の野望とか大戦略とか、「わー! こんなゲームかあるんだー!」でもファミコンではないよね…。
 と思っていたら少しずつ部分的に変わっていても移植が出る感動は当時の物。
 
  「こんなゲームやりたいな」と待っていたら スッとでてくるのもいいかと思った次第です。
 
 
  家庭用ゲーム機はハイエンドの一歩後ろでも面白いかもしれません。
 どのみち時代の最先端ハードに行ったところでゲームエンジンやビジネスモデルや新しいジャンルという
 やり方の部分は準備されてないんだし、どこかの誰かが作ってくれた「面白いアイデア」
 を後発の利でぱっくりもらっちゃうのがファミコン時代だった気がする。
 
 
 
 
  追記
  
 バトルガレッガがヨドバシドットコムで2980円で売ってた!
 と思ったら売り切れてた! バトルガレッガー!!
 
 

エフィちゃん


 
  ファイアーエムブレムエコーズがすっかり気に入りました。
 ほっかいしまうまです。
 
 
  元々ファイアーエムブレム外伝が好きだったエムブレム界における
 異端であった(言い過ぎ?)ほっかいしまうまでしたが、
 リメイクしてもやっぱり面白い気がします。

 
 
  ただ、このエフィちゃんという子が気になっていたのです。
 主人公の1人、アルム君が村から旅立つ時についてきてくれる
 村人の1人、エフィ。
 
  今までは男の子しかいなかった村人に紅一点が加わり、
 さぞかし晴れやかな旅になると思いきや
 
 エフィ「アルムじゃない人は私に話しかけてこないで」
 
 エフィ「アルムの考えが私の考え、アルムを邪魔する人を倒せばいいんでしょ?」
     (ヒーローズ版?)
 
  と、毒手拳の毒狼拳蛾蛇虫(ドクロけんガンダム アニメ版はガダム)さんでも
 恐れおののくような毒をばらまく女の子でした。どうしてこんなことに…。

 
 
 アルムのことが好きだから付いていく←まあ分かる。
 
 だからアルムの敵は皆殺し←分からない。
 
 
 アルム以外は視界の邪魔、フロントガラスにこびりついた羽虫の如く扱う
 エフィちゃん、イベント処理の厄介さもあってかロビングレイクリフの幼馴染三人組は
 エフィちゃんとの絡みがほぼないというか無視状態、付き合ってられないと思っているのでしょうか。
 
 
  なんでこんな子に?
 と思っていたのですが、もしかしてエフィちゃん、他の作品のキャラのオマージュかしら?
 と、ほっかいしまうまのニュータイプパワーがサイド7のV作戦をキャッチしたのであります。
 
 
  それは 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん というライトノベルに出てくる
 御園 マユ(みその マユ) / まーちゃん というヒロインではないかと思ったのです。

 
  
  ほっかいしまうまの小粒な脳みその記憶なのですが
 
 まーちゃん「みーくんでもないのに話しかけないでください」
 
  みたいなセリフがあったと思うのです。
 確かこのライトノベルのイラストは 左さん でしたので、
 シナリオライターさんか誰かがオマージュ?パシュトゥーシュ?インスパイア?
 か何かで出したのではないかと推測です。
 
 
  なお、彼女はセリカ軍でも仲間にすることができるようです。
 セリカ軍でもセリフは変わらないので
 
 エフィ「楽勝だったね、アルムが強いからだよ」
 
  と、その場にいないキャラクターを持ち上げるセリフが
 圧倒的サイコパス感を感じさせてくれて猟奇的です。
 
 
  ほっかいしまうまは彼女をシスターにしました。
 
  レスキューという遠くのキャラクターを手元にワープさせるという魔法が
 使えるようになるエフィちゃん。
 
 
  そのレスキューの矛先はいつアルム君に向かうのでしょうか…。 
 
 
 
プロフィール

ほっかいしまうま

Author:ほっかいしまうま
北海道出身のしまうま。
ほっかいしまえびと一緒に水揚げされた。
なんか古いテレビゲームが大好きらしいよ?

最新記事
反響のあった記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
おしらせ
テーブルトークRPG
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク募集中!!
お気軽にドゾー
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

広告
ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋